柳田厚志 最新プロデュースコンテンツがスタート

こんにちは、
チアーズの秋山です。

3連休の真っ只中ですが
いかがお過ごしでしょうか?

幸いにも
この連休は天候に恵まれましたね。

特に今日は
まるで夏に逆戻りしたかのような暑さとなりました。

その一方、全国各地の高地では
山々が紅葉に向かって
徐々に色付いているようです。

私たちと同じように
青葉の木々も衣替えをしていると思うと
日本の四季の奥深さを感じます。

この機会に、登山や紅葉狩りで
木々の移り変わりを
楽しんでみてはいかがでしょうか。

さて、ここからは
柳田厚志のプロデュースコラムをお届けします。

今日ご紹介するのは
以前、ご紹介させていただいた
「BMA-ボディーメイク・アカデミー」の最新プログラムです。

もしあなたが
「ボディメイクアカデミーって何?」
というのであれば、
まずはじめに、以下の記事をご覧くださいね。

柳田厚志プロデュースVol.1-BMA【ボディメイク・アカデミー】Part1

BMA主宰者の谷けいじ先生とは?

そしてー

BMAの主宰者である谷けいじ先生と
弊社代表の柳田厚志が開発した
最新プログラムがスタートしました。それはー

「腰痛改善プログラム」です。

このプログラムは、
あらゆる治療を試しても治らない
慢性的な腰痛を改善し、
腰痛知らずの人生を送って頂くためのプログラムです。

夏から秋へと変わる
この季節の変わり目は
腰痛を発症しやすい時期でもあります。

そんなあなたも過去に
腰痛の経験があるかもしれませんね。

もしくは今
腰痛を抱えていらっしゃるかもしれません。

今の日本では、本当に多くの方が
腰痛を抱えていらっしゃっています。

「人口の約8割が
 人生で一度は腰痛を経験する」

というデータがあるほど
腰痛は国民病とも言われています。

そして、厚労省が発表している
国民生活基礎調査によると、
数ある怪我や症状を抱える人の中でも
腰痛はダントツに多いのです。

性別でみると、
男性では腰痛は1位、
女性では2位にランクインしています。

多くの人が
腰痛に頭を抱えていることもあって、
世の中には数多くの治療法が存在します。

針、整体、マッサージ、温熱・電気、薬、ブロック注射…etc

数々の腰痛改善メソッドが存在し、
その多くは対症療法と呼ばれています。

しかし、対症療法は
一時的に痛みを緩和させることはできますが
痛みの改善・予防といった目的のものではありません。

ですから、
何をやっても腰痛が改善されない
慢性的な腰痛には、その痛みの根本的な原因に
アプローチをする必要があるのです。

この「腰痛改善プログラム」では
そのアプローチを、誰もが無理なく
自宅に居ながら一人で実践できるように
設計されています。

そして、このプログラムの誕生には
もう一つの物語が存在します。

それは、
過去に腰椎椎間板ヘルニアを発症し
身体が不自由になってしまった谷けいじ先生を救った
「運動療法」との出会いです。

谷けいじ先生は
17歳の高校時代に
体操選手で全国大会に出場するほど
大活躍をされていたそうです。

しかし、ある日突如襲った
腰椎椎間板ヘルニアによって
足が全く動かなくなってしまいました。

体操はおろか、
身体を曲げることもできず、
選手生命の危機に陥っていました。

その時の谷けいじ先生は
腰痛は一向に改善されない日々を過ごし、

「どうして神様はこんな意地悪をするのだろう」

と、神様を恨んでしまうほど
人生のどん底にいらっしゃいました。

そんな日々を悶々と過ごす中で
谷けいじ先生は、運動療法と出会いを果たします。

「また同じことの繰り返しだろう」

という心中を抱えたまま、
ダメ元で通い始めたところ
なんと腰痛が劇的に改善し、
完全復活を遂げたのです。

腰痛を克服した経験によって
谷けいじ先生はトレーナーとして
人生を歩み始め、現在に至ります。

このプログラムを提供している
「BMA-ボディーメイク・アカデミー」では、

「身体が変われば人生が変わる」

というスローガンを掲げていますが、
これは、谷けいじ先生の
ご自身の経験から生まれました。

このプログラムは
谷けいじ先生の原点とっても
過言ではありません。

そして、

「一人でも多くの方に
腰痛を改善して心身ともに健康な
活き活きとした人生を送ってもらいたい」

その切なる願いが込められた
谷けいじ先生の想い入れの強いプログラムです。

現在は販売が終了してしまいましたが
BMAの事務局によると
今後、一般販売も予定しているとのことです。

販売開始の際は
こちらのライフスタイルダイアリーでも
お知らせさせていただきますね。

どうぞ、次回の投稿も
お楽しみにお待ちください^^

柳田厚志プロデュースVol.7-ライフチェンジ

こんにちは、
チアーズの秋山です。

最近は台風の発生も多く
晴れ間の見える日が少ないように思います。

ですが、
涼しいこの時期に降る秋雨に
時々、趣を感じることもありました。

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・・

この時期だからこそ楽しめる
季節の醍醐味も増えてきますね。

これから迎える紅葉も
心待ちにしているところです^^

前回の記事でご紹介をした
弊社が立ち上げたランニングメディア
「Running Smile(ランスマ)」でも、
スポーツの秋にぴったりな
ランニングに役立つ情報を発信しています。

「今年こそ運動をしよう!」

と意気込んでいる方にとっても
チェックをしていただきたい内容が盛りだくさんです。

前回の記事でも
「Running Smile」のHPを載せていますので
ご興味のある方は、ぜひご覧くださいね。

“日本一楽しめるランニングメディア”-Running Smile-

さてここからは、柳田厚志の
プロデュースコンテンツをお届けします。

今回ご紹介するのは
昨年末にプロモーションを行った
「ライフチェンジ」というプロジェクトです。

このプロジェクトが生まれたのは
人生100年時代とも言われる
日本社会の現状がきっかけでした。

現代は、戦後の高度成長期に築かれた
人生設計のモデルが通用しなくなり、
個人の生き方が多様化しています。

あらゆる人生の選択肢がある一方、
AIの技術革新によって
あらゆる仕事が無くなる未来に対し

「将来への漠然な不安」
「自分の人生の目的、使命がわからない」

といった背景が
多くの人の中に存在しています。

人々が定義している
一般的な幸せ、成功、夢を手に入れても
心が、人生が満たされないという現象が
起きているのも事実です。

なぜこのような事が
起きてしまうのか。

それは、
これまで語られてきた幸せや人生論は
人生の点の成功に焦点を当てたものであり、
この世に生を授かってから、人生の幕を閉じるまでの
人生全体を豊かにするものではないからです。

この人生100年時代の中で、

360°の豊かさ、
本当の人生の幸せ、
人生全体の成功を手にするためにはー

自分の過去生、未来生、そして命運をも超えた視点から
人生を俯瞰して、この世に生まれてきた天命をしり
己だけの人生のストーリーを描くことが大切です。

そのための叡智、本当の情報、スキルを
転生自由七科=リベラルアーツとして提供するのが
この「ザ・ライフチェンジ」です。

このプロジェクトで
転生自由七科を学び、ストーリーを描くことができれば
あらゆる不安が解消され、人生を生き切ることが可能です。

自分の生まれてきた天命を指針に
今生を生き切るための「ライフチェンジ」は
大反響を呼びました。

そして、「ライフチェンジ」という名前のように
このプロジェクトを通じて、受講生の皆さんの多くが
人生を生き切る術を手にされました。

弊社のミッションである、

「人生をハッピーにする出会いのきっかけを作り、
 社会と地球に貢献する」

そんな世の中の実現に向けて
また一つ、大きな貢献が出来たのではないかと思います。

そして、その貢献は
まだまだこれからも続きます。

年内には、柳田厚志がプロデュースした
最新プロジェクトが始動します。

文明の利器も活かした
全く新しい、革新的なプロジェクトです^^

今後も皆さんには、
新プロジェクトの最新情報もお伝えしていきますので
心待ちにしてくだされば幸いです。

それでは本日も
最後までお読みいただき、
ありがとうございます^^

素敵な3連休をお過ごし下さい。

“日本一楽しめるランニングメディア”ーRunning Smileー

こんにちは、
チアーズの秋山です。

今週末は台風の影響で
天気が荒れそうですね。

天気予報によると、とても強い勢力で
日本列島を縦断するとのことです。

交通機関にも影響が出ると思いますので、
外出はなるべく控えた方が良さそうです。。

ただ、台風による災害で
被害が出ないことを願わんばかりです。

さて、本日のライフスタイルダイアリーでは
弊社が立ち上げたWEBマガジン
「Running Smile」についてご紹介します!

柳田厚志の「運動=楽しい」という想い

▼Running Smile公式サイトはこちら
https://runsmile.fun/

運動を通じて人生が変わった柳田は
その楽しさや喜びを多くの方に伝えたいという想いがありました。

「カラダを動かすことって、こんなに楽しいことなんだ!」
「世の中の人に、カラダを動かすことの楽しさを伝えていきたい!」

このRunning Smileは、
そんな柳田の想いがカタチとなって生まれました。

「日本一楽しめるランニングメディア」を目指すWEBマガジン

こちらのWEBマガジンでは
ランニングに役立つ健康情報や
初心者がランニングを始めるために必要な情報を
日々更新しています。

そして、
ただランニングに役立つ情報を提供するのではなく、
このWEBマガジンをご覧頂いた方のランニングを
ワクワク、楽しくさせるような

「日本一楽しめるランニングメディア」

を目指しています。

今後、ランニングに関するコンテンツを
増やしていく予定ではありますが、
まずは「走る」にフォーカスした情報を
お届けしていますので、ぜひご覧くださいね。

スポーツの秋ということで
この機会にランニングを始めてみるのも
良いきっかけかもしれません^^

それでは、本日も
最後までご覧いただき
ありがとうございました!

柳田厚志プロデュースVol.6-S級立地コインランドリービジネス

こんにちは、
チアーズの秋山です。

夏から秋へ季節は変わり、
朝晩も少しづつ寒くなってきました。

体調も崩しやすくなっていますから
疲れているときは、湯船につかったり
早めに就寝をするなどして、
体を労ってあげましょう。

さて、
以前より弊社代表の柳田厚志による
プロデュースコンテンツをお届けしてきました。

これまでご紹介をしたコンテンツは
講座やオンラインスクールといった形式がメインでしたが
今回ご紹介するものは、店舗を構えるリアルビジネスの
プロデュースです。

それは「コインランドリー」です。

コインランドリーとは言えども、消費者の立場ではありません。

コインランドリーを
オーナーとして経営する側のプロデュースになります。

弊社代表の柳田は
このコインランドリービジネスを運営している
日本ランドリーエステート株式会社の
ファウンダーでもあります。

そして、自身もランドリーオーナーとして
2店舗を経営されています。
(年内に3店舗目をオープン予定)

今年7月に開催した
ランドリーを経営したいオーナー様に集まっていただいた
「S級立地ランドリービジネス事業説明会」は大反響を呼びました。

それでは、今週は
柳田厚志が日本ランドリーエステート社の
ファウンダーとしてプロデュースした
「S級立地コインランドリービジネス」についてご紹介します。

S級立地コインランドリービジネスとは

コインランドリーの変遷

かつて世間一般のコインランドリーは
先頭の横にある、薄暗くて小汚いイメージがありました。

しかし、
90年代になると、共働き世代の増加に伴い
全国にコインランドリーが増えてきました。

これまでのイメージとは違い
主婦や女性も使いやすく、店内も明るくて
おしゃれな内装のものが多くなりました。

この時期は郊外立地、
ロードサイドへの出店が相次ぎ
コインランドリーの社会認知度が上がります。

2000年になると
洗濯と乾燥が一台のマシンで完結する
洗濯乾燥型マシンが普及し、
ますますコインランドリーの利便性が増しました。

そして、2015年ごろから現在にかけて
女性の社会進出や、シングルマザー層の増加により
洗濯・乾燥のニーズはさらに高まっています。

そのため、経営の面では
個人投資家や会社経営者といった層が
コインランドリー投資に着目し、
店舗経営に参入していることから
全国で出店が相次いでいるのです。

今やブームを迎えたランドリー投資ですが
店舗競争や顧客の取り合いが相次ぎ、
まさに入れ喰い状態になっているのも事実です。

特にロードサイド店では
店舗の近くに競合が出店した場合、
利用客が新店舗に流れてしまうことも
よくあります。

機械の性能やサービスの良さで
差別化を図ることが難しいロードサイド店では
競合の影響を受けやすいので
長期的な安定経営は望まれません。

そこで、
今回柳田が提案をしているものが
「S級立地コインランドリービジネス」です。

S級立地がランドリービジネスのカギ

S級立地とは「商業施設内立地」のことを示します。

具体的には、
スーパーマーケットやショッピングモールといった
数々の店舗が集まっている敷地の駐車場に
コインランドリーを出店していきます。

このS級立地は、ロードサイド店と違い
すでに人の流れがある所に出店をするので、
集客への労力を削減できます。

さらに、このS級立地の最大のポイントは
ランドリーの待ち時間を
施設内の店舗で有効活用できることです。

洗濯を始めてから、乾燥後に取り出すまでの時間は
隣のスーパーでお買い物をしたり、
同じ施設内の店舗で、用事を済ませることができます。

ですので、
かつてのロードサイド店のように
ランドリー回している間に、店舗や車の中で
時間を潰す必要もありません。

そして、近くに競合が出来たとしても
商業施設で用事を済ませるついでに
施設内のランドリーを使うお客様がいるので
既存顧客が競合に流れにくくなります。

商業施設内のランドリーは
商業施設の来客が途絶えない限り
長期安定の経営が可能であることが
「S級立地」と呼ばれる所以です。

今回は、講座形式やオンライン受講型の事例ではなく
リアルビジネスのプロデュースについてご紹介しました。

全国のコインランドリーの店舗数は
年々、右肩上がりを見せています。

これからますます
ランドリー投資の認知度が増えていくと思われますが、
その中でも、お客様のニーズを本質的に捉えることが
求められる時代だと考えます。

ぜひ、S級立地のランドリービジネスにご興味のある方は
弊社の柳田がファウンダーを務める
日本ランドリーエステート社の
公式サイトをご覧くださいね。

▼日本ランドリーエステート株式会社HP
http://www.laundry-estate.com/

それでは、本日も
最後までご覧いただき
ありがとうございました。

次回の投稿も、どうぞお楽しみに!^^

柳田厚志プロデュースvol.4 -THE COMMIT- Part2

こんにちは、
チアーズの秋山です。

本日も暑い日が続いていますね。

お祭り、海水浴、花火、プール、
夏の風物詩は楽しめましたでしょうか。

私の住まいの近くでは
ここ最近は、花火の音がよく聞こえていました。

調べてみると、花火大会の開催は
この8月がピークのようですね。

もしも、まだ
夏を楽しめていないという方は
近場で花火大会が開催されていたら、
ぜひ、鑑賞してみてはいかがでしょうか。

綺麗なものを見れば
心身共にリラックスができますよ^^

さてー、
先日の柳田厚志さんのプロデュースコラムでは、

圧倒的成果を上げ続ける幸せな起業家・事業家・ビジネスオーナーを輩出する
プライベート・コンサルティング・コミュニティ「THE COMMIT」

についてお届けしましたが、
いかがだったでしょうか?

このTHE COMMITでは、
約20年の経営経験と、100種類を超える事業を手がけ、

起業→経営者→ビジネスオーナー→セミリタイア

の全てを経験した、
菅野一勢(すがのいっせい)さん、中村司(なかむらつかさ)さんの
お2人が主宰をしていらっしゃいます。

その一人である菅野一勢さんは、
現在シンガポールに住みながらも
国内外で計20社、50億円規模の企業を経営されています。

しかも、遠隔で経営をされているにも関わらず、
企業も年々成長し続けているというのです。

「国内外で20社」「50億円規模」
本当に素晴らしいですよね。

このTHE COMMITでは
菅野一勢さんがゼロからビジネスを立ち上げ
そこで培った経験とノウハウを提供してるからこそ
受講生が圧倒的な成果を出せるのです。

そして、その菅野さんと共に
主宰をしている方が中村司さんです。

「マーケティングの鬼神」と呼ばれる
中村司さんも同じく、グループ20社、
50億円規模の企業を経営する
ビジネスオーナーでいらっしゃいます。

それでは、
今回のプロデュースコラムは
中村司さんについてご紹介します!

▼中村 司(なかむら つかさ)

中村司さんは、過去に
1500人もの中で、No1の成績を収めた
トップセールスマンとして活躍されていました。

それに加え、全国90社の中で、
販売店1位の実績を残したという経歴もあります。

セールスマンとしても、
経営者としても活躍をされていましたが、
その時代に、インターネット業界に可能性を感じ、
ネットビジネスに参画しました。

そしてなんと、参画から1年もせずに
年商一億円を達成します。

その後も巧みなマーケティングと組織化、仕組み化で
自動操縦の経営でも、年商十億円まで経営規模を拡大。

マーケティングのジャンルは、
プロスポーツ選手、芸能人、投資家、
医者、士業、コンサルタントなど多岐にわたり、
「専門家を成功に導く専門家」とも呼ばれています。

また、すぐに売り上げに直結する
ダイレクトコンサルティングを武器に
飲食、整体、ECショップといったジャンルでも
圧巻の成果を続出させているそうです。

そして、中村司さんのモットーは
質の高い「本物の商品を世の中に広める事」。

品質軽視・売上重視といった
理念のない会社のマーケティング支援は行っておりません。

現在は、菅野一勢さんと同じく
事業展開のため、シンガポールに在住していらっしゃます。

「マーケティングは人生を変える」
を座右の銘として、今日も
世の中に埋もれている価値あるサービスを
提供し続けております。

ーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか?

中村司さんがマーケティングの
プロフェッショナルであることが
お分かりいただけたかと思います。

どんなにいい商品や
サービスをもってしても、
世の中に広がらなければ、
それは価値あるものとは言えません。

そこで必要な手段というものが
マーケティングです。

このTHE COMMITでは
ビジネス初心者の他にも、
経営者の方、個人で事業をされている方で
さらに事業を飛躍させたい、
という想いを持った方が集っています。

そして、
中村式のマーケティングで
事業がさらに拡大し、売り上げや成果が
激変していくのです。

これが、THE COMMITで受講生が、
圧倒的な成果が続出している秘訣です。

このライフスタイルダイアリーでは
現在開講されているTHE COMMITの進捗も
お届けしていきますので、どうぞお楽しみに。^^

受講生に
どれほどの成果が出ているのか
私も進捗が楽しみでなりません。

そこで、次回のライフスタイルダイアリーでは
過去のTHE COMMITで、受講生が
どれほどの成果が出ていたのかを
ご紹介したいと思います!

前回から2回にわたり、
主宰者のお二人をご紹介してきましたが、
次回の事例紹介をご覧いただければ、
THE COMMITの真髄がお分かりいただけるでしょう。

それでは、来週の投稿を
お楽しみにお待ちくださいね。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。^^

柳田厚志プロデュースvol.4 -THE COMMIT- Part1

こんにちは、
チアーズスタッフの秋山です。

先日、開催100回目を迎えた
夏の風物詩「甲子園」が幕を閉じましたね。

見事、大阪桐蔭高校が
開催地で史上初の春夏連覇を飾りました。

しかしながら、
秋田の金足農業高校も
初の東北勢の優勝を目指して
本当によく頑張ったと思います。

100回記念大会にふさわしい
素晴らしい熱戦を繰り広げてくれました。

来年の101回目の甲子園も
心待ちにしている今日この頃です。

さてー

今週もライフスタイルダイアリーでは、
柳田厚志さんのプロデュースコラムを
お送りいたします。

前回は、

人生を根底から変えるプログラム・・・
–The Reborn— 【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】

について、コラムをお送りいたしましたが
ご覧いただけましたでしょうか?

世界を股にかける事業家であり、
官僚や超一流企業の研修も担当している
カリスマコーチの三宅裕之さん。

ご覧いただいた方はお分かりかと思いますが、
ズラっと並べられたものすごい経歴に
驚かれた方もいらっしゃるでしょう。

現在、三宅裕之さんは
シンガポールに在中されていることもあり、
一般向けの講座やセミナーは行っておりません。

また、国家機関や一流企業への研修も
何百万単位で実施されております。

しかし、
その三宅式メソッドが一般向けに
世界で唯一学べる場所が、
このThe Rebornなのです。

三宅裕之さんのプロフィールと
–The Reborn—【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】
の詳細は、以下のリンクからご覧いただけますので、
ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。^^

柳田厚志プロデュースvol.3 -THE Reborn- Part1

柳田厚志プロデュースvol.3 -THE Reborn- Part2

さて、今回のプロデュースコラムは、

圧倒的成果を上げ続ける幸せな起業家・事業家・
ビジネスオーナーを輩出するプライベート・コンサルティング・
コミュニティ「THE COMMIT」

について、お届けしていきます。

このTHE COMMITは、
約20年の経営経験と、100種類を超える事業を手がけ
起業・経営者・ビジネスオーナー・セミリタイアの全てを経験した
菅野一勢(すがのいっせい)と中村司(なかむらつかさ)の2人が
主宰をしていらっしゃいます。

そして、そのお二人方がコミュニティを形成し、
圧倒的な成果で突き抜けるための全てを伝授します。

このTHE COMMITは2017年に
極秘で発足されたのですが、
全くビジネスを経験されていない方も含め
爆発的な成果が続出しました。

周りからも圧倒的に支持をされた結果
2018年も開講することが決定したのです。

それでは、今回のコラムでは
THE COMMITの主宰者の一人である
「菅野 一勢」さんについてご紹介いたします!

菅野 一勢(すがの いっせい)

合計20社、50億円規模の企業を経営する
ビジネスオーナーで、現在は
日本、シンガポールを中心に事業を展開されております。

メールもできない状況から2003年に
ネットビジネスに参入をされて、
わずか1年もかからずして年商1億円を売り上げます。

その後、数々の実践で培った経験から 
2005年よりネットコンサルティング事業を開始。

コンサルティングの参加者からは、
1億、5億、10億を超える年商の参加者が続出し、
菅野一勢さんは、「情報企業のパイオニア」と
呼ばれるようになりました。

2006年には、
国内最大のASP「インフォトップ(現:ファーストペンギン)」を創業。

その後も新規事業やグループ会社を
次々と立ち上げいき、事業の継承や売却まで
ご経験されています。

現在はシンガポールへ移住されておりますが、
海外移住中も、新規ビジネスを次々と立ち上げ、
遠隔でありながらも企業を成長させております。

また、20社のビジネスオーナーとして
起業塾の立ち上げ、講演活動、トークライブ、書籍出版など
多岐にわたるご活躍で「幸せな人生を歩むための教え」を
伝授されております。

ーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか。

このTHE COMMITでは、
ゼロから事業を始める方から、
事業をさらに拡大し、ステージをあげたい方まで
ご参加されています。

そして、
次々と圧倒的な成果が生まれているのですが、
それは、あらゆるビジネスを手がけてきた
菅野一斉の、本物の教えがあってこそです。

ゼロから一を立ち上げて、
様々な事業を、何倍にも拡大してきた実体験は
まさに本物です。

今回のTHE COMMITの2期でも、
本物の学びを伝授された方々の
今後のご活躍に、期待が募りますね。

こちらのライフスタイルダイアリーでも
現在開講中のTHE COMMITの
進捗をお伝えしていきますので、
お楽しみにお待ちくださいね。^^

次回は、THE COMMIT主宰者のもう一人である
中村司さんについてご紹介をしていきます!

以上、柳田厚志さんの
プロデュースコラムをお届けいたしました。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。^^

柳田厚志プロデュースvol.3 -The Reborn- Part2

こんにちは、
チアーズの秋山です。

お盆が終わったと同時に、
少しだけ朝晩が涼しくなってきたように感じます。

夏も徐々に
終わりに向かっていると思うと
少しだけ寂しくなりますね。

予報によると、
今週は、曇り空が広がり
涼しい日が続くとのことなので、
気温差で体調を崩さないようにお気をつけください。

さて、先週は、
柳田厚志さんがプロデュースした、

人生を根底から変えるプログラム、
–The Reborn— 【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】

の主宰者である、
三宅裕之さんについてお送りしましたが、
ご覧いただけましたでしょうか?

今や、文部科学省、厚生労働省といった
官僚向け、TOYOTAやパナソニック
三井住友銀行といった日本を代表する企業にも
研修を行っていらっしゃいます。

そして、中国やシンガポールでも
法人を経営されており、世界を舞台に
活躍されております。

そんな三宅裕之さんの、
数々の素晴らしい経歴に驚かれた方も
いらっしゃったかと思います。

もしも、前回の記事を
見逃したという方は、下記からご覧くださいね。

柳田厚志プロデュースvol.3 -The Reborn-
Part1

さて、今回は・・・

–The Reborn— 【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】

によって人生が
根底から変わる秘密について
触れていきたいと思います。

前回の記事でもお伝えしましたが、
このThe Rebornでは、

●「脳」「心」「体」に関する理論
●「自分」「他者」「社会」との繋がり

をすべて統合させた
自己実現を達成する【三宅式ホリスティックコーチング】が
網羅されています。

●「脳」「心」「体」に関する理論

三宅裕之さんは、
心と脳のハイパフォーマンスは、
健康な体の土台があってこそだとおっしゃいます。

リボーンでは、
運動やエクササイズによって
心と脳の能力が最大限発揮できる
土台作りをしていきます。

その上で、
三宅裕之さんが世界で学んだ叡智で
心と脳を同時にアプローチしていきます。

実際に、三宅裕之さんは
「脳」「心」「体」
すべてからのアプローチでないと、
人は変われないという公式を生み出し、
5000人以上の方の、目標達成を叶えていらっしゃいます。

●「自分」「他者」「社会」との繋がり

「脳」「心」「体」のアプローチをベースに
まずは「自分とつながる」ことから始まります。

「自分とつながる」=ビジョンを策定し、自分自身を動かす

というファーストステップで
自分の使命を見つけていきます。

また、自分のビジョンを
達成しようとする時は、
必ず「他者」が関わってきますよね。

何かをお願いしたり、
他人の協力が必要になったりと、
「他者」との関わりは、自己実現をするためには
避けて通れない道となります。

そこで次なるステップが
「他者とつながる」ことです。

他者を思い通りに動かすことができれば
自分のビジョン通りに、物事は好転していきます。

The Rebornでは
自分のビジョンを達成させる
「他者」の動かし方についても
学ぶことが可能です。

そして、
他者を動かしていくステージに達すると
リーダーシップを発揮して
人をリードしていかねばなりません。

そのためには、
コミュニティや社会との関わり方を
学ぶ必要があります。

そこで、
このステージに必要なスキルが
「場とつながる」こと。

The Rebornでは
同じ空間にいる人はもちろん、
その環境や場所の使い方、リードしていく方法で
場を繋がる事を体感していただけます。

そして、
The Rebornの最終ステップでは
時間軸や空間軸を超えた
「すべてとつながる」こともお伝えしています。

すべての場において、
自分自身が主人公となることで、人生を好転させ、
豊かに生きていくことができます。

実際に、The Rebornを
自分のために受講したつもりが、
結果的に家族関係や、職場関係がよくなったという
波及が生まれているのです。

これが
-The Reborn-【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】で
自分の人生を根本から変え、豊かになっていく秘訣です。

巷には
たくさんの目標達成術や
人生を変えるノウハウがあふれていますがー

それにも関わらず
理想の人生を歩めている方は
そう多くはないでしょう。

それは、巷のノウハウが
人生を変える、理想を叶えるための
根本的な部分にアプローチができていないから
とも言えます。

ですが、この
The Reborn【ザ・リボーン・マスターマインドプログラム】は

「脳」「心」「体」「自分」「他者」「社会」

といった、
すべてを同時に磨いていく
世界初の人生変革メソッドです。

おかげさまで、
柳田厚志さんがプロデュースをしてから、
このThe Rebornは大反響を呼び続け、
理想な人生を手に入れた方が続出しております。

今年も3期目が募集させていただき、
多くの方々にご参加いただきました。

3期目も、ご参加者さまが
どのような理想の人生を歩まれて
どのようなドラマが生まれるのか
本当に楽しみでなりません。

今後、
このライフスタイルダイアリーで
The Rebornの進捗などもお伝えできればと思いますので
ぜひ、お楽しみにお待ちくださいね。

それでは、
本日も最後までお読みいただき
誠にありがとうございます。

素敵な週末をお過ごしください。^^

柳田厚志プロデュースVol.2-【NS6】Part 1

こんにちは、 チアーズの秋山です。

台風が過ぎ去って、 お天気に恵まれた地域が多いようですね。

お盆休みも目前に迫り、
家族やお友達、パートナーとの出かけを
心待ちにされている方も多いでしょう。

気分をしっかりリフレッシュして
充実した連休をお過ごしくださいね。

さて、前回の記事では、
弊社代表の柳田厚志がプロデュースをした
BMA【ボディーメイク・アカデミー】についてご紹介をしました。

BMAの誕生秘話やBMAの主宰者であり、
パーソナルトレーナーとして大活躍されている谷けいじさんについて、
お分かりいただけたかと思います。

すでに記事をご覧の方はご存知だと思いますが、
起業を夢見て、行くあてもないまま
スーツケース一つで上京するなんて驚きですよね。

きっと、心の熱い情熱が
谷けいじさんを突き動かしたのだと思います。

BMA【ボディメイク・アカデミー】の記事をご覧でない方は
以下のリンクからご確認いただけます^^

柳田厚志プロデュースVol.1- BMA【ボディメイク・アカデミー】Part 1

柳田厚志プロデュースVol.1- BMA【ボディメイク・アカデミー】Part 2

さてさて、引き続きライフスタイルダイアリーでは
柳田厚志のプロデュースコラムをご紹介します。

今回ご紹介するのはー

英語を勉強せずにペラペラ話す
「新型ネイティブスピーカー」を養成する6ヶ月間プログラム、「NS6」です。

この「NS6」は、
コンテンツの販売開始1時間で運営サポートの限界を超え、
急遽販売を中止したという経緯から伝説的プロジェクトとも言われています。

そして、まったくの英語初心者の方や、
今まで何をやっても英語が話せなかった方が
このNS6のメソッドを実践したところ、
英語がペラペラと話せるようになりました。

そんな「NS6」を主宰するのが、
英語界のブラックジャックこと、藤永丈司さんです。

「学歴や才能は一切必要ありません。
“あるコツ”をつかむだけなんです」

と語る藤永丈司さんは、
どんな初心者も勉強をさせずに
短期間でネイティブにさせるカリスマでもあります。

今回は、そんなNS6の主宰者である
藤永丈司さんについてご紹介していきます。

▼藤永丈司

初心者を短期間でネイティブにする英語界のブラックジャック
カリスマ講師 
上智大学比較文化学部(現:国際教養学部)卒 。
TOEIC990(初受験満点)、英検1級、小学校英語指導者資格、
ニンテンドー3DSソフト 「TOEICテスト超速トレーニング」スペシャルアドバイザー、
芸能人への個別指導、英会話教室、TOEIC講座、企業研修、他。

著者自身の受験英語への疑問や登校拒否といった苦い体験から、
文法や暗記などといった従来の学習を180度違う角度から切りこみ、
短期間で「英語回路」を身につけるメカニズムを発見。

また、10年以上にわたる海外生活から、
外国人の英語習得の早さと相対する日本人の遅さの違いを
同時に徹底的に解読・研究を繰り返すことで、
日本人へ「英語回路」を植え付ける仕組みを解明。

日本人には日本人独自の習得方法があることを見出し、
母国語を自然に覚えるメカニズムに
独自言語習得法と本来人間が持っている爆発的な潜在能力を融合する事で、
そのプログラムの効果を確実なものとしている。

著書にベストセラーシリーズ累計10万部『「超速」英語プログラム』
『なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?』他多数。

▼学年425番中425番の最下位だった

藤永丈司さんは、もともと大の勉強嫌いで、
机に座ることでさえできない野球球児でした。

そのため、学校に行くも授業には出席せず
グラウンドで黙々と練習をしていたこともあったそうです。

選択式のテストでさえも、
100点中2点を取り、 逆に先生から感心されるほど。

そんな落ちこぼれだった藤永丈司さんに
勉強の火をつけたのが、当時英語のクラスを担当していた一人の教師でした。

▼カリスマ英語教師の始まりは「先生を見返す!」反骨心だった

その英語教師から言われた一言が、

「お前なんかどうせ進学できないから、みんなの邪魔はするなよ」

でした。

この教師の、
上から物を言うような発言が嫌いだった藤永丈司さんは
「見返してやる」という反骨心から、 英語の勉強を始めました。

猛勉強を始めて、試行錯誤を繰り返した結果、
見事、難関とも言われる上智大学に合格します。

▼藤永式の英語学習法でTOEIC満点

「英語ができる人」を判断する指標として
TOEICという英語試験があります。

そこで藤永丈司さんは
一切の対策もせずに、初受験で満点(990点)を取ってしまうのです。

難関とも言われる英検一級もラクラク取得。

でも、特別な勉強や単語帳、文法を暗記したりはせずに、
このNS6のキーとなる学習法だけでこの成績を収めたと言います。

▼世界中で活躍する日本人を増やす

藤永丈司さんのビジョンは、
東京オリンピックまでに5000人の新型ネイティブスピーカーを輩出することです。

現在は、英語学習で挫折する人たちを減らし、
世界中で活躍できる日本人を増やすために、
自らがたどり着いた勉強法を、世に普及していらっしゃいます。

と同時に、未来の子供達が世界中で活躍できる環境を作るために、
ボランティアで、近所の子供達に英語を教えています。

いかがでしょうか? 落ちおこぼれだった頃から
カリスマに成り上がったという経験に
勇気をもらえた方も多いのではないでしょうか。

NS6では、 藤永式の英語習得メソッドで
「英語が話せるようになりました!」 という方が続出しています。

藤永丈司さんは、 書籍もいくつか出版をしていますので、
ご興味のある方はご覧くださいね。^^

本日は、 柳田厚志さんがプロデュースをした
新型ネイティブスピーカー養成プログラム「NS6」
の主宰者である藤永丈司さんについてお届けいたしました。

次回は、 コンテンツ部分の「NS6」について
さらにフォーカスした内容をお届けしますので、
ぜひお楽しみにお待ちくださいね。

それでは、 本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

柳田厚志プロデュースVol.1-BMA【ボディメイク・アカデミー】Part 2

こんにちは、
チアーズの秋山です。

 

毎日うだるような猛暑が続いていますね。

 

先日、日本一暑い街で有名な
埼玉県の熊谷市では、
史上最高の41.1℃を記録したと、
ニュースで報道されていました。

 

数字を聞いただけで汗が出てきそうです^^;

 

全国各地では、
熱中症が相次いでいるそうなので、
こまめな水分補給を心がけましょう。

 

さてー

 

前回は、
BMA【ボディーメイク・アカデミー】の主宰者である
谷けいじさんの経緯についてお届けしました。

 

記事をご覧頂いた方なら
お分かりだと思うのですがー

 

選手生命の危機を救ってくれた運動を
トレーナーとして世に広めて行き、
関わる方の人生を応援したいという
素晴らしい志の持ち主でした。

 

と同時に、起業の為に地元を飛び出し、
スーツケース1つで上京したなんて驚きですよね。

 

もしも、起業を志さなかったら、
このBMAは生まれなかったどころか、
柳田厚志さんと出会うことも無かったかもしれません。

 

さて、ここからは
前回に引き続き、

柳田厚志プロデュースVol.1-BMA【ボディメイク・アカデミー】

のPart 2をお届けします。

 

今回は、BMAが生まれたきっかけや、
プロデュースされた経緯についてお届けします。

BMA【ボディーメイク・アカデミー】

▼お母様の一言ですべてが始まった。

 

このBMAの誕生秘話は、3年前に遡ります。

 

当時、日頃の会食や暴飲暴食で
過去最高の体重を記録した柳田さん。

 

お正月に実家へ帰宅すると
柳田さんのお母様が言い放った、
「あんた太ったわねぇ」という一言から
BMAのストーリーは始まります。

 

柳田さんは、
過去のトレーニングでは、
挫折挫折の連続だったそうですがー

 

知人の紹介で
パーソナルトレーナーの谷けいじさんと出会い
柳田さんの身体と人生が
大きく動き始めました。

▼11kgの減量を達成。身体から人生が変わり始める。

 

谷さんとの
二人三脚をスタートを始めて3ヶ月、
83kgあった体重は72kgにまで落ち、
およそ11kgの減量を達成させます。

 

疲れ知らずの身体を手に入れ、
仕事のパフォーマンスが上がり、
ほぼ毎日、運動するようになりました。

 

柳田さんの人生が、
仕事、プライベート、ライフスタイルなど、
あらゆる面から好転し始めたのです。

 

そして、自分の身体を
自分でコントロールできる方法を
谷さんから学んだのです。

 

身体の変化から、
人生が変わる素晴らしさを体感した柳田さんは、
谷さんのボディメイクを
世の中に広めたい一心で、

 

「このボディメイクを、
オンラインでもできますか?」

 

と、谷さんに尋ねてみました。

 

これがきっかけで、
3年後に業界一位となる
BMA【ボディーメイク・アカデミー】が
誕生しました。

▼会員数約700名、ダイエット成功率「93.4%」

 

これまでに、
0期、1期、2期と開講してきたBMAは、
ついに会員数約700名を誇る、
日本一のオンラインパーソナルフィットネスへと成長します。

 

そして、実践者の、
ダイエットの成功率は93.4%を誇り、
一生リバウンド困らない
正しい知識と教養を学ばれ、

 

身体から人生を変えた方が続出しています。

 

・ウェディングドレスのモデルをはじめた方
・理想のくびれ、バキバキの6パックを手に入れた方
・身体の美しさを競うコンテストに出場した方
・うつ病の経験から、うつ病のカウンセラーになった方
・腰痛、肩こり、身体の機能が改善できた方

 

これらはほんの一部ですが、
開講の度に、多くのドラマが
このBMAから生まれています。

 

そしてー

 

現在、柳田厚志さんは
数々のフルマラソン、トライアスロンを次々と制覇。

 

今年5月には、日本最高峰で有名な
宮古島トライアスロン(スイム3km/バイク157km/ラン42.195km)に出場し
見事完走されました。

▼身体が変われば人生が変わる

 

BMAでは、次のビジョンを掲げています。

 

私たちは體育を通して人生を応援します

私たちは受講生が身体を変化を通じて心が変わり
人生が変わるサポートをします。

私たちは運動をインフラ化し日本人の基礎体力を上げることで
将来的な医療費、介護費の削減に貢献します。

 

0から始まったBMAも、
今や、業界でも圧倒的な
日本一の規模を誇るまでに成長しました。

 

今後の、BMAの開校は未定ですが、
身体づくりの素晴らしさ、健康の価値を
世の中に広めていく発信基地として
在り続けていきます。

 

次回の開校が決定した際は、
こちらのスタッフダイアリーでも
ご案内をしますので、
ぜひ、チェックをしてみてくださいね。

 

それでは、
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

次回も、柳田厚志さんのプロデュースコラムを
お届けしていきます!

 

どうぞお楽しみに!^^

柳田厚志プロデュースVol.1- BMA【ボディメイク・アカデミー】Part 1

こんにちは、

チアーズの秋山です。

 

猛暑が続いており、

熱中症患者が全国で続出していると

ニュースで報道がありました。

 

この暑さでは、無理もありませんよね^^;

 

気温差が大きいときは

休養でしっかり体を休ませたりと、

体調管理を怠らないように心がけましょう。

 

さてさてー

 

このスタッフダイアリーでは、 柳田厚志さんの、

・セールスレターについて

・サーフィンを始めたきっかけ

・プロデューサーの極意

・ライフスタイル

 

などなど、

柳田さんのパーソナルな部分に

フォーカスしたコラムをお届けしてきました。

 

ですが、 柳田さんがこれまでに

どんなコンテンツをプロデュースしてきたのか、

具体的にお伝えしていなかったかと思います。

 

そこで、本日からは

柳田厚志さんがプロデュースした

数々のコンテンツをご紹介していきます!

 

記念すべき第1回目は、

3年連続で開校され、業界でも大反響を呼んだ、 ︎

BMA【ボディーメイク・アカデミー】 についてお届けします^^

 

BMA【ボディーメイク・アカデミー】

谷けいじが学長を務める、

身体を変えて、人生を変える総合アカデミー。

 

約700名の会員と減量成功率93.4%を誇る、

日本トップレベルのオンラインパーソナルトレーニング・アカデミー。

 

BMAはわずか1年半で会員数約700名を擁し、

日本全国、世界各地に卒業生を輩出。

 

オンラインパーソナルトレーニング・オンライン・パーソナルフィットネスの

業界では、 日本一の規模を誇る。

 

「身体が変われば人生が変わる」をモットーに、

理想の身体に変わり、人生が好転する会員が続出中。

 

全世界どこにいても、精鋭トレーナー陣と一緒に、

最先端のトレーニングを通じ、健康的で理想的な

自分史上最高の身体を作るためのオンラインパーソナルジムであり、

身体と筋肉、栄養と食事などの正しい知識も学べるアカデミー。

 

この度、多くのリクエストにお応えして、2018年5月に第2期を開校。

ーーーーーーーーーーー

このBMA【ボディーメイク・アカデミー】は、

ボディメイクを通して身体を変えて、 人生を変えていくための

プログラムが受講できます。

 

巷には、 健康法や、ボディメイクメソッド、

◯◯でやせるといったような健康メソッドが溢れています。

しかし、その多くは 一時的には結果が良くても、

長期的には不健康になってまうような、 片手落ちなものがほとんどです。

 

というのも、 ダイエットで正しい結果が出るための、

根本的な部分へのアプローチが欠けているからです。

 

ダイエットに必要な本当に正しい知識をベースに

正しく実践ができていないから、 結果的にリバウンドをしてしまう、

というのが現状です。

 

そこで、 身体の根本的な、遺伝子レベルまでにアプローチし、

一生使える正しい知識で、正しい結果が出せて、

自在にコントロールできる身体を手に入れる、

BMA【ボディーメイク・アカデミー】が生まれました。

 

それでは、

柳田厚志さんがプロデュースしたBMA【ボディーメイク・アカデミー】を

全2回に渡ってご紹介しましょう。

 

今回は、 このBMAを主宰する、

メディアや雑誌でも引っ張りだこの

カリスマパーソナルトレーナー・谷けいじさんについてご紹介します。

 

柳田厚志プロデュースVol.1- BMA【ボディメイク・アカデミー】

 

▼谷けいじ Tani Keiji

香川県高松市出身

福岡大学スポーツ科学部卒業

ライフチアーズ合同会社 代表

パーソナルトレーニングジム レブルス 代表

パーソナルトレーナー

 

▼体操に明け暮れる日々

 

10歳から体操競技に打ち込み、

谷けいじさんは体操三昧の青春を送ります。

 

しかし、 不運にも17歳の時に腰椎椎間板ヘルニアを発症。

 

極度の座骨神経痛により体が全く曲がらなくなり、

選手生命の危機に瀕してしまいました。

 

あらゆる治療を試すも改善せず、先が見えない日々を過ごします。

 

そこで、途方に暮れていた時に、とある運動療法と出会いました。

 

そして、奇跡的にヘルニアの症状が改善し、

インターハイや国体で決勝進出を果たすのです。

 

▼トレーナーになることを決意

 

ヘルニアから 奇跡の復活を遂げて、

「運動には人を良くも悪くもする力がある」ことを知った谷けいじさんは、

自分の危機を救ってくれたトレーナーの姿に憧れ、

トレーナーの道へと歩み始めます。

 

福岡大学ではスポーツ科学を専攻。

大学卒業後は、イチロー選手や三浦知良選手のトレーナーとして有名な

オリンピックトレーナーのもとに半年間住み込みで研修をしながら、

怒涛の日々を過ごします。

 

あまりの厳しさに、脱落していく同期のトレーナーの方々が続出。

 

研修が終わる頃には、

人数も半分以下になっていたそうです。

 

厳しい研修を乗り越えた谷けいじさんは、

地元香川の、自分を救ってくれたジムで、

念願のジムトレーナーデビューを果たしました。

 

▼トレーナーとして患者と向き合う日々

 

谷けいじさんがデビューしたそのジムは、

「病院では諦めろと言われたけど、何とかしたい」という、

患者さんをはじめ、プロスポーツ選手のコンディショニング、

ダイエット希望者など、様々な症例を持った方が集まっていました。

 

その中で、谷けいじさんは

もう一人のトレーナーと二人三脚で、約600名もの患者さんと向き合いました。

 

そして3年が過ぎたころ、

今度は介護、医療のステージに移り、歩行困難、寝たきりの患者など、

「要介護認定」を受けた高齢者のトレーニング指導に従事します。

 

そこでは、運動によるリスクも伴うほどの、

非常にシビアな現場も経験したそうですが、

トレーナーとして、濃密な時間を過ごしました。

 

▼起業を目指し、スーツケース1つで上京

 

施設での、トレーナーとしての活動の最中、

今の自分の人生に違和感を感じた谷けいじさんは「起業」を志します。

 

そこで谷けいじさんは、

地元香川から飛び出し、スーツケース1つで上京。

金無し・コネ無し・人脈無しの日々をスタートしますが、

全く上手くいかず、友人宅で居候生活を送ります。

 

しかし、お客さんの集客、人脈の形成など、

あらゆる人との出会いを繰り返した結果、

「谷に頼めば、身体の事は解決できる」と口コミが一気に広がり、

超人気のカリスマトレーナーへと転身したのです。

 

▼パーソナルジムを設立、口コミで予約半年先待ち

 

2015年、品川で念願のパーソナルジム「レブルス」を設立した谷けいじさん。

HPなどの宣伝をまったくしないで、

口コミだけで半年先まで予約待ちの人気ジムとなりました。

 

そして2016年。

 

ある日、谷けいじさんは知人の紹介で、BMAの原点でもある

プロデューサーの柳田厚志さんと出会い、

パーソナルトレーニングを指導し始めました。

 

そして、あまりにも素晴らしい結果が出たため、

柳田厚志さんは、身体作りの価値を、世の中に広めたい一心で

谷けいじさんに、プロデュースの話を持ちかけます。

 

そこで、谷けいじさんのボディメイクメソッドを

オンラインでできるようにコンテンツ化した結果、

BMA【ボディメイク・アカデミー】が生まれたのです。

 

・・・

 

谷けいじさんは、これまで2歳から105歳まで、

Jリーガー、競輪選手、プロゴルファーなどのトップアスリートから

一部上場企業の経営者などのビジネスエリート層、 さらには、

寝たきりの高齢者まで、 マンツーマントレーニングを中心に

2000名以上のトレーニング指導を経験しています。

 

そして、

「體育を通して人生を応援する」ことをミッションに、

全国各地を飛び回り、身体作りの価値を発信し続けています。

 

メディアや雑誌での登場も多い谷けいじさん。

 

今後、ますますの活躍に胸が膨らみます!

 

今回は、柳田厚志さんのプロデュースした

BMA【ボディーメイク・アカデミー】の主宰者・谷けいじさんについて

お届けしました。

 

次回は、 プロデュースのコンテンツ部分である、

業界で日本一に輝いた、BMA【ボディーメイク・アカデミー】に

フォーカスしていきます!

 

本日も、最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

それでは、素敵な週末をお過ごしください^^