生を全うすること

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です。

 

今週から本格的に 日本全国が梅雨入りになりましたね。

空を見上げるたびに どんよりした雲行きの怪しい空によって

お天道さんが見れないのは 海好きの私には少しだけ、寂しいです。。 でも、

 

昨日から低気圧のおかげで 湘南では波の反応が良くなってきているので

天候に左右されないサーフィンができて

柳田厚志さんも、私も とってもハッピーです!

 

今日お話しすることは いつもの投稿と少し違います。

是非、これを読み終えた後に じっくりと、

自分への時間を取っていただきたいのです!・・・

 

 

先日、女子アナウンサーの小林麻央さんが がんとの闘病の末、

34歳という若さで この世を去ってしまいました。

 

『NEWS ZERO』の名アナウンサーとして または、

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの良き妻として

小林麻央さんの姿は 私たちの心に、深く、鮮明に刻まれています。

 

突然の速報に、ミーティング中の私たちも

驚きと悲しみを隠せませんでした。

 

小林麻央さんは自身の闘病生活を ブログ『KOKORO.』で綴り

さらには、世界的有名なBBCで

『世界で影響力のある女性100人』に選ばれ

 

海を越えて、

世界中の人々が 彼女の生き様に触れ、影響されました。

 

闘病中にも関わらず 彼女は苦しみを感じさせない

素敵な笑顔で居続けました。

 

愚痴や弱音を吐く時間があったら もっと楽しいことや、

次につながることを考えるような、 前向きな女性で居続けました。

 

きっと、世間や私たちが見えないところで

辛いことや大変な思いも経験したことでしょう。 ですが、

 

 

彼女は残された短い命をかけて 本当に大切なことをブログを通じて

私たちに訴えかけていました。

 

 

『人は何年生きられるかは決められない。しかし、

 ”いかに生きられるか”は決められる。』

 

これは、かつて小林麻央さんとコンビを組んでいた 村尾信尚さんが

番組内で綴った追悼の意です。

 

私たちの人生は、一体何が起こるかわかりません。

 

もしかしたら、 今この瞬間、突然倒れて、

病院に運ばれるかもしれません。

 

もしかしたら 明日の朝、急にこの世を去ってしまうのかもしれません。

 

もしかしたら 叶えたい夢やライフスタイルを叶えられずに

あなたの後悔だけが残ってしまうのかもしれません。

 

今ある時間を有意義に過ごすために、無駄にしないために

柳田厚志さんが 最高の人生を叶えるために考えたこと、それは

 

 

どんなライフスタイルを送りたいのか、

本当に叶えていきたいものなのか、

自分が理想とする10年後、

そしてその先にいる自分とは?

 

という、未来をイメージすることです。 1度立ち止まって、

心にいる自分自身と 話し合ってほしいのです。

 

どんな生き様を歩んでいきたいのかを 決めることで

あなたの人生の『あり方』が決まります。

 

私たちが過ごしている何気ない日々も

小林麻央さんはもちろん、

1日1日が惜しい方々にとっては かけがえのない宝物です。

 

今日という日は

”1日でも長く、 この世を生きたかった方々の日”

 

でもあるのですから、私もそうですが

日々の生活をより濃いものに、そしてー

昨日の自分よりも成長した、今日の自分を

日々の生活で心がけていきたいと思います。

 

ぜひ、今一度自分の人生について

じっくりと時間を取って、 ゆっくり考えてみていただけたら

とてもとても幸いです^^

 

最後に、心からお悔やみ申し上げます。