柳田厚志プロデュースvol.3 -The Reborn- Part2

こんにちは、
チアーズの秋山です。

お盆が終わったと同時に、
少しだけ朝晩が涼しくなってきたように感じます。

夏も徐々に
終わりに向かっていると思うと
少しだけ寂しくなりますね。

予報によると、
今週は、曇り空が広がり
涼しい日が続くとのことなので、
気温差で体調を崩さないようにお気をつけください。

さて、先週は、
柳田厚志さんがプロデュースした、

人生を根底から変えるプログラム、
–The Reborn— 【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】

の主宰者である、
三宅裕之さんについてお送りしましたが、
ご覧いただけましたでしょうか?

今や、文部科学省、厚生労働省といった
官僚向け、TOYOTAやパナソニック
三井住友銀行といった日本を代表する企業にも
研修を行っていらっしゃいます。

そして、中国やシンガポールでも
法人を経営されており、世界を舞台に
活躍されております。

そんな三宅裕之さんの、
数々の素晴らしい経歴に驚かれた方も
いらっしゃったかと思います。

もしも、前回の記事を
見逃したという方は、下記からご覧くださいね。

柳田厚志プロデュースvol.3 -The Reborn-
Part1

さて、今回は・・・

–The Reborn— 【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】

によって人生が
根底から変わる秘密について
触れていきたいと思います。

前回の記事でもお伝えしましたが、
このThe Rebornでは、

●「脳」「心」「体」に関する理論
●「自分」「他者」「社会」との繋がり

をすべて統合させた
自己実現を達成する【三宅式ホリスティックコーチング】が
網羅されています。

●「脳」「心」「体」に関する理論

三宅裕之さんは、
心と脳のハイパフォーマンスは、
健康な体の土台があってこそだとおっしゃいます。

リボーンでは、
運動やエクササイズによって
心と脳の能力が最大限発揮できる
土台作りをしていきます。

その上で、
三宅裕之さんが世界で学んだ叡智で
心と脳を同時にアプローチしていきます。

実際に、三宅裕之さんは
「脳」「心」「体」
すべてからのアプローチでないと、
人は変われないという公式を生み出し、
5000人以上の方の、目標達成を叶えていらっしゃいます。

●「自分」「他者」「社会」との繋がり

「脳」「心」「体」のアプローチをベースに
まずは「自分とつながる」ことから始まります。

「自分とつながる」=ビジョンを策定し、自分自身を動かす

というファーストステップで
自分の使命を見つけていきます。

また、自分のビジョンを
達成しようとする時は、
必ず「他者」が関わってきますよね。

何かをお願いしたり、
他人の協力が必要になったりと、
「他者」との関わりは、自己実現をするためには
避けて通れない道となります。

そこで次なるステップが
「他者とつながる」ことです。

他者を思い通りに動かすことができれば
自分のビジョン通りに、物事は好転していきます。

The Rebornでは
自分のビジョンを達成させる
「他者」の動かし方についても
学ぶことが可能です。

そして、
他者を動かしていくステージに達すると
リーダーシップを発揮して
人をリードしていかねばなりません。

そのためには、
コミュニティや社会との関わり方を
学ぶ必要があります。

そこで、
このステージに必要なスキルが
「場とつながる」こと。

The Rebornでは
同じ空間にいる人はもちろん、
その環境や場所の使い方、リードしていく方法で
場を繋がる事を体感していただけます。

そして、
The Rebornの最終ステップでは
時間軸や空間軸を超えた
「すべてとつながる」こともお伝えしています。

すべての場において、
自分自身が主人公となることで、人生を好転させ、
豊かに生きていくことができます。

実際に、The Rebornを
自分のために受講したつもりが、
結果的に家族関係や、職場関係がよくなったという
波及が生まれているのです。

これが
-The Reborn-【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】で
自分の人生を根本から変え、豊かになっていく秘訣です。

巷には
たくさんの目標達成術や
人生を変えるノウハウがあふれていますがー

それにも関わらず
理想の人生を歩めている方は
そう多くはないでしょう。

それは、巷のノウハウが
人生を変える、理想を叶えるための
根本的な部分にアプローチができていないから
とも言えます。

ですが、この
The Reborn【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】は

「脳」「心」「体」「自分」「他者」「社会」

といった、
すべてを同時に磨いていく
世界初の人生変革メソッドです。

おかげさまで、
柳田厚志さんがプロデュースをしてから、
このThe Rebornは大反響を呼び続け、
理想な人生を手に入れた方が続出しております。

今年も3期目が募集させていただき、
多くの方々にご参加いただきました。

3期目も、ご参加者さまが
どのような理想の人生を歩まれて
どのようなドラマが生まれるのか
本当に楽しみでなりません。

今後、
このライフスタイルダイアリーで
The Rebornの進捗などもお伝えできればと思いますので
ぜひ、お楽しみにお待ちくださいね。

それでは、
本日も最後までお読みいただき
誠にありがとうございます。

素敵な週末をお過ごしください。^^

柳田厚志プロデュースvol.3 -The Reborn- Part1

こんにちは、
チアーズの秋山です。

本日でお盆も最後日となりましたね。

この期間中に、
ご家族やご友人、パートナーとお出かけされたり、
もしくは、ご実家でゆっくり過ごされたかと思います。

一方、繁盛期で忙しくされていた方や
世間がお休みの中だからこそ、
黙々と仕事に打ち込まれた方も
いらっしゃるかもしれませんね。

時間の使い方は十人十色ですが、
1日は誰しも平等で与えられています。

ですので、
今日という1日を大切にしながら、
充実した時間をお過ごしいただければと思います。

さて、毎週お送りしている
柳田厚志プロデュースコラムですが、
本日で第3回目を迎えることができました。

いつもご愛読いただき、ありがとうございます!

前回は、お申込殺到で運営サポートが限界に達し、
販売開始わずか2時間で募集終了となった伝説のプロジェクト、
「NS6」についてご紹介いたしました。

英語初心者でも、わずか半年で
ペラペラと話せるようになるメカニズムが
お分りいただけたと思います。

もしも、前回の投稿を
まだご覧になっていない方は、
以下のリンクからご確認いただけます。^^

柳田厚志プロデュースVol.2-【NS6】Part 1

柳田厚志プロデュースVol.2-【NS6】Part 2

さて、今回も引き続き
柳田厚志プロデュースのコンテンツコラムを
お送りいたします。

今回のコンテンツはー

人生を根底から変えるプログラム・・・

–The Reborn— 【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】です。

「脳」「心」「体」を包括した理論と、
「自分」「他者」「社会」と繋がり、
相乗効果を促す方法を融合した、世界で唯一の
【三宅式ホリスティックコーチング】によって
人生を変えていくプログラムになります。

そして、理想の人生を歩み、
新しい自分へ生まれ変わる(Reborn)ことから、
このプロジェクトが生まれました。

そんなThe Rebornを主宰するのは、
世界を股にかけて活躍していらっしゃる
カリスマコーチの三宅裕之さんです。

まずは、三宅裕之さんとは
どのような人物なのかを
皆さんにご紹介いたします。

▼三宅裕之

世界中で活躍するマスターコーチ
SynergyPlus, Pte. Ltd. CEO
日本NLPコーチング協会会長

三宅裕之さんは大学卒業した後に
ベネッセコーポレーションに就職します。
そこでは、語学関連事業の立ち上げに関わっておられました。

2000年には、
株式会社ジャパンビジネスラボの共同代表に就任。

そこでは、主にワン・オン・ワンのカウンセリングで
大学生、社会人の就職、転職活動、キャリアデザインをサポートしておられました。

その後、
アメリカのコロンビア大学教育大学院で
コミュニケーションと脳科学を研究。

その期間中に、メキシコ、カナダ、アフリカなど
世界中を回る中で、NLP、催眠療法、マクロビオティックの分野も
世界的権威のもとで学ばれています。

三宅裕之さんは、その経験で培った、
「脳」「心」「体」に関する理論と、
「自分」「他者」「社会」との繋がりを合わせて
自己実現を達成する【三宅式ホリスティックコーチング】を開発されました。

世界最高レベルのスキルと圧倒的な知識を、
誰もが活用できるかたちで提供し続けた結果、
これまでに自己実現を叶えたクライアントは
5000名以上に及ぶのだそうです。

今では、日本を代表する一流企業の
TOYOTA、パナソニック、三井住友銀行をはじめ、
文部科学省、厚生労働省といった官僚向けにも
研修も行っていらっしゃいます。

ちなみに、文部科学省では
5年連続で研修を行っており、
なんと歴代No.1の満足度を獲得したという
すばらしい経歴の持ち主です。

また国内の活動に止まらず、
中国、シンガポールでも法人を経営されている
実業家でもあります。

・・・

いかがでしょうか。

プロフィールをご覧いただくと
名だたる有名企業が並んでいることに
驚かれたかもしれませんね。

また、官僚向けて研修を行っている人物を
聞いたことがない方がほとんどかと思います。

というのも、
真に活躍されている本物の方というのは
表舞台には、なかなか出てきません。

実際に、三宅裕之さんは
一般向けに研修やコーチングは
行っていないのですがー

このThe Rebornプログラムの参加者は
超一流の方々に伝授している
スーパーメソッドを受け取ることができるのです。

では、人生を根底から変える
三宅式のスーパーメソッドには
どのような秘密が隠されているのか。

次回はそのメソッド部分である
The Rebornプログラムのコンテンツを
深堀りしていきます。

ぜひ、お楽しみにお待ちくださいね。^^

それでは、
本日も最後までお読みいただき
誠にありがとうございます。

本日も、素敵な1日となりますように。

柳田厚志プロデュースVol.1-BMA【ボディメイク・アカデミー】Part 2

こんにちは、
チアーズの秋山です。

 

毎日うだるような猛暑が続いていますね。

 

先日、日本一暑い街で有名な
埼玉県の熊谷市では、
史上最高の41.1℃を記録したと、
ニュースで報道されていました。

 

数字を聞いただけで汗が出てきそうです^^;

 

全国各地では、
熱中症が相次いでいるそうなので、
こまめな水分補給を心がけましょう。

 

さてー

 

前回は、
BMA【ボディーメイク・アカデミー】の主宰者である
谷けいじさんの経緯についてお届けしました。

 

記事をご覧頂いた方なら
お分かりだと思うのですがー

 

選手生命の危機を救ってくれた運動を
トレーナーとして世に広めて行き、
関わる方の人生を応援したいという
素晴らしい志の持ち主でした。

 

と同時に、起業の為に地元を飛び出し、
スーツケース1つで上京したなんて驚きですよね。

 

もしも、起業を志さなかったら、
このBMAは生まれなかったどころか、
柳田厚志さんと出会うことも無かったかもしれません。

 

さて、ここからは
前回に引き続き、

柳田厚志プロデュースVol.1-BMA【ボディメイク・アカデミー】

のPart 2をお届けします。

 

今回は、BMAが生まれたきっかけや、
プロデュースされた経緯についてお届けします。

BMA【ボディーメイク・アカデミー】

▼お母様の一言ですべてが始まった。

 

このBMAの誕生秘話は、3年前に遡ります。

 

当時、日頃の会食や暴飲暴食で
過去最高の体重を記録した柳田さん。

 

お正月に実家へ帰宅すると
柳田さんのお母様が言い放った、
「あんた太ったわねぇ」という一言から
BMAのストーリーは始まります。

 

柳田さんは、
過去のトレーニングでは、
挫折挫折の連続だったそうですがー

 

知人の紹介で
パーソナルトレーナーの谷けいじさんと出会い
柳田さんの身体と人生が
大きく動き始めました。

▼11kgの減量を達成。身体から人生が変わり始める。

 

谷さんとの
二人三脚をスタートを始めて3ヶ月、
83kgあった体重は72kgにまで落ち、
およそ11kgの減量を達成させます。

 

疲れ知らずの身体を手に入れ、
仕事のパフォーマンスが上がり、
ほぼ毎日、運動するようになりました。

 

柳田さんの人生が、
仕事、プライベート、ライフスタイルなど、
あらゆる面から好転し始めたのです。

 

そして、自分の身体を
自分でコントロールできる方法を
谷さんから学んだのです。

 

身体の変化から、
人生が変わる素晴らしさを体感した柳田さんは、
谷さんのボディメイクを
世の中に広めたい一心で、

 

「このボディメイクを、
オンラインでもできますか?」

 

と、谷さんに尋ねてみました。

 

これがきっかけで、
3年後に業界一位となる
BMA【ボディーメイク・アカデミー】が
誕生しました。

▼会員数約700名、ダイエット成功率「93.4%」

 

これまでに、
0期、1期、2期と開講してきたBMAは、
ついに会員数約700名を誇る、
日本一のオンラインパーソナルフィットネスへと成長します。

 

そして、実践者の、
ダイエットの成功率は93.4%を誇り、
一生リバウンド困らない
正しい知識と教養を学ばれ、

 

身体から人生を変えた方が続出しています。

 

・ウェディングドレスのモデルをはじめた方
・理想のくびれ、バキバキの6パックを手に入れた方
・身体の美しさを競うコンテストに出場した方
・うつ病の経験から、うつ病のカウンセラーになった方
・腰痛、肩こり、身体の機能が改善できた方

 

これらはほんの一部ですが、
開講の度に、多くのドラマが
このBMAから生まれています。

 

そしてー

 

現在、柳田厚志さんは
数々のフルマラソン、トライアスロンを次々と制覇。

 

今年5月には、日本最高峰で有名な
宮古島トライアスロン(スイム3km/バイク157km/ラン42.195km)に出場し
見事完走されました。

▼身体が変われば人生が変わる

 

BMAでは、次のビジョンを掲げています。

 

私たちは體育を通して人生を応援します

私たちは受講生が身体を変化を通じて心が変わり
人生が変わるサポートをします。

私たちは運動をインフラ化し日本人の基礎体力を上げることで
将来的な医療費、介護費の削減に貢献します。

 

0から始まったBMAも、
今や、業界でも圧倒的な
日本一の規模を誇るまでに成長しました。

 

今後の、BMAの開校は未定ですが、
身体づくりの素晴らしさ、健康の価値を
世の中に広めていく発信基地として
在り続けていきます。

 

次回の開校が決定した際は、
こちらのスタッフダイアリーでも
ご案内をしますので、
ぜひ、チェックをしてみてくださいね。

 

それでは、
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

次回も、柳田厚志さんのプロデュースコラムを
お届けしていきます!

 

どうぞお楽しみに!^^

柳田厚志プロデュースVol.1- BMA【ボディメイク・アカデミー】Part 1

こんにちは、

チアーズの秋山です。

 

猛暑が続いており、

熱中症患者が全国で続出していると

ニュースで報道がありました。

 

この暑さでは、無理もありませんよね^^;

 

気温差が大きいときは

休養でしっかり体を休ませたりと、

体調管理を怠らないように心がけましょう。

 

さてさてー

 

このスタッフダイアリーでは、 柳田厚志さんの、

・セールスレターについて

・サーフィンを始めたきっかけ

・プロデューサーの極意

・ライフスタイル

 

などなど、

柳田さんのパーソナルな部分に

フォーカスしたコラムをお届けしてきました。

 

ですが、 柳田さんがこれまでに

どんなコンテンツをプロデュースしてきたのか、

具体的にお伝えしていなかったかと思います。

 

そこで、本日からは

柳田厚志さんがプロデュースした

数々のコンテンツをご紹介していきます!

 

記念すべき第1回目は、

3年連続で開校され、業界でも大反響を呼んだ、 ︎

BMA【ボディーメイク・アカデミー】 についてお届けします^^

 

BMA【ボディーメイク・アカデミー】

谷けいじが学長を務める、

身体を変えて、人生を変える総合アカデミー。

 

約700名の会員と減量成功率93.4%を誇る、

日本トップレベルのオンラインパーソナルトレーニング・アカデミー。

 

BMAはわずか1年半で会員数約700名を擁し、

日本全国、世界各地に卒業生を輩出。

 

オンラインパーソナルトレーニング・オンライン・パーソナルフィットネスの

業界では、 日本一の規模を誇る。

 

「身体が変われば人生が変わる」をモットーに、

理想の身体に変わり、人生が好転する会員が続出中。

 

全世界どこにいても、精鋭トレーナー陣と一緒に、

最先端のトレーニングを通じ、健康的で理想的な

自分史上最高の身体を作るためのオンラインパーソナルジムであり、

身体と筋肉、栄養と食事などの正しい知識も学べるアカデミー。

 

この度、多くのリクエストにお応えして、2018年5月に第2期を開校。

ーーーーーーーーーーー

このBMA【ボディーメイク・アカデミー】は、

ボディメイクを通して身体を変えて、 人生を変えていくための

プログラムが受講できます。

 

巷には、 健康法や、ボディメイクメソッド、

◯◯でやせるといったような健康メソッドが溢れています。

しかし、その多くは 一時的には結果が良くても、

長期的には不健康になってまうような、 片手落ちなものがほとんどです。

 

というのも、 ダイエットで正しい結果が出るための、

根本的な部分へのアプローチが欠けているからです。

 

ダイエットに必要な本当に正しい知識をベースに

正しく実践ができていないから、 結果的にリバウンドをしてしまう、

というのが現状です。

 

そこで、 身体の根本的な、遺伝子レベルまでにアプローチし、

一生使える正しい知識で、正しい結果が出せて、

自在にコントロールできる身体を手に入れる、

BMA【ボディーメイク・アカデミー】が生まれました。

 

それでは、

柳田厚志さんがプロデュースしたBMA【ボディーメイク・アカデミー】を

全2回に渡ってご紹介しましょう。

 

今回は、 このBMAを主宰する、

メディアや雑誌でも引っ張りだこの

カリスマパーソナルトレーナー・谷けいじさんについてご紹介します。

 

柳田厚志プロデュースVol.1- BMA【ボディメイク・アカデミー】

 

▼谷けいじ Tani Keiji

香川県高松市出身

福岡大学スポーツ科学部卒業

ライフチアーズ合同会社 代表

パーソナルトレーニングジム レブルス 代表

パーソナルトレーナー

 

▼体操に明け暮れる日々

 

10歳から体操競技に打ち込み、

谷けいじさんは体操三昧の青春を送ります。

 

しかし、 不運にも17歳の時に腰椎椎間板ヘルニアを発症。

 

極度の座骨神経痛により体が全く曲がらなくなり、

選手生命の危機に瀕してしまいました。

 

あらゆる治療を試すも改善せず、先が見えない日々を過ごします。

 

そこで、途方に暮れていた時に、とある運動療法と出会いました。

 

そして、奇跡的にヘルニアの症状が改善し、

インターハイや国体で決勝進出を果たすのです。

 

▼トレーナーになることを決意

 

ヘルニアから 奇跡の復活を遂げて、

「運動には人を良くも悪くもする力がある」ことを知った谷けいじさんは、

自分の危機を救ってくれたトレーナーの姿に憧れ、

トレーナーの道へと歩み始めます。

 

福岡大学ではスポーツ科学を専攻。

大学卒業後は、イチロー選手や三浦知良選手のトレーナーとして有名な

オリンピックトレーナーのもとに半年間住み込みで研修をしながら、

怒涛の日々を過ごします。

 

あまりの厳しさに、脱落していく同期のトレーナーの方々が続出。

 

研修が終わる頃には、

人数も半分以下になっていたそうです。

 

厳しい研修を乗り越えた谷けいじさんは、

地元香川の、自分を救ってくれたジムで、

念願のジムトレーナーデビューを果たしました。

 

▼トレーナーとして患者と向き合う日々

 

谷けいじさんがデビューしたそのジムは、

「病院では諦めろと言われたけど、何とかしたい」という、

患者さんをはじめ、プロスポーツ選手のコンディショニング、

ダイエット希望者など、様々な症例を持った方が集まっていました。

 

その中で、谷けいじさんは

もう一人のトレーナーと二人三脚で、約600名もの患者さんと向き合いました。

 

そして3年が過ぎたころ、

今度は介護、医療のステージに移り、歩行困難、寝たきりの患者など、

「要介護認定」を受けた高齢者のトレーニング指導に従事します。

 

そこでは、運動によるリスクも伴うほどの、

非常にシビアな現場も経験したそうですが、

トレーナーとして、濃密な時間を過ごしました。

 

▼起業を目指し、スーツケース1つで上京

 

施設での、トレーナーとしての活動の最中、

今の自分の人生に違和感を感じた谷けいじさんは「起業」を志します。

 

そこで谷けいじさんは、

地元香川から飛び出し、スーツケース1つで上京。

金無し・コネ無し・人脈無しの日々をスタートしますが、

全く上手くいかず、友人宅で居候生活を送ります。

 

しかし、お客さんの集客、人脈の形成など、

あらゆる人との出会いを繰り返した結果、

「谷に頼めば、身体の事は解決できる」と口コミが一気に広がり、

超人気のカリスマトレーナーへと転身したのです。

 

▼パーソナルジムを設立、口コミで予約半年先待ち

 

2015年、品川で念願のパーソナルジム「レブルス」を設立した谷けいじさん。

HPなどの宣伝をまったくしないで、

口コミだけで半年先まで予約待ちの人気ジムとなりました。

 

そして2016年。

 

ある日、谷けいじさんは知人の紹介で、BMAの原点でもある

プロデューサーの柳田厚志さんと出会い、

パーソナルトレーニングを指導し始めました。

 

そして、あまりにも素晴らしい結果が出たため、

柳田厚志さんは、身体作りの価値を、世の中に広めたい一心で

谷けいじさんに、プロデュースの話を持ちかけます。

 

そこで、谷けいじさんのボディメイクメソッドを

オンラインでできるようにコンテンツ化した結果、

BMA【ボディメイク・アカデミー】が生まれたのです。

 

・・・

 

谷けいじさんは、これまで2歳から105歳まで、

Jリーガー、競輪選手、プロゴルファーなどのトップアスリートから

一部上場企業の経営者などのビジネスエリート層、 さらには、

寝たきりの高齢者まで、 マンツーマントレーニングを中心に

2000名以上のトレーニング指導を経験しています。

 

そして、

「體育を通して人生を応援する」ことをミッションに、

全国各地を飛び回り、身体作りの価値を発信し続けています。

 

メディアや雑誌での登場も多い谷けいじさん。

 

今後、ますますの活躍に胸が膨らみます!

 

今回は、柳田厚志さんのプロデュースした

BMA【ボディーメイク・アカデミー】の主宰者・谷けいじさんについて

お届けしました。

 

次回は、 プロデュースのコンテンツ部分である、

業界で日本一に輝いた、BMA【ボディーメイク・アカデミー】に

フォーカスしていきます!

 

本日も、最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

それでは、素敵な週末をお過ごしください^^

 

あなたがセールスレターで気をつけるべき1つのこと

 

 

こんにちは、チアーズの秋山です。

 

本日も、 お天道様にも恵まれて、

充実した休日を過ごされている方も多いと思います。

 

しかし、この天気が続くかと思いきや、

来週からは、本格的な梅雨がスタートしますので、

ちょっと残念ではあります。。

 

気温も湿度も上がりますから、

喉とカラダが乾く前に、こまめな水分補給を心がけてくださいね。

 

今回は、柳田厚志さんの

最高レベルのプロデュースの中で最も重要な

「セールスレター」についてお届けしたいと思います。

 

まずはじめに、

セールスレターについて

すでにご存知の方もいると思いますが、

馴染みがない方のためにも、ご説明をしますね^^

 

セールスレターは、その名の通り、

Sales(販売)Letter(手紙) です。

 

上記を見ていただければ、

「Sales Letter=販売のための手紙」であることは

お分かりかと思います。

 

しかし、

これだけでは分かりずらいと思いますので、

もう少し噛み砕いていきます。

 

実際に、モノやサービスを販売するときには、

直接ヒトと会う or 会わない、という

2つの入り口がありますがー

 

アルでの販売を、

一枚の紙上(手紙)で完結させた、

販売手段の一つが、セールスレターです。

 

セールスレターでは、

「営業」→「販売」 という一連のプロセスが

一枚の紙上で構成されています。

 

「紙のセールスマン」とも 言い換えることができますね。

 

営業活動という視点では、

人件費がかからないので、ビジネスにおいて、

レバレッジを大きく利かせることが可能です。

 

ちなみに、 最高のクオリティを誇る

柳田厚志さんのセールスレターは「セールスラブレター」とも言われ、

 

・反発やクレームが生じない

・読み手に寄り添った、愛のある文章

 

で構成されています。

 

それに加え、

その商品をもう一度買いたくなるほど、繊細で、強力です。

 

もちろん、

最高レベルのセールスレターをお客様に届けるために、

時間をかけて 何度も推敲を重ねていらっしゃいます。

 

また、柳田さんは、

セールスレターで気をつけている

ある一つのことを教えてくれました。

 

それは、

「自分で読んで買いたくなるか」

ということです。

 

お客様の立場で

セールスレターを読んでみて、

その商品、サービスを買いたくなるか。

 

もしも、買いたいと思わなければ

伝えるべきことが足りない、というサインなのだそうです。

 

確かに、セールスレターの制作者は、

「買い手の代表」でもありますから、

自分が欲しくない商品を勧めたところで、

お客さまの心を動かすことは難しいと思います。

 

この商品・サービスを自分も買いたい!

と、どれほど商品に惚れ込んでいるか?

 

柳田厚志さんは

セールスレターで欠かせない

とても大切なことを教えてくれました。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

 

柳田厚志さんのセールスレターを

ご覧になった方はお気づきかと思いますが、

その文章からは「思いやり」「自信」「責任」が感じ取れるかと思います。

 

「商品・サービスに惚れ込み、自分でも欲しいと思えるか」

 

この意識があってこそ、

お客さまに寄り添った、

最高レベルのセールスレターが出来上がるのですね。

 

あなたもセールスレターを書く時は、

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

長文となりましたが、

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

次回の投稿も、 どうぞお楽しみにお待ちくださいね^^

プロデューサーとは?

 

こんにちは、

チアーズメンバーの秋山です。

 

寒暖差が激しい日が続いていますが、

どことなく、春の訪れを感じるようになりましたね。

 

先週は、

最高気温が16℃を超えた日があったので、

少しずつ、衣替えを始めた方もいると思います。

 

もちろん、私もその一人です^^

 

また、体調を崩しやすい時期なので、

食事・休養のバランスを取り、健康に気を配りながら、

この寒さを乗り切っていきましょう。

 

さてー

 

これまでに、

柳田厚志さんの代名詞である、

『天才プロデューサー』

というフレーズを、これまで幾度とお伝えしてきました。

(その理由は後でお伝えしますが、本当に天才ですから^^)

 

あなたが「プロデューサー」を耳にした時に、

チームのリーダー的な、または秋元康のような

イメージを持つ方も、多いかもしれません。

 

私も、

真っ先に浮かんだのが、秋元康でした(笑)

 

100%間違っているわけではありませんが、

先頭に立って全体を率いるリーダーとは、

ちょっと違うんです。

 

そう言われても、

なんだか、ピンとこない人もいると思いますので、

もう少し、具体的にいきましょう。

 

リーダーとプロデューサーの違いは、

「大将」と「軍師」の違いに、例えられます。

昔むかしの戦国時代には、

軍の中心人物である、「大将」という人がいましたね?

 

大軍隊の指揮官、チームリーダーであり、

この大将の首が打ち取られたら、

戦は終わりを告げると言われてます。

 

大将の首を狙い、

何万もの人が一戦を交えることから、

最重要人物であることは間違いなさそうです。

 

その一方、

戦の命運を決める、重要人物がもう一人います。それが・・・

「軍師」です。

 

戦略、手法、相手の軍勢に対して、

どういったアプローチで戦を仕掛けるか、

戦の参謀者とは、この軍師のことを示します。

 

巧みな策略で軍を動かし、

相手を攻略する軍師の存在で、

戦の運命は大きく左右されるのです。つまりー

 

相手の戦術を読み解き、

それに対する戦略を生み出し、

戦の指揮を取る「軍師」は、責任重大なポジションなんです。

 

そして・・・

 

プロデューサーとは、

プロジェクトの企画から、マーケティング、

クロージング、運営といった全体のプロモーションを設計し、

全てを裏側から支える「影の立役者」です。

 

プロジェクトの責任者であり、

関わる全ての人、人生の責任者でもあります。そしてー

 

戦=プロジェクトという視点で着目すると、

「軍師」も「プロデューサー」も、

全体を請け負うという意味では、

どちらも同じ、最高責任者なんです。

・・・

 

いかがでしょうか?

 

ここまで、

ポジションの視点から着目してみましたが、

プロデューサーのイメージができましたか?

 

プロデューサーは、

いわば縁の下の力持ちであり、

先頭に立って先陣を切るリーダーとは、

視野もポジションも異なります。

 

そして、

全体を裏側から統括して支える、

最高責任者という意味のプロデューサーであることを

ご理解いただければと思います。

 

世間一般的には、

 

「スゴイ!」

「カッコイイ!」

 

というイメージを持たれがちなプロデューサー。

響きも聞こえもいいですよね。

 

しかし、

その裏側では、柳田厚志さんも含め、

最も責任を問われる、重要な存在なんです。

 

でも,

私が伝えたいのは責任感だけではありません。

やりがいも、ものすごいのです。^^

 

次回のダイアリーでは、

 

・プロデューサーが世の中に喜ばれる秘密、

・具体的にどんなことをしているのか?

・天才プロデューサー柳田厚志さんの成功事例

 

上記を交えてながら、

「プロデューサー」をより具体的に掘り下げて行きます^^

 

それでは、

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます。

 

2月も折り返し地点となりましたね。

寒さに負けず、身体を労わりながら、

今週も頑張っていきましょう。

 

秋山

1人1人が会社の代表

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です^^

天気予報によると

今週から梅雨入りが始まる

とのお知らせがありました。

 

『梅雨』

 

紫陽花も咲き始めて、どこか哀愁漂う季節ですが、

個人的には、梅雨前の方が好きなんですよね^^;

 

この時期はとてもジメジメしていて

蒸し暑い日が何日も続くので

暖かく、カラッとした天候が好きな私は

この時期になると少しがっかりするのです・・・でも

 

梅雨の時期にしかない、

とてもいいと思える瞬間がきっとあるはずだ、と気づいた瞬間、

「これから新しい発見ができそうだ!」

「これに気付けたのは、ツイてるんじゃないか?」と、

私の考え方も季節の訪れとともに、

変わり始めました!

 

柳田厚志さんは常日頃から無意識で

 

「ツイてる!」

 

とおっしゃるので

私も、良い影響をいただいているようです^^

 

今回は、この間のミーティングで

柳田厚志さんがお話しした事が

世の中にいる仕事をする全ての人にとって

とてもとても大切な事だと思ったので

真っ先にみなさんとシェアしたいのです。それはー

 

「組織の中で、主体的に動く」

 

と、いうこと。

聞いた感じだととてもシンプルで

簡単なように聞こえますが

私はこの言葉を聞いた時

まだまだだなぁ、と感じました。

 

私たちチアーズは 他の企業と比べると

まだまだ小さいほうかもしれません。

(懐と心はとても大きいですが、、、笑)

 

でも、 総合プロデュース業には

大きい責任が常に伴います。つまり・・・

スタッフの全員が

当事者意識を持つことが不可欠なのです。

 

柳田厚志さんは、

 

”業務に対して、しっかりとした責任とセルフイメージを持つ”

”自分の関わっている業務と会社全体でやっていることを

どれほど自分ごとできるか”

”全員が会社の代表として、株式会社チアーズを底上げしていこう”

 

と、私たちに伝えてくれました。

 

そこで、私が気づいたのは

『自分は株式会社チアーズの一員である』

というのは言うまでもありませんね。しかし、

 

1人1人が株式会社チアーズの 『代表取締役』である、

 

という当事者意識の大切さだということです。

どういうことかというと

自分の担当ではない事業だとしても

それを他人事にしないで

・どうしたらもっといい結果を得られるのか

・どうやって改善したほうがいいのかというように、

 

全て自分に当てはめて考えるのです。

 

多くの社員がいる会社ではますます大切な要素になってきます。

たくさんの事業を行い、自分の業務を終わらせること「だけ」に

フォーカスしてしまうとプロジェクトの

全体像や、今の業務の責任感が

少しづつ薄れていくのではないでしょうか?

 

ここで、 上に成り上がれる人というのは

全体像を把握でき、社員を、責任もって引っ張っていき

全体の流れを作ることができるような

当事者意識を備えている人です。 そして・・・

 

この意識が

プロデューサーへと

そのポジションに必要なスキルへも

直結することが分かったのです。

 

柳田厚志さんは、もっともっと、

幸せのきっかけを提供できるプロデューサーを

増やしていきたいと おっしゃっています。

 

だから、とても魅力的で、やりがいがあると同時に

責任が付帯するプロデュース業には

 

1人1人の考え方と

当事者イメージが大切なんだよと

伝えたかったのかもしれません。

 

たとえ、どんな役割を任せてもらっていたとしても

どんなポジションに立っていたとしても

自分はこのプロジェクトの、そして・・・

 

この会社の代表取締役だ、

 

というセルフイメージは、

これからますます重要になってきます。

 

私は、プロデューサーを目指す者として

この意識を大切にしていきたいと思います。

株式会社チアーズ

みなさんこんにちは!

 

チアーズ見習いスタッフの秋山です!

 

今は見習いスタッフとして、プロデューサー兼フリーサーファーである

柳田厚志さんの下で、勉強をさせていただいています^^

 

どうやって人生の質を上げようかなぁ

もっともっと成長して、理想の人生を歩んで行きたいなぁ、と

 

日々、未熟な脳みそを使って、あれこれ考えております!

 

ほんの些細な事だとしても

受け取る器が大きければ

学びも、気づきも、たくさん出てくると思うので

 

私は日々、精進するのです^^

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

今回は、このスタッフダイアリーを執筆する前に

 

私達の事をもっともっと知ってもらいたいので

 

まずは、株式会社チアーズについてお話します!

 

私たちは、人、ビジネス、教育、地域社会など

あらゆるものをプロデュースする、総合プロデュース会社です!

 

世間の学校では教えてくれない、自分の人生を幸せに生きるための

必要なライフスキルを学べる教育事業を通して

個人や法人の成長をお手伝いしています!

 

今までのプロデュースを通して、30万人以上の人々に

“人生がより幸せになるキッカケ”を提供してきました。

 

そして、そのプロジェクトの多くが

“人生の質=Quality of Life”

 

を高めることにこだわっています^^

 

弊社代表の柳田厚志さんは、ある出来事がきっかけで、

仕事だけ、趣味だけ、お金だけ

のような生き方を目指すのではなく

 

生活の質を高め、仕事もプライベートも

豊かなライフスタイルを送ることに決めました。

 

 

日常の生活を高めることで、

より良い人生を実現できる事を

柳田厚志さんを始め、

私たちは知っています。

 

そして

私たちは伝えたいのです。

理想の人生に必要なライフスキルを通じて

日常の生活の中に豊かな、そして

幸せな人生が待っている事を。

 

私たちが大事にしている、本当に大切な事、それは

 

“人生は出逢い”

 

ということ。

 

出逢いによって、人生は始まり

出逢いによって、人生は変わり

出逢いによって、人生はまた、生まれ変わるんです。

 

私たちはそんな不思議に満ちた

人と人が出逢うきっかけをプロデュースします!!

 

そして、人生がハッピーになる、

様々なコンテンツをみなさんに届けて

社会と地球に貢献していきます^^

 

 

じゃあ、具体的にどんな事をやっているのか?

詳しくはこちら→http://33cheers.jp/

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ここに来てくれた

あなたに出逢えたのも、

私が、株式会社チアーズに出逢えたのも

 

何かの縁でしょうかね。

出逢いって、とてもとても不思議です。

 

ではでは、みなさん

良い週末をお過ごしくださいな^^

柳田厚志 直伝・ライフスタイルダイアリー

 

 

桜が咲き誇り、空気も心地よく、ウグイスも合唱を始めました。

やっと、春の訪れを感じる季節になってきましたね。

 

みなさん、こんにちは!!

私、総合プロデュース会社・株式会社チアーズの秋山と申します^^

 

現在、チアーズの見習いスタッフとして携わりながら

弊社の代表であり、敏腕プロデューサー・フリーサーファーでもある

柳田厚志さんの下で勉強させて頂いています。

 

このダイアリーでは

柳田厚志さんから学んだ

あなたが望む、理想のライフスタイルの見つけ方や

学校では教えてくれない、人生にとって大切なコト

あなたの人生の質をあげる方法、などなど

お伝えしていきます^^

 

あなたがこのダイアリー見たその日、

もしくは次の日から

すぐに実践できる内容も載せていきます。

 

これを見てくださっているあなたに

何か少しでも、ほんのわずかでも

幸せのキッカケをプレゼントできたら

 

株式会社チアーズのスタッフ共々

とてもとても、幸いです^^