柳田厚志プロデュースVol.2-【NS6】Part 2

こんにちは、
チアーズの秋山です。

お盆休み真っ最中ですが、
充実した日々をお過ごしでしょうか?

連休ということもあり、
ご家族やご友人、パートナーとお出かけをしている
活動的な方もいらっしゃると思います。

または、
こういう時だからこそ
実家でゆっくり過ごされて、休養されている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

まだまだ休日は続きますが、
心身ともに、充実したお時間をお過ごし下さい。

さて、前回は
販売開始直後に応募が殺到し、
わずか2時間で販売終了となった伝説的プロジェクト「NS6」の
主宰者である、藤永丈司さんについてお届けしました。

テストの成績は425人中425番、
落ちこぼれの生徒だった藤永丈司さんが、
いかにして英会話のカリスマに成り上がったのか、
その経緯がお分りいただけたと思います。

前回の記事を見逃したという方は
下記よりご覧いただけますので、
ぜひ、チェックしてくださいね。

柳田厚志プロデュースVol.2-【NS6】Part 1

さて、今回はいよいよ、
コンテンツ部分である「NS6」にフォーカスしていきます。

前回も、少しだけご紹介しましたがー

英語初心者でも、
まったく話せなかった人でも
わずか6ヶ月でペラペラになってしまうのが
この「NS6」のキモになります。

「NS」とは、N(ネイティブ)S(スピーカー)、
6は、6ヶ月の期間を表します。

また、このNS6には
「新型ネイティブスピーカー要請プログラム」
というサブタイトルがあります。

ここで、
「新型?」というキーワードに
疑問を持たれた方もいると思います。

なぜ、新型なのか?

それは、
このNS6が日本の英語学習法を覆す
革新的な英語習得法だからです。

ここからは、
NS6で英語能力が飛躍する
3つの最大のポイントをご紹介します!

▼人間が言語を習得するプロセスを網羅

日本の英語学習は、
教科書や単語帳といった
視覚ベースで行われています。

もしかしたら、あなたにも
単語を暗記しようとしていた時期を
過ごされていたかもしれませんね。

ですが、
ここで一度立ち止まって
考えて欲しいのですがー

私たちがまだ赤ちゃんだった頃は、
文字も読めませんし、言葉も話せませんでした。

なのに、
日本語という言語を
話せるようになったのはなぜでしょうか?

それは、耳からの学習で
言語を習得したからです。

私たちは、周りの人が発する言葉を
耳から吸収し、言葉を覚えていくのです。

赤ちゃんが
初めて言葉を発するようになるまでに、
読み書きの練習は一切していませんよね。

これが、英語という言語の習得にも
同じようなことが言えます。

このように、人間が言語を習得するためには
正しい言語習得のステップを踏む必要があると
藤永丈司さんもおっしゃっています。

このNS6で英語初心者が
半年でペラペラになってしまうのは
こうした原理に則っているからなんですね。

▼藤永式リスニング英語学習

「私はご飯をたべまー」

・・・

この続きは
「せん」「した」という
2つの選択肢がありますよね。

しかも、

●私はご飯を食べました。
●私はご飯を食べません。

この2つの文章は
意味も全く別物です。

このように、日本語では
文章の最後に大切な情報をおく特徴があります。

しかし、英語では

I don’t eat a meal./私はご飯を食べません。
I ate a meal./私はご飯を食べました。(ateはeatの過去形)

というように、
ご飯を食べたかどうかは、
最初の3単語でわかるようになっています。

日本人は英語を聞いたときも
文章の一番最後に意識が向いてしまうので
重要な最初の単語が聞き取れない傾向があるんです。

また、英語には
発音同士が繋がる
リンキングと呼ばれる法則があります。

このリンキングを理解できなければ
英語のリスニングは上達していきません。

例えば、

When I get out of a bed.

という6つの単語で作られた
英語の文章がありますが、
これをネイティブが発音すると、

「ウェナイ ゲラウロヴァ ベッド」

というように、
3つの単語の文章に聞こえるのです。

このNS6では、
日本人の言語理解のステップを
根本的に覆し、英語を聞き取って
理解するための「英語耳」を作っていきます。

▼驚異のスピーキングメソッド「UZAWA式」

このNS6で、
初心者が英語をペラペラに話せてしまう秘訣が
最大のメソッド「UZAWA式」です

このメソッドの開発者の方は、
40年間もの間、子供達だけに英語を教え続けており
これまでの卒業生は約1万人に登ります。

さらに、その卒業生の英語習得率は
なんと驚きの100%を誇ります。

その英語習得法の特徴は、
英語⇄日本語の切り返しがすぐにできる能力が
できるという点です。

一見シンプルに見えますが、
このUZAWA式によって、教室に通う子供たちが
わずか2~3ヶ月で英語が話せてしまうという
驚異のメソッドなのです。

NS6では、
その「UZAWA式」を大人向けで提供し、
日本人が英語を身につけるための
最適な英語学習法を網羅しています。

ーーーーーーーーーーーー

以上、
NS6「新型・ネイティブスピーカー養成プログラム」の
3つの最大ポイントをお届けしましたが、
いかがだったでしょうか。

このNS6には
大反響のプロジェクトとなった背景には、
楽しみながら、ストレスなく英語が身につけられるので、

「英語を勉強するのが辛い」

という人にとっては、
驚きのメソッドだったかと思います。

このプロジェクトによって、

「これまでに、
様々な英語の教材を試したけれど、
英語が話せるようにならなかった。」

という、晩年の英語初心者も、
NS6でスラスラと
英語が話せるようになりました。

今や、書店やネットを見れば、
「◯◯だけで英語ができる!」
「聞き流すだけで~」といったような
溢れんばかりの英語教材がありますよね。

しかし、残念ながら、
そのほとんどは、英語学習の
本質が突かれていません。

藤永さんは現在も
日本人が世界中で活躍できる環境を作るため、
個別指導、企業研修、英会話教室・講座など、
様々なシーンで英語学習の本質を広めていらっしゃいます。

これから英語を勉強する
将来の子供達のためにも、
本質をついた英語学習法が
社会に広がっていってほしいものですね。

以上、柳田厚志さんがプロデュースした
NS6「新型・ネイティブスピーカー養成プログラム」を
全2回に渡ってお送りいたしました。

もしも、藤永丈司さんの
NS6にご興味がある方は、
下記の専用サイトをご覧ください。

今回紹介した
NS6の全貌がすべて公開していますよ。^^

それでは、
本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

残りのお盆休みも
充実した日々をお過ごし下さい。