柳田厚志さんのご紹介

こんにちは、

チアーズスタッフの秋山です。

 

ものすごく、ご無沙汰になります^^;

厳しい寒さが続いていますが、 いかがお過ごしでしょうか?

 

新年が明けてから、

あっという間に1ヶ月が過ぎましたね。

 

新年に誓った目標は、

今もしっかり覚えていますでしょうか。

 

目標があることで、

習慣も過ごし方も変わり、

毎日、活き活きと過ごせるでしょう^^

 

柳田厚志さんも、 夢のライフスタイルを叶えられたのは、

目標を達成してきた、 小さな成功体験の積み重ねによるもの、

とおっしゃっていました。

 

そのプロセスがあったから、

自信もスキルも、 後天的に身につき、

結果的に大成功という実績を手に入れました。

 

一歩づつ、成功体験を積み重ねて、

やりたいこと全てやりきって、

今年は最高の一年を送りましょう!

 

さてー

これまでに、

柳田さんに関するアレコレをお伝えしてきました。

 

ですが、

私は1つ、肝心なことを忘れていました。

 

柳田厚志さんの自己紹介です。

 

柳田さんが、

プロデューサーに至る経緯を お伝えしていませんでしたので、

今日は、簡単に、 柳田さんの自己紹介をしたいと思います。

 

ーーーーーー

【柳田厚志】

株式会社チアーズ代表取締役 /フリーサーファー/トライアスリート/社会投資家

 

柳田さんは、

愛媛県の松山で、

プロを夢見て高校野球に没頭していました。

(親は諦めていたそうですが・・・)

 

高校卒業後、静岡大学へ。 そして、

ラフティングのプロガイドを目指すべく、

大学卒業後、オーストラリアへ旅立ちます。

 

しかし、

世界一住みたい街ランキング1位の都市になった『バース』で、

サーフィンと運命の出会いを果たしました。

 

サーフィンは、

柳田さんの人生のターニングポイントです。

 

また、 旅の道中で、

サーフィンの聖地・『バイロンベイ』にたどり着き、

素敵な老父婦の経営するゲストハウスで働きながら、

朝晩サーフィンに明け暮れます。

 

そこで、

『好きな時にサーフィンが出来るライフスタイルを送る』

と、 本気で叶えることを決意しました。

 

帰国後、

「2年間だけ働きます」と宣言し、 英会話のベンチャー企業に就職。

 

そこでは、

常にトップセールスを維持します。

人気講師のスピンアウトセミナーや 講座の企画、集客、開催など、

幅広いステージで活躍。

 

その活躍から、数多くの社長賞を受賞します。

 

2年後には、 『3年だけ働かせてください』と再び宣言し、

プロデューサーの原点である『フォレスト出版社』へ。

 

当時、フォレスト出版社は、

編集者(経験者)を募集していましたが、

柳田さんは、条件を全く無視し、笑顔だけで入社します(笑)

 

そして、

セミナーや教材を企画する、 怪しげな情報企画部に配属されました。

 

しかし、

箱田忠昭先生、竹田陽一先生、 平賀正彦先生、石井裕之先生など

超一流の先生と、セミナーや教材を企画し、ことごとく成功させ、

史上最年少で部長に昇進したのです。

 

石井裕之先生の5000人セミナーを成功させ、

東京フォーラムを満席にした金字塔も建て、

一万人以上が参加している目標達成プログラム

『ダイナマイトモチベーション』の 企画、集客、販売を成功させ、

ベストセラーになっています。

 

柳田さんの活躍もあり、

当時配属していた部署は、入社時の10倍の業績になりました。

 

輝かしい業績を残し、 2008年にフォレスト出版を独立。

株式会社チアーズの代表に就任しました。

 

プロフェッショナルのプロデュースから、

セミナー、コンテンツの企画、製作、販売を手掛け、

著者や各界のプロフェッショナルと、

 

学校では教えてくれないけど、

幸せな人生に必要なライフスキル

 

 

を伝授する教育プロジェクトを多数プロデュースし、

述べ50万人以上に届けてきました。

 

現在も、 ライフスタイル、投資教育、次世代ビジネス、

言霊、語学、フィットネスなど、 参加者の人生が変わる、

数々のプロジェクトを大成功に導いています。

 

さらにー

 

企画、マーケティング、集客、セールス、サポート、

顧客満足度、ユニークさの全てを最高レベルで実現させる

名プロデューサーとして、 業界だけでなく、

お客さんにも熱烈なファンが多いのです!

 

柳田さんのビジョンは、

新しい生き方、ライフスタイルを

自らの背中で示し、子供たちに夢と希望を与えること

 

現在は、

フリーサーファーだけでなく、

トライアスリートとしても、世界にも進出していきます。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

 

数々の功績を挙げ、

多くのファンに愛され、大成功を成し遂げた柳田さん。

 

そのウラでは、

誰よりも働き、 朝早く来てトイレや床を掃除していたそうです。

 

このようにして、

柳田さんは、 社内から、講師の先生、 お客様の信頼を、

着実に積み重ねたから、 プロデューサーとして開花したのだと思います。

 

セミナーサポートをしていて、改めて思ったのですが、

柳田さんは、ファンが本当に多いんです。

 

これは先生方に限らず、 お客様からも、

すごい愛されています。

 

もちろん、

これまでの経験やスキルが

大きな要因の一つであることは間違いありません。 でも・・・

何はともあれ、

お客様の人生を、第一に考えているから

 

 

だと感じました。

 

人生のきっかけになるのだから、

最高のものをプロデュースしたい

 

 

そのひたむきな心の想いが、

最高峰のプロデュースを生み出しているのですね。

 

どれだけ真剣に心を傾けたか?

 

柳田さんの言葉を聞くたび、

あの、石井裕之先生の言葉が頭によぎります。

 

この言葉は、

今年の私のテーマでもあるので、

常に自分へ投げかけてみようと思います。

 

それでは、

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

明日も、 良い1日をお過ごしください。^^

【次世代プロデューサー養成講座】第1回目お疲れ様でした!

こんにちは。

チアーズのAD、秋山です。

 

寒い日が続き、 鍋やスープといった、

温かい料理が 恋しくなる季節を迎えましたね。

 

先週は、 3回もの鍋料理を作り、

身も心も、ポカポカで大満足でした。

 

特に、

生姜やネギ、大根といった野菜は、

体を温めてくれる働きがあります。

 

冬の料理に一手間加えて、

体を温めてくれる食事を心がけてみては、いかがでしょうか?

 

朝食に摂取すれば、 寒い出勤の朝だとしても、

ポカポカした体で外出できますよ^^

 

ーさて。

 

今回は、 あのプロジェクトの

プチ報告をしたいと思います^^

 

先週末の話になりますが、

次世代プロデューサー集団『ザ・ハナサカス』の記念すべき、

第1回目講義が開講してー

 

無事に、しかも

大盛況で終えることができました!!!

 

次世代プロデューサーの皆さん、

本当にお疲れさまでした。^^

 

週末の2日間に渡って、

弊社代表の柳田厚志さんが教壇に立ち、

門外不出のプロデューサーノウハウが

史上初の大公開となりました!︎

 

数々の伝説的プロデュースが生まれたきっかけを、

間近で 学ぶことができたこの時間は、

お金には変えられない、まさにー

 

プライスレスです。

^^^^^^^^^

 

受講生の立場で、私も講座で学ばせていただいたのですが、

中身のない小手先のテクニックや、

ただの眉唾もの、ではありませんでした。

 

それ以上に、

柳田厚志さんのプロデューサーとしてのマインドセットや、

大切にしている指針、そしてー

 

プロジェクトを通じて生まれる、

お客さんへの切実な想いが、何よりも大切であること

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

を柳田さんは、伝えていました。

 

相手の気持ちを考えて書く。

読み手は誰なのか。

自分の文章を読んだとき、相手はどう思うだろう。

 

ここには書ききれないほど、

今までの経験に基づいた、コピーライティングの深い部分さえも、

もちろん、満遍なく、です。

 

しかし、

この講座で初めて、

文章や言葉の大切さを学ぶ方にとっては、

 

ここまでやるのか!?

こんなところまで考えていたのか!?

 

といった考えが頭によぎった人も、

少なからず いらっしゃるかと思います。

 

当日、 私も同じく思いましたから(笑)

 

でも、

逆に言えば、これほど相手の立場に立って書くからこそ、

私たちの心に響くメッセージが生まれる、

といったルーツを教えてくれました。

 

そこには、

天才プロデューサーとしての、

責任の表れが、醸し出ているような気がします。

 

以前、 プロジェクトに関わる全ての人が

ハッピーになるように考えている、

と柳田厚志さんは、おっしゃっていました。

 

その言葉を、当日の講座中に思い出した私は、

1つ腑に落ちたことがあります。それは・・・

 

お客さんの幸せに、

真剣に向き合っているからこそ、柳田厚志は愛される、と。

 

そして、

この日の最後におっしゃっていた言葉が、

とても印象に残りました。

 

「どれだけ真剣に心を向けたか、が全てです。」

 

ここに、 柳田さんが多くの人に愛され、

天才プロデューサーと謳われる所以があったのですね。

 

第1回目の講座にもかかわらず、

本当に、本当に濃すぎる2日間だったと思います。

 

以上、 次世代プロデューサー養成講座について少しだけ、

お伝えさせていただきました。

 

上記の言葉にもある通り、

身の回りの小さな事からでもいいので、

『真剣に心を向ける』ことを意識して

生活してみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、

プロデューサーへの道は、

以外と近くにあるかもしれませんね^^

 

私も、 相手に向かって、

真剣に心を向けてみるトレーニングを始めようと思います!

 

講座の様子については、 今後、

スタッフダイアリーでも、 秋山からご報告していきます!

 

ぜひ、次回の投稿も

お楽しみにお待ちくださいね^^

 

それでは、 今日もいい1日になりますように!

「予祝」のすゝめ

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です。

最近は気候も暖かくなり、

夏がだんだんと近づいてきてますね。

 

この時期になると、

心地よい潮風と太陽の下で サーフィンをするのが、

とてもとても気持ちがいいのです。

 

そんな私達、チアーズは先日ハワイから帰国しました。

弊社代表の柳田厚志さんが、

ハワイで行なわれた ホノルルトライアスロンに出場したので

スタッフ一同、社長の勇姿をしっかりと見届けさせていただきました。

 

一歩も歩かず、完全制覇を成し遂げた鉄人、柳田厚志さん。

私たちも、その姿に心を打たれました。

ここで一つ、私に夢を宣言させてください。

 

来年は、なんと

私も、ハワイでのトライアスロンに出場いたします!

 

遠い先の夢として心の片隅に置いていたのですが

先に叶えてしまおうと思います^^

 

『先に夢を宣言する』

 

これは、セカフザでも書いてあるのですが

もし、あなたが何か叶えたい夢や目標がある時に

 

『予祝』をしてみてはいかがでしょうか?

 

これは何かというと

先に夢を叶えた自分になりきって 仲間と喜び、

先にお祝いをすることで

その夢が現実になりやすくなる、というものです

元々は日本古来の考え方で

秋に実るお米の豊作を願い、

人々は桜の木の下に集まり、仲間とお酒を交わすのです。

これが現代の『お花見』の由来にもなっています。

柳田厚志さん、ひすいこたろうさん、菅野一勢さんも

恐ろしいほどの効果がある、とおっしゃっており

セカフザはこの3人の予祝がなければ

存在することはありませんでした。

そして彼ら3人は、月一で小さな居酒屋に集まり

「テイレイカイ」と称し、 夢への進歩状況を報告し合い、

 

「お前なら出来る!」

 

と、背中を押しあったのです^^

そして、ここでもっとも大切なのは

 

「夢はラストシーンから描く」

 

ということなんです。

かの有名な映画監督、 スティーブン・スピルバーグが

短時間で 『バックトゥーザフューチャー』 『E・T』といった

ヒットムービーを生み出せたのは

見せたいラストシーンが

すでに決まっているから、

 

だそうです。

 

これを人生に例えてみましょう。

 

自分はどうなっていたいのか?

自分の人生のゴール、夢はなにか?

 

自分の理想に向かって そこから逆算して生きていく、

ということになりますよね。

目の前の事にフォーカスして

自分の人生を積み上げていく。

これも、経験を積み上げる上で

とても大切な事には間違いありません、しかし

 

もし、 それが何かのタイミングで崩れてしまって

あなたの最終的な目的地、夢や理想 を

示してくれる地図を持っていなかったとしたら

 

「これからどこへ向かっていったらいいのだろう、、、」

「一体何を目指したら、、」

 

あなたは、行き場を失う瞬間があるかもしれません。しかしー

 

最終地点さえ決まってれば

そんな時でも揺らぐことなく

自分がどこに向かえばいいのか

再び、歩むことができるでしょう^^

 

柳田厚志さんは 在学中、周りの人が就活や大学院に進む中

具体的な夢というものがありませんでした。しかし、

 

卒業後のオーストラリアでサーフィン三昧の生活を過ごした後、

1つだけ、心に決めたことがありました。それは、

 

「毎日大好きなサーフィン出来る

 最高の環境に大好きな家族と住み、

 世の中に喜ばれるビジネスで、がっつり稼ぐ!」

 

という夢、つまり

 

将来の自分の「あり方」を決めたのです。

 

柳田厚志さんも、「あり方」が根底にあれば

「やり方」は変えていけるおっしゃっています。

 

そこが理想のゴールとして定まれば

そこに向かって人生の舵をとればいいのです^^

 

そして、

柳田厚志さんは湘南に海のすぐ近くに一軒家を建て

大好きな家族に囲まれ

大好きなサーフィンをしながら

ビジネスでも人々に幸せのきっかけを与えています。

 

自分が将来、もしくは10年先、

「自分はどうありたいのか?」

 

少し迷った時には一度立ち止まって

自分の声に耳を傾けてみてください。

 

きっと忘れかけていた少年のような自分が

心のどこかにいるはずです。

 

直近ですが私は来年に、夢であったトライアスロンに出場しますので

近々、コースを制覇した自分になりきって

セカフザ仲間と「予祝」をしたいと思います^^