柳田厚志のライフスタイルの定義とは?

こんにちは、
チアーズ事務局の秋山です。

鍋料理やおでんといった
温かい食べ物が美味しい季節になりました。

時間の経過も早いもので
今年も残りあと2か月を切りましたが
おそらく、あっという間に
年末を迎えてしまうでしょう。

ところで、今年のお正月に
何かしらの目標や決意を掲げた方も多いと思いますが、
どのくらい達成が出来ていますか?

お正月に掲げた目標を
すっかり忘れていた方もいらっしゃるでしょう。

掲げた目標のうち、
すでに数個は達成できている方も
いらっしゃるでしょう。

目標に欲張りすぎて
やりたいことのほとんどが
達成できていない状況の方も
いらっしゃるかもしれません。

一方、仕事が忙しくて
思うように自分の時間が取れない方も
少なくないと思います。

もちろん、
掲げた目標を達成することは
次なる目標への活力になりますし、
己の大きな自信に繋がります。

その小さな成功体験を積み重ねることで
目標のステージはさらに大きくなります。

ですが、目標とか夢は
大きければ大きいほど良い
というものではありません。

目標や夢の大きさは
人それぞれです。

たとえ小さい夢であっても
その人の人生の中で
とてつもなく大きな意味を
成すこともあります。

ここで大切なのは
自分が掲げた夢や目標を
どれだけ本気で叶えたいと思っているかどうか、です。

弊社代表の柳田厚志が
好きな時にサーフィンをして、
世の中に喜ばれるビジネスでがっつり稼ぎ
愛する家族と暮らすという
理想のライフスタイルを叶えられたのはー

人生をかけて成し遂げたいという
強い意志があったからです。

柳田厚志は、ひすいこたろうさん、菅野一勢さんとの著書、
「世界一ふざけた夢の叶え方」(フォレスト出版)で
「ライフスタイル」の定義をこのように語っています。

「ライフスタイル = 人生をかけて成し遂げたい生き様」

ですので、

「◯◯ができたらいいなぁ」
「◯◯をしたいけど、結局できないだろうなぁ」

というような
単に理想を描くのではなく
心の奥深くから湧き出るホンネと
真正面に向き合うほどの
覚悟が必要だと思うのです。

その心意気を情熱に変え
行動に落とし込めば
あなたの掲げた夢や目標はー

ただの理想ではなく、計画になります。

その指針になるものが
「どれだけ心を込めて、本気で叶えたいと願ったかどうか?」
であると、柳田は教えてくれています。

平成最後である2018年も
あと2ヶ月を切りました。

今一度、ご自身の目標を見直すとともに
あなたの心から湧き出る、人生の本音と
向き合ってみてはいかがでしょうか?

これから師走に向けて
仕事も忙しくなると同時に
忘年会も控えている方も
多いことでしょう。

そうなると、自分の時間を
なかなか確保できなくなってくると思います。

自分の夢、目標、
理想のライフスタイルと向き合うことは
優先順位や緊急性は低いのですが、
人生にとって大切な時間です。

ぜひ、平日のお休みや
週末を利用して、自分のホンネに
耳を傾けてみましょう。

それでは、
本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^