柳田厚志流「ライフスタイル」とは?

こんばんは、

チアーズの秋山です。

 

世の中には、

夢や目標を実現するために

人生を歩んでいる人はたくさんいます。

 

一方で、

 

多種多様な生き方や働き方、

自由なライフスタイルそのものを示す人は、

圧倒的に少ないと思います。

出典:世界一ふざけた夢の叶え方(フォレスト出版)

 

理想のライフスタイルを

実現させた柳田厚志さんは、こうおっしゃっています。

 

柳田さんは、

明確な夢や目標を掲げることなく、

15年前に掲げた 、

 

「毎日サーフィン出来る、最高の環境に大好きな家族と住み、

世の中に喜ばれるビジネスでがっつり稼ぐ」

 

という、 ライフスタイルを追求し、

すべてを実現させました。

 

現在は、弊社チアーズ代表として、

そして、プロデューサーとして大成功を収めています。

 

なぜ、柳田さんは

世間一般的な夢や目標にこだわらず、

「ライフスタイル」の追求を選んだのでしょうか?

 

今回は、

柳田さんのエピソードも踏まえ、

その理由を深堀りをしていきます。

 

 ◼︎「ライフスタイル」とは?

 

ライフスタイル【Lifestyle】

生活の様式・営み方。

また、人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

辞書によると

一般的な定義は、「生活様式」「個人の生き方」

といった意味がありました。

 

人生をどう生きるのか、

どのように暮らすのか、

ライフスタイルの一言には

深い意味が込められているようですね。

 

そして、今回のキモである

柳田厚志さんの「ライフスタイル」の定義がこちらです。

 

◼︎自分の存在をかけて成し遂げたい生き様

 

自分の人生をかけて、

本当にやりたいことをやって生きる。

これが、柳田さんが追求してきた「ライフスタイル」です。

 

決して、世の人が求めるような

画一化された「自由」ではありません。

 

自分の存在をかけて

本当に実現させたい生活、生き方のことを示します。

 

柳田さんに聞くと、サーフィン三昧の生活を、

心から、人生をかけて送りたかった、とおっしゃっています。

 

誰がなんと言おうと、

その実現に向けてひたむきに人生を歩んできました。

 

心から叶えたい、という真っ直ぐな気持ちが、

柳田さんの心の原動力になっていたのでしょう。

 

そして、皆さんご存知の「セカフザ」には

夢や目標ではなく、ライフスタイルを追求する理由について

次のように述べています。

世界一ふざけた夢の叶え方「通称:セカフザ」についての記事はコチラ

http://gerritburke.net/sekahuza-dream

 

◼︎日常の生活がなければ、幸せではない

 

大事にしているのは「日常」です。

どんなに歳を取っても、

どんなに偉くなっても、

どんなにお金を稼いでも、

どんなにやりたいことがあっても、

どんなに買いたいものがあっても

どんなに達成したいことがあっても、

1日は24時間 1年は365日。

朝起きて寝るまでの生活に、それほどのドラマはないわけです。

だからこそ大事なのは「日常」なのです。

だからこそ、大きなビジョンや夢といっても、

3年後、5年後、10年後の日常を

しっかり描いている必要があると僕は思うのです。

幸せは日常の中にしかないのですから・・・。

出典:世界一ふざけた夢の叶え方(フォレスト出版)

 

そしてー

 

幸せを感じるために私たちは生きているし、

だからこそ、夢や目標を持って取り組むわけですが、

”日常の幸せがなければ、幸せではない” そう思うのです。

日常の幸せというのは、本当にシンプルなことだらけですが、

でも、 その中で幸せを感じることが、大きな夢の実現への活力です。

出典:世界一ふざけた夢の叶え方(フォレスト出版)

 

柳田さんは、人生をかけて、

「日常の幸せ」を徹底的に追求しました。

 

そして、 理想のライフスタイルを実現させた今は、

日常の幸せが大きな活力を生み、 夢も目標も、

次々と実現されています。

 

もしもあなたがー

 

「やりたいこと、夢、目標が欲しい、でもそれがわからない・・・」

 

というのであれば、

まずは、理想のライフスタイルを

描くことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

その中に、本当に叶えたい夢や

実現したい目標のヒントが隠されているかもしれません。

 

それでは、 最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

明日からまた、

充実した一週間をお過ごし下さいね^^

10年後の自分を見つめる

こんにちは!

チアーズスタッフでお馴染みの、秋山です^^

 

1つ、あなたに尋ねさせてください。

あなたには今・・・

 

・叶えたいライフスタイルをお持ちでしょうか?

・叶えたい夢がありますでしょうか?

・その夢やライフスタイルに近づきたいと思っていますか?

 

そんなあなたに今日は、、、

とっておきの情報をお伝えします!

その内容を実際にやっていただくとー

 

・あなたの夢やライフスタイルが明確になります。

・日々の生活が徐々に、夢に向かって変わり始めます。

・毎日のモチベーションが上がり、毎日が充実するようになります。

・あなたの夢やモチベーションに近づき、叶えることができます。

・もちろん、人生が豊かになります^^ そしてー

 

実はこの方法、柳田厚志さんが、

湘南で愛する家族と暮らし、

好きな時にサーフィンをしながら、

世の中に喜ばれるビジネスを提供するという

念願のライフスタイルを叶えた強力な方法の1つでもあるんです。

そして、必要なものは

 

・紙

・ペン

・あなたの想像力

・あなたの好きな空間、場所

 

だけなんです^^

 

空いてる時間にするだけであなたの夢に近づける、

とっておきの方法を、ここだけでお伝えします。そのテーマは・・・

 

 

「10年後の自分を想像する」

ということです。

 

 

さあ、まずは理想の10年後を イメージしてみましょう^^

どこで、 誰と、 どういった仕事をして、

経済的にはどうなのか? そして、

1日、1年を どのように過ごしているのかを

具体的にイメージします。

 

もちろん

ワクワクすること、最高の1日をイメージすることに制限はありません(笑)

 

自分の心に耳を傾けて

理想の自分、

理想の環境

理想の暮らしを尋ねてみてください。

 

それでは、

どうやったらいいのかを

柳田厚志さんの方法を通してここからお伝えしますね。

 

1.「どこに住んでいるか?どんな家に住んでいるか?」

ここは深すぎず、ざっくりとイメージしてみましょう。

柳田厚志さんの場合、サーフィンができる環境でした。

それがたとえ、 オーストラリアでも、南国だとしても

波があってサーフィンができればよい、とのことでした。

 

2.「誰と住んでいるか?」

パートナー、家族、愛する妻、親友など

柳田厚志さんは大好きな妻、子供をイメージしていました。

 

3.「何をしているか?」

住んでいる場所で、どんな事業、仕事をしているのか。そして、

社会にどんな価値を提供しているのか?

を考えていきましょう。

柳田厚志さんと私たちは、株式会社チアーズのプロデュースを通して

世の中に喜ばれる、幸せのきっかけ作りをしています。

 

4.「あなたの経済面はどうなっているか?」

柳田厚志さんは、ビジネスを通して

がっつり稼ぐライフスタイルを選択しました。

 

5.「地域、社会のためにどういう貢献活動をおこなっているのか?」

自分だけではなく、社会のための活動もイメージします。

 

いかがでしょうか?

制限なく、好きなように想像すると、

なんだか心がワクワクしませんか?

 

気がつかないうちにニヤニヤしてませんでしたか?(笑)

 

それができたら、次は

実際の、理想の1日をイメージしましょう。

 

ここで、とても貴重な柳田厚志さんの、

最高の1日をご紹介します。

 

”朝5時に目覚めて、窓から見見える海を眺める。

僕はさっそく支度をして、サーフボードを抱えて

家から数メートル先の砂浜へと繰り出す・・・

・・・昼までにいつもの仕事をこなし

オーナーとして出資している会社の数字をチェック

お昼は仕事仲間とランチ、午後は読書したり、

新規事業の構想を練ったり・・・

・・・天気のいい日は、海の見えるウッドデッキで妻と一緒にワインを飲みながら夕食を楽しんでもいい。・・・”

 

素晴らしい1日ではありませんか(笑)大切なのは・・・

 

普段の生活でこのイメージを振り返る時間を作る

 

という事です。

 

忙しい1日こそ、自分の理想や夢というのは

日に日に、薄れていくものです。そしてー

 

その夢は 頭の中から消えてしまうのです・・・

 

私も、この学びを毎日のルーティーンに入れ始めてから

普段の生活に変化が起き始めました。

 

自分がイメージした理想のライフスタイルに関わるワード、例えば・・・

サーフィン

幸せ

社会貢献

といった言葉や広告が、以前よりも視界に入ってくるようになったのです。

 

つまり、

あなたがイメージした夢・ライフスタイルを

実際の生活に落とし込むことで

 

 

すべてのベクトルが

あなたの夢・ライフスタイルへと向けられるようになるんですね^^

 

 

ぜひとも毎日、すこしの時間だけでできるので

あふれんばかりの想像力を解き放ってみてはいかがでしょうか?

 

 

6月もすでに始まっているので

1日1日を、有意義に過ごしましょう^^

「働く」ということ

Aloha!

こんにちは!チアーズスタッフの秋山です^^

朝起きてすぐに、太陽の光を浴びる。

これは私には欠かせない朝の習慣なのですが

なんだか今日はとても暑い、、、

天気予報によると

今日は30度まで気温が上がるそうです。

夏本番に向けて、季節もだんだんと変化していますね。

今日は、「働く」についてお話します。

新卒の人たちが入社してから、そろそろ2ヶ月。

研修も無事終えて、これからは社内の各部署に

配属されるタイミングだと思います。 そして、

 

新入社員を受け入れた会社もビジネスを拡大していくため、

ビシバシと彼らを鍛えていくことでしょう。しかし、

 

すでにニュースでは、退職した人、会社が自分と合わない、といった

ネガティブなニュースが流れているんですね。

なぜでしょうか??

 

なぜ、 働く事が楽しいという人と

働くことがつまらない人が出てくるのでしょうか?そして・・・

この話題は毎年尽きることがありません。なぜなら、

新卒で入った社員が 3年以内に3割が辞めてしまうのです。

 

なぜでしょうか??

辞めてしまうことにはいくつか理由があります。

・理想と現実のギャップ

・残業の多さ

・給料の少なさ

・人間関係、、、etc

 

ネットで検索してみるとまるでキリがありません。さらに、

この5月、6月で 新入社員は、

退職について考え始めるようになります。 と同時に、

転職について悩み始めます。

 

まず、うまくいっている人というのは

・自分のことをよく知っている。

・しっかりとしたキャリアビジョンがある

・自分の将来の理想がある

・会社で成し遂げたい事が明確である。

といった条件を満たしている人です。

 

逆に、3年以内に辞めてしまう人は

上の条件が否定形になってしまっています。

 

前回の投稿でも話しましたが、 柳田厚志さんは

自分のライフスタイルにおいて

人生のゴールやビジョンを定めることの大切さを語っています。

 

もし、道に迷っても、目指すべきものがわかっているので

そこに向かって再び走ればいいんですね。

私たちが普段してる 電車の乗り換えのようなものです^-^

しかし、これ以上に大切なことがあります。

 

これを知っていて働くのか

これを知らないで働くのか、では

出世にも、収入でも、大きな違いが出ると

私は思うのです!それは・・・

 

「働く=喜びを与えること」です^^

 

諸説ありますが、「働く」の由来は

「傍(はた=他人)を楽にすること」 と言われています。つまり、

 

人が動くことによって、

他人を楽にしてあげる、そして・・・

 

幸せ・喜びを与えること

なんですね。

 

だから「働く」という漢字は

「人のために」と「動く」が含まれているんです。

やりがいを感じるのはここの意識があって、初めて感じるものなのです。そして

 

やりがいを感じ始めたら、 仕事をする、働くことが楽しくなるでしょう。

もっともっと、次の月曜日がもっと楽しくなるんです。

だって、月曜日から、人を喜ばせることができるのですから^^

自分が満たされないのに、

仕事でお客さんを満たすことが

はたして、できるのでしょうか?

柳田厚志さんは「世界一ふざけた夢の叶え方」でおっしゃっています。

 

・サラリーマンにとって、一番に貢献すべきは給料をくれる社長です。

・会社そのものに貢献し、会社からも「コイツには辞めてもらいたくない」

 という存在になることが不可欠です。

・自分のお世話になっている会社の社長すら満足させられず、

 同僚からの支持も得られなくて、どうして起業してやっていけるのでしょう。 ・仕事は呼ばれるもの。だから、今いる場所で、スーパー貢献する。

 

柳田厚志さんは前職のフォレスト出版でも

担当部署、会社、そしてお客さんから

「働く」を通して多くの信頼を得ました。

そして柳田厚志さんがいた部署は、

今ではフォレスト出版にとって

なくてはならない事業となったのです。

 

「働く」とは自分のためだけ、ではないのです。

 

世界中の人に喜びを、幸せを。 そして、

 

私たち株式会社チアーズもこの想いを大切にして、

幸せのキッカケをプロデュースしていきます。 さらに、

 

この世の中に月曜日が楽しみになる人、いや、

毎日が豊かになる人たちで溢れたら

 

もっと日本はいい国になる、と

私は思うのです^^

 

多くの人たちが幸せを感じる時代になるように

柳田厚志さんと同じく、私も動いていきます!!

「予祝」のすゝめ

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です。

最近は気候も暖かくなり、

夏がだんだんと近づいてきてますね。

 

この時期になると、

心地よい潮風と太陽の下で サーフィンをするのが、

とてもとても気持ちがいいのです。

 

そんな私達、チアーズは先日ハワイから帰国しました。

弊社代表の柳田厚志さんが、

ハワイで行なわれた ホノルルトライアスロンに出場したので

スタッフ一同、社長の勇姿をしっかりと見届けさせていただきました。

 

一歩も歩かず、完全制覇を成し遂げた鉄人、柳田厚志さん。

私たちも、その姿に心を打たれました。

ここで一つ、私に夢を宣言させてください。

 

来年は、なんと

私も、ハワイでのトライアスロンに出場いたします!

 

遠い先の夢として心の片隅に置いていたのですが

先に叶えてしまおうと思います^^

 

『先に夢を宣言する』

 

これは、セカフザでも書いてあるのですが

もし、あなたが何か叶えたい夢や目標がある時に

 

『予祝』をしてみてはいかがでしょうか?

 

これは何かというと

先に夢を叶えた自分になりきって 仲間と喜び、

先にお祝いをすることで

その夢が現実になりやすくなる、というものです

元々は日本古来の考え方で

秋に実るお米の豊作を願い、

人々は桜の木の下に集まり、仲間とお酒を交わすのです。

これが現代の『お花見』の由来にもなっています。

柳田厚志さん、ひすいこたろうさん、菅野一勢さんも

恐ろしいほどの効果がある、とおっしゃっており

セカフザはこの3人の予祝がなければ

存在することはありませんでした。

そして彼ら3人は、月一で小さな居酒屋に集まり

「テイレイカイ」と称し、 夢への進歩状況を報告し合い、

 

「お前なら出来る!」

 

と、背中を押しあったのです^^

そして、ここでもっとも大切なのは

 

「夢はラストシーンから描く」

 

ということなんです。

かの有名な映画監督、 スティーブン・スピルバーグが

短時間で 『バックトゥーザフューチャー』 『E・T』といった

ヒットムービーを生み出せたのは

見せたいラストシーンが

すでに決まっているから、

 

だそうです。

 

これを人生に例えてみましょう。

 

自分はどうなっていたいのか?

自分の人生のゴール、夢はなにか?

 

自分の理想に向かって そこから逆算して生きていく、

ということになりますよね。

目の前の事にフォーカスして

自分の人生を積み上げていく。

これも、経験を積み上げる上で

とても大切な事には間違いありません、しかし

 

もし、 それが何かのタイミングで崩れてしまって

あなたの最終的な目的地、夢や理想 を

示してくれる地図を持っていなかったとしたら

 

「これからどこへ向かっていったらいいのだろう、、、」

「一体何を目指したら、、」

 

あなたは、行き場を失う瞬間があるかもしれません。しかしー

 

最終地点さえ決まってれば

そんな時でも揺らぐことなく

自分がどこに向かえばいいのか

再び、歩むことができるでしょう^^

 

柳田厚志さんは 在学中、周りの人が就活や大学院に進む中

具体的な夢というものがありませんでした。しかし、

 

卒業後のオーストラリアでサーフィン三昧の生活を過ごした後、

1つだけ、心に決めたことがありました。それは、

 

「毎日大好きなサーフィン出来る

 最高の環境に大好きな家族と住み、

 世の中に喜ばれるビジネスで、がっつり稼ぐ!」

 

という夢、つまり

 

将来の自分の「あり方」を決めたのです。

 

柳田厚志さんも、「あり方」が根底にあれば

「やり方」は変えていけるおっしゃっています。

 

そこが理想のゴールとして定まれば

そこに向かって人生の舵をとればいいのです^^

 

そして、

柳田厚志さんは湘南に海のすぐ近くに一軒家を建て

大好きな家族に囲まれ

大好きなサーフィンをしながら

ビジネスでも人々に幸せのきっかけを与えています。

 

自分が将来、もしくは10年先、

「自分はどうありたいのか?」

 

少し迷った時には一度立ち止まって

自分の声に耳を傾けてみてください。

 

きっと忘れかけていた少年のような自分が

心のどこかにいるはずです。

 

直近ですが私は来年に、夢であったトライアスロンに出場しますので

近々、コースを制覇した自分になりきって

セカフザ仲間と「予祝」をしたいと思います^^

世界一ふざけた夢の叶え方

どうもこんにちは!

チアーズスタッフの秋山です!

最近は、気温も風も心地よく

とても過ごしやすいようになってきましたね^^

 

ところで 皆さんはご存知でしょうか?

この世の中には、あなたの夢を史上最速で叶える方法があるんです。

実はこの方法、世界一ふざけているのに

秘められたすごいパワーがあるのです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014年、夢を叶えたい日本人のために、

ある1つのバイブルが誕生しました。

その名も

 

「世界一ふざけた夢の叶え方」

 

この本は通称「セカフザ」とも呼ばれ

ベストセラー作家・ひすいこたろうさん

情報起業家・菅野一勢さん

弊社代表・プロデューサーの柳田厚志さん

の3人が共著で出版しました。

 

そして彼らには夢がありました。

 

ひすいこたろうさんは

「出版していきなりベストセラー」

菅野一勢さんは

「年収一億円プレイヤー」

柳田厚志さんは

「サーフィンしながら自由に働くライフスタイル」

 

 

彼らは月1で秘密基地である居酒屋に集まり

「テイレイカイ(定例会)」を開き

「お前ならできる!」 と、お互いを励まし合い

夢の進歩状況を報告するようになります。

するとどうでしょう

 

彼らの夢はたった1年という

最速の速さで叶ってしまったのです。

 

 

柳田厚志さんは、実質3年かかったものの

転職した出版社で配属された

新規部署の売り上げを10倍にして

史上最年少部長へと成り上がったのです。

 

それだけではありません。

 

ひすいこたろうさんは「三秒でハッピーになる名言セラピー」で

シリーズ累計60万部を超える大ヒット。

 

菅野一勢さんは、100億円企業のオーナーへ。 そして

シンガポールへ移住し、セミリタイア生活を満喫中。

 

柳田厚志さんは、湘南の海近くに一軒家を建て

波があればいつでもサーフィンができる

理想のライフスタイルを手に入れました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうでしょうか? いたってシンプルな方法ですが

 

夢を語り合う仲間がいることで

あなたの夢が最速で叶うんです。

 

「早く行きたければ一人で行きなさい。

遠くに行きたければみんなで行きなさい。」

 

これは「世界一ふざけた夢の叶え方」

でも書かれている

アフリカの古いことわざなのですが

セカフザでは、こう解釈します。

 

「早く行きたければ仲間と行きなさい。  

 遠くに行きたければ、

    やっぱり仲間と行きなさい。」

 

1人でも、夢は叶える事ができます。 しかし

仲間と夢を共有しあい、応援しあうことで

たとえ1人で10年かかる夢でも、

仲間となら1年で叶えられるのです!

 

子供の頃は、誰しも夢を持っていました。

純粋に、そしてひたむきに叶えようとしていませんでしたか?

 

大人になればなるほど、周りの環境に合わせてしまい

夢を描いていた自分は、心から消えていってしまいます。

大人になって、自分の夢を

正直に追求する人はあまりいないかもしれません。

 

でも、この本を見てしまうと

 

「夢は、叶えられるものなんだ」

 

と気づくことができます。 そして

あなたの中に眠っている

未知なる可能性が引き出されてしまうかもしれません^^

 

 

世界一ふざけた夢の叶え方

とても手に取りやすく、サクサクと読めてしまうんです。

私は1日で読破してしまいました^^

 

あなたも、セカフザ仲間を手に入れて

共に夢を最速で叶えませんか?

夢を叶えるバイブルはこちら → http://sekafuza.com/