プロデューサーとは?

 

こんにちは、

チアーズメンバーの秋山です。

 

寒暖差が激しい日が続いていますが、

どことなく、春の訪れを感じるようになりましたね。

 

先週は、

最高気温が16℃を超えた日があったので、

少しずつ、衣替えを始めた方もいると思います。

 

もちろん、私もその一人です^^

 

また、体調を崩しやすい時期なので、

食事・休養のバランスを取り、健康に気を配りながら、

この寒さを乗り切っていきましょう。

 

さてー

 

これまでに、

柳田厚志さんの代名詞である、

『天才プロデューサー』

というフレーズを、これまで幾度とお伝えしてきました。

(その理由は後でお伝えしますが、本当に天才ですから^^)

 

あなたが「プロデューサー」を耳にした時に、

チームのリーダー的な、または秋元康のような

イメージを持つ方も、多いかもしれません。

 

私も、

真っ先に浮かんだのが、秋元康でした(笑)

 

100%間違っているわけではありませんが、

先頭に立って全体を率いるリーダーとは、

ちょっと違うんです。

 

そう言われても、

なんだか、ピンとこない人もいると思いますので、

もう少し、具体的にいきましょう。

 

リーダーとプロデューサーの違いは、

「大将」と「軍師」の違いに、例えられます。

昔むかしの戦国時代には、

軍の中心人物である、「大将」という人がいましたね?

 

大軍隊の指揮官、チームリーダーであり、

この大将の首が打ち取られたら、

戦は終わりを告げると言われてます。

 

大将の首を狙い、

何万もの人が一戦を交えることから、

最重要人物であることは間違いなさそうです。

 

その一方、

戦の命運を決める、重要人物がもう一人います。それが・・・

「軍師」です。

 

戦略、手法、相手の軍勢に対して、

どういったアプローチで戦を仕掛けるか、

戦の参謀者とは、この軍師のことを示します。

 

巧みな策略で軍を動かし、

相手を攻略する軍師の存在で、

戦の運命は大きく左右されるのです。つまりー

 

相手の戦術を読み解き、

それに対する戦略を生み出し、

戦の指揮を取る「軍師」は、責任重大なポジションなんです。

 

そして・・・

 

プロデューサーとは、

プロジェクトの企画から、マーケティング、

クロージング、運営といった全体のプロモーションを設計し、

全てを裏側から支える「影の立役者」です。

 

プロジェクトの責任者であり、

関わる全ての人、人生の責任者でもあります。そしてー

 

戦=プロジェクトという視点で着目すると、

「軍師」も「プロデューサー」も、

全体を請け負うという意味では、

どちらも同じ、最高責任者なんです。

・・・

 

いかがでしょうか?

 

ここまで、

ポジションの視点から着目してみましたが、

プロデューサーのイメージができましたか?

 

プロデューサーは、

いわば縁の下の力持ちであり、

先頭に立って先陣を切るリーダーとは、

視野もポジションも異なります。

 

そして、

全体を裏側から統括して支える、

最高責任者という意味のプロデューサーであることを

ご理解いただければと思います。

 

世間一般的には、

 

「スゴイ!」

「カッコイイ!」

 

というイメージを持たれがちなプロデューサー。

響きも聞こえもいいですよね。

 

しかし、

その裏側では、柳田厚志さんも含め、

最も責任を問われる、重要な存在なんです。

 

でも,

私が伝えたいのは責任感だけではありません。

やりがいも、ものすごいのです。^^

 

次回のダイアリーでは、

 

・プロデューサーが世の中に喜ばれる秘密、

・具体的にどんなことをしているのか?

・天才プロデューサー柳田厚志さんの成功事例

 

上記を交えてながら、

「プロデューサー」をより具体的に掘り下げて行きます^^

 

それでは、

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます。

 

2月も折り返し地点となりましたね。

寒さに負けず、身体を労わりながら、

今週も頑張っていきましょう。

 

秋山

株式会社チアーズとは?

 

こんにちは、

チアーズメンバーの秋山です。

 

朝晩の冷え込みが厳しい中で、

梅の花が咲いた、とのニュースを耳にしました。

 

ちなみに、

俳句の世界では、冬に咲く『早梅』は、

晩冬を示す季語らしいですよ。

 

ということは、

春の到来が、もう間も無くですね。

 

その一方で、

朝晩と日中は、寒暖差がありますので、

体調管理にご注意くださいね。

 

昨年の4月から始まった

このスタッフダイアリーも、

あと2ヶ月で、一周年を迎えます。

 

いつもいつも、

「柳田厚志 直伝 スタッフダイアリー」をご覧くださり、

本当にありがとうございます。

 

柳田厚志さん、チアーズのメンバーとともに、

みなさんの、人生のきっかけになる情報をお届けしていきます。

 

このダイアリーでの、

みなさんとの出逢いは、

きっと何かのご縁なんだと思います。

 

大げさではなく、

大真面目に、そう思います!笑

 

そうでなかったら、

このダイアリーを訪れるはずがありませんからね^^

 

この良縁から、

みなさんへ、何かを還元できたらと思っておりますが、

 

「もっともっと、チアーズの事を知ってもらいたい」

 

というところが、正直な想いでもあります。

 

ですので今回は、

初めましての方も、柳田プロデューサーを

知っている方も、私たちチアーズの自己紹介に

少しだけお付き合いください^^

 

私たちチアーズは、

人、ビジネス、教育、地域社会など、

あらゆるものをプロデュースする、総合プロデュース会社です。

私たちのビジョンはー

 

人生をハッピーにする

出逢いのきっかけを作り、

社会と地球に貢献していくこと。

 

 

そのためのミッションとして、

 

 

学校では教えてくれないけど

人生を幸せに生きるために必要な

ライフスキルを提供する

 

 

教育事業を行っています。

 

チアーズは、

これまでのプロデュースを通して、

50万人以上の人々に、

 

”人生がより幸せになるキッカケ”

 

を提供してきました。

そのすべてに共通することはー

 

“人生の質=Quality of Life”

 

を高めていくこと

 

人生の幸せは、

幸せなライフスタイルから生まれます。

 

弊社代表の柳田厚志さんは、

ある出来事がきっかけで、

 

「仕事だけ、趣味だけ、お金だけ

 

に偏った人生を歩むのではなく、

人生の質を高め、仕事もプライベートも、

豊かなライフスタイルを送ることを

心に誓いました。

 

日常の生活を高めることで、

より良い人生を実現できる事を

身を以て体感しました。

 

その学びを、身の回りだけではなく、

私たちは、もっと世の中に伝えていきたいのです。

 

理想の人生を叶えるためのライフスキルを通じて、

日常の生活の中に豊かな、そして

幸せな人生が待っている事を。

 

私たちは、

“人生は出逢い”

 

 

だと考えます。

 

出逢いによって、人生は始まり、

出逢いによって、人生は変わり、

出逢いによって、人生は何度でも生まれ変わります。

 

そんな不思議に満ちた

人と人が出逢うきっかけを、

私たちチアーズが、プロデュースしていきます。

 

さらに人生がハッピーになる、

様々なコンテンツをみなさんに届けて

社会と地球に貢献していきます^^

 

以上、株式会社チアーズの

ご紹介をさせていただきました^^

 

みなさんの日常にも、

人生が変わるような、素敵なきっかけが溢れますように!

 

今回も、

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

 

チアーズメンバー

秋山

 

気になるチアーズのプロデュース事業はコチラ

http://33cheers.jp/service

 

柳田厚志さんのご紹介

こんにちは、

チアーズスタッフの秋山です。

 

ものすごく、ご無沙汰になります^^;

厳しい寒さが続いていますが、 いかがお過ごしでしょうか?

 

新年が明けてから、

あっという間に1ヶ月が過ぎましたね。

 

新年に誓った目標は、

今もしっかり覚えていますでしょうか。

 

目標があることで、

習慣も過ごし方も変わり、

毎日、活き活きと過ごせるでしょう^^

 

柳田厚志さんも、 夢のライフスタイルを叶えられたのは、

目標を達成してきた、 小さな成功体験の積み重ねによるもの、

とおっしゃっていました。

 

そのプロセスがあったから、

自信もスキルも、 後天的に身につき、

結果的に大成功という実績を手に入れました。

 

一歩づつ、成功体験を積み重ねて、

やりたいこと全てやりきって、

今年は最高の一年を送りましょう!

 

さてー

これまでに、

柳田さんに関するアレコレをお伝えしてきました。

 

ですが、

私は1つ、肝心なことを忘れていました。

 

柳田厚志さんの自己紹介です。

 

柳田さんが、

プロデューサーに至る経緯を お伝えしていませんでしたので、

今日は、簡単に、 柳田さんの自己紹介をしたいと思います。

 

ーーーーーー

【柳田厚志】

株式会社チアーズ代表取締役 /フリーサーファー/トライアスリート/社会投資家

 

柳田さんは、

愛媛県の松山で、

プロを夢見て高校野球に没頭していました。

(親は諦めていたそうですが・・・)

 

高校卒業後、静岡大学へ。 そして、

ラフティングのプロガイドを目指すべく、

大学卒業後、オーストラリアへ旅立ちます。

 

しかし、

世界一住みたい街ランキング1位の都市になった『バース』で、

サーフィンと運命の出会いを果たしました。

 

サーフィンは、

柳田さんの人生のターニングポイントです。

 

また、 旅の道中で、

サーフィンの聖地・『バイロンベイ』にたどり着き、

素敵な老父婦の経営するゲストハウスで働きながら、

朝晩サーフィンに明け暮れます。

 

そこで、

『好きな時にサーフィンが出来るライフスタイルを送る』

と、 本気で叶えることを決意しました。

 

帰国後、

「2年間だけ働きます」と宣言し、 英会話のベンチャー企業に就職。

 

そこでは、

常にトップセールスを維持します。

人気講師のスピンアウトセミナーや 講座の企画、集客、開催など、

幅広いステージで活躍。

 

その活躍から、数多くの社長賞を受賞します。

 

2年後には、 『3年だけ働かせてください』と再び宣言し、

プロデューサーの原点である『フォレスト出版社』へ。

 

当時、フォレスト出版社は、

編集者(経験者)を募集していましたが、

柳田さんは、条件を全く無視し、笑顔だけで入社します(笑)

 

そして、

セミナーや教材を企画する、 怪しげな情報企画部に配属されました。

 

しかし、

箱田忠昭先生、竹田陽一先生、 平賀正彦先生、石井裕之先生など

超一流の先生と、セミナーや教材を企画し、ことごとく成功させ、

史上最年少で部長に昇進したのです。

 

石井裕之先生の5000人セミナーを成功させ、

東京フォーラムを満席にした金字塔も建て、

一万人以上が参加している目標達成プログラム

『ダイナマイトモチベーション』の 企画、集客、販売を成功させ、

ベストセラーになっています。

 

柳田さんの活躍もあり、

当時配属していた部署は、入社時の10倍の業績になりました。

 

輝かしい業績を残し、 2008年にフォレスト出版を独立。

株式会社チアーズの代表に就任しました。

 

プロフェッショナルのプロデュースから、

セミナー、コンテンツの企画、製作、販売を手掛け、

著者や各界のプロフェッショナルと、

 

学校では教えてくれないけど、

幸せな人生に必要なライフスキル

 

 

を伝授する教育プロジェクトを多数プロデュースし、

述べ50万人以上に届けてきました。

 

現在も、 ライフスタイル、投資教育、次世代ビジネス、

言霊、語学、フィットネスなど、 参加者の人生が変わる、

数々のプロジェクトを大成功に導いています。

 

さらにー

 

企画、マーケティング、集客、セールス、サポート、

顧客満足度、ユニークさの全てを最高レベルで実現させる

名プロデューサーとして、 業界だけでなく、

お客さんにも熱烈なファンが多いのです!

 

柳田さんのビジョンは、

新しい生き方、ライフスタイルを

自らの背中で示し、子供たちに夢と希望を与えること

 

現在は、

フリーサーファーだけでなく、

トライアスリートとしても、世界にも進出していきます。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

 

数々の功績を挙げ、

多くのファンに愛され、大成功を成し遂げた柳田さん。

 

そのウラでは、

誰よりも働き、 朝早く来てトイレや床を掃除していたそうです。

 

このようにして、

柳田さんは、 社内から、講師の先生、 お客様の信頼を、

着実に積み重ねたから、 プロデューサーとして開花したのだと思います。

 

セミナーサポートをしていて、改めて思ったのですが、

柳田さんは、ファンが本当に多いんです。

 

これは先生方に限らず、 お客様からも、

すごい愛されています。

 

もちろん、

これまでの経験やスキルが

大きな要因の一つであることは間違いありません。 でも・・・

何はともあれ、

お客様の人生を、第一に考えているから

 

 

だと感じました。

 

人生のきっかけになるのだから、

最高のものをプロデュースしたい

 

 

そのひたむきな心の想いが、

最高峰のプロデュースを生み出しているのですね。

 

どれだけ真剣に心を傾けたか?

 

柳田さんの言葉を聞くたび、

あの、石井裕之先生の言葉が頭によぎります。

 

この言葉は、

今年の私のテーマでもあるので、

常に自分へ投げかけてみようと思います。

 

それでは、

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

明日も、 良い1日をお過ごしください。^^