柳田流・プロデューサーの極意 その弐

こんにちは、

チアーズの修行僧、秋山です(笑)

 

そろそろ、夏ともお別れをする時期が近づいてきました。

みなさん、夏らしいことは出来ましたか?

 

湘南も8/31に、海の家や浜辺でのイベント等が終了し、

昨日の様子と違って、今朝の浜辺は少しだけ閑散としていました。

夏が過ぎ去ってしまうのも、なんだか寂しい気がしますが、

海はどんな時も、私の心を癒してくれます。

 

「夏は一瞬」と、世間一般では言われていますが、

私の心の中では、夏はまだ終わっていませんから^^

 

今年も残り4ヶ月ですね。今年の終わりには、

「今年も充実した一年だった!」と、胸を張って言えるように、

まだまだやり残していること、 成し遂げたいこと、 やりたいこと、

すべて叶えた自分を意識して、全部やってしまいましょう!

 

今日は、前回に続いて、柳田厚志さんが伝授する、

「柳田流・プロデューサーの極意」をお伝えしていこうと思います。

 

前回の投稿では、

柳田厚志さんが考えるプロデューサーの定義を、万遍なく、

お伝えさせていただきました。(悪用厳禁デス^^;)

 

柳田流・プロデューサーの極意を通して、

コンテンツの魅力を最高レベルに引き出し、

彼の器の大きさや多くのファンの存在、

なぜ彼は、多くの人々から愛されるのか。

その全貌が、お分かりいただけたと思います。

 

まだご覧になっていない方はこちら↓↓↓

→ http://gerritburke.net/producing ‎

 

今回も、「柳田流・プロデューサーの極意」の中から、

プロデューサーという職業にとって、

とてもとても大切な要素を、

特別に、お伝えしていく訳ですが、

中でも、私たちがコンテンツをプロデュースする上で、

絶対に欠かすことのできないものが存在します。

 

実はこのポジションが、

コンテンツとお客さんを繋ぐためには、

無くてはならない存在なのです。それは・・・

 

「ナビゲーター」

 

という存在です。

ナビゲーターとは、私たちがプロデュースをする際に、

コンテンツと、それをお届けするお客さんを繋ぐ、

いわば、架け橋のような存在です。

 

しかし!!!

 

架け橋とはいえども、パイプの役割だけを果たすのではなく、

お客さんの立場を考えて寄り添うこと、つまりー

 

「お客さんのリーダー」なのです。

 

お客さんの代表者として、

お客さんの立場になって、

お客さんの悩みを解決していく。

 

この役割無くして、プロデューサーを語ることはできません。

 

柳田厚志さんも、プロデューサー兼ナビゲーターとして、

世の中に大きな価値を残し、世の中に喜ばれ、

数々のプロジェクトを大成功に導いています。

 

それは紛れもなく、

お客さんの立場を一番理解している、

ナビゲーターが存在しているからこその大成功と言えるんですね。

 

しかも、

この大成功というのは、

このコンテンツに関わる先生や講師、チームスタッフ、

そして、お客さんの未来を含めて大成功ということです^^

 

実は、コンテンツプロデュースという業界で、

ナビゲーターというポジションを確立させたのも、

柳田厚志さんと言われています。(本人もおっしゃっていました)

 

ただ、

一方的にセールスをかける競合が多いこの業界で、

ここまで誠実に、お客様目線を持って仕事をしている人は

本当に、ごく少数でしょう。

 

ですから、

多くの人に愛されるプロデューサーとして、大活躍されているわけです^^

 

今日の投稿をまとめると、ナビゲーターとは・・・

 

・お客さんの代表、リーダーである。

・コンテンツとを繋ぐ架け橋である。

・お客さんのことを第一に考える存在

 

ということでした。

 

ついつい熱が入ってしまいました^^;

これからも、彼と私たちチアーズの活躍に期待ですね!

 

長文となってしまいましたが、

最後までお読みいただき、ありがとうございます!