柳田厚志の人柄

 

こんにちは、

チアーズスタッフの秋山です。

 

 

梅雨もようやくあけまして、

最近は、毎日のように猛暑日が続いていますね。^^;

 

 

嬉しいことに、今年の梅雨はいつもと違って、

雨があまり降らなかったような感じがします。

 

 

私はというと、雨の日も関係なしに、

がっつりサーフィンを練習していました。

 

 

この時期の湘南の水温は、

海水パンツ一枚で入れるほど温かいので、

体が動きやすく、波乗りが本当に、気持ちいいんです。

 

 

あと二ヶ月もすれば、クラゲが出始めるので注意が必要ですが。^^;

 

 

でも、外を少し歩くだけで

汗が止まらないような天気が、今後も続くとの予報です。

こまめに水分補給を取りつつ、

食事のバランスはしっかり整えましょう!

 

 

さてー

 

 

今日は、ここ最近で私が感じた、

『柳田厚志さんの人柄』について、

お話ししたいと思います。

 

 

この情報は、一般的に公表されておりませんでしたが、

私は皆さんに、彼の魅力について

もっともっと知っていただきたいので、

特別に、彼の全貌をここで明かしたいと思います。

(悪用はダメですよ^^)

 

 

柳田厚志さんを一言で言うならば、

『人を巻き込む天才』

 

だと、私は感じています。

 

 

どういうことかというと、

この人と一緒にいると、

夢を見れるような気がするのです。

 

 

これは私の叶えたいライフスタイルを,

すでに厚志さんが実現させているから、という可能性もありますが、

 

 

彼の考え方や人柄が、

自分だけでなく、彼の周りの人にも、

とても良い影響を及ぼしていると感じました。

 

 

「幸せが伝染する」

という表現が、一番納得するかもしれません。

 

 

また、打ち合わせ後や、仕事終わりの別れ際に、

柳田厚志さんは必ず、こう伝えてくれます。

 

 

『お前なら出来る』

『これからも頼むよ』

『期待しているからね』

 

 

彼が私のツボを見抜いているからなのか、

まだわからないんですが、

(ちなみに期待されたり、褒められると嬉しいタイプです^^;)

 

 

会社のため、柳田厚志さんのため、そしてー

自分の人生のためにも、

 

 

もっともっと頑張ろうって、

モチベーションが引き上げられるのです。

 

 

信頼されたり、期待されると嬉しくない、

と思う人は、 少ないはずですよね。

 

 

あなたも、いや、人間誰しも、

他人から信頼・期待されることって

絶対嬉しいはずなんです。

 

 

もちろん、そういった言葉を発している人間が

周りから信頼を得ている、器の大きい人柄の持ち主であることは

言うまでもありません。

 

 

ですから、柳田厚志さんは

「人を巻き込む天才」

であると思ったのです。

 

 

また、彼は目の前にいる人の”いい所”をしっかりと褒めます。

それを、ただ頭の中に留めておくのではなく、

 

 

『ちゃんと言葉にして相手に伝える』

 

 

そうすると、その場や雰囲気に

とても心地いい空間の流れが出来あがります。

 

 

彼のこの人柄が、

みんなを味方に付ける、 自分のファンにする、そして、

周りの人から愛される秘訣だと、私は確信しました。

 

 

プロデューサーというのは肩書きではありますが、

一番大切なのは、やっぱり・・・

”人”に尽きますよね。

 

 

仕事上の付き合いだけではなく、

普段のコミュニケーションの習慣が、

相手を自分のファンにして、たくさんの人から愛される、

柳田厚志という人間を創っているわけです。

 

 

普段の習慣から、 プロデューサーへの道が始まっていると思うと、

目の前の人とのコミュニケーションに対する

意識が変わってきますよね。

 

 

人の長所を褒める、期待、信頼する。

 

 

私も今日から、日頃の生活で実践してきたいと思います^^

コピーライティングで大切な、たった1つのこと

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です。

 

 

ここ連日、少し外を出歩いただけで、

汗がジワーっと出てくるような天気が続いておりますが、

皆さんの体調はお代わりありませんでしょうか?

 

 

最近一歩づつですが、

会社でもお仕事を振ってもらえるようになり、

日々、業務に対して責任感も伴いながら、

自分の可能性に対してワクワクもしています^^

 

 

「お前ならできる!」

 

 

セカフザでもおなじみ、柳田厚志さんの決め台詞です。

この語録が書かれたシールをパソコンに貼って、

私もモチベーションもあげております^^

 

 

さてー

 

 

今回のスタッフダイアリーですが、

天才プロデューサー柳田厚志において、

これを無くしては語れないものがあります。それはー

 

『コピーライティング』

なんですね。

 

特に!!!

 

柳田厚志さんのコピーライティングは、

『最強のラブレター』とも言われ、

文章を見た人が、行動せずにはいられないくらい、

超強力なラブレターになっております。

 

 

超強力というのは、その文章の中にぎっしりと、

心の想いが凝縮されている、ということです。

 

 

皆さんも、日々の生活されている中で、

一方的に、商品や売り手の思いを伝えるだけ伝えてたり、

お客さんも煽るような、

広告やプロモーションを見かけますよね。でもー

 

 

柳田厚志さんは全く違います。

そもそも、立っている土俵が、その人たちと違うんです。

 

 

もし、初めてあなたが文章を読んだ時に

『この人、今の私のこと、全部知っている!』と、

会ったこともないのに、こんな感覚を覚えるでしょう。

 

 

それは、ただのコピーライティングではなく、

『あなたのその気持ち、とてもわかります。』 というような、

 

 

相手の心に寄り添った想いが込められた、

”ラブレター”だからなんです。

 

 

最近、新しいプロジェクトで、ありがたいことに

メールを書かせていただく機会をいただきました!(拍手〜!)

 

 

そこで、今まで全くと言っていいほど

ちゃんとした文章を書いた経験がない私に、

文章を書く上で、想いを伝える上で

社長は、一番大切なことを教えてくれました。それは・・・

 

 

『誰に向けて書いているのか?』

 

 

ということなんです。

 

 

自分の想いや商品を伝えたい時に、

この考えを必ずイメージしなくてはなりません。

 

 

文章で伝える事は、想いを伝える”手段”に過ぎませんが、

画面の向こう側にいるのは紛れもなく、

 

 

”人”

なので、その人が今、

 

 

どんな気持ちを持っているのか、

どのような環境・状況いるのか、

その人の悩みや、苦しんでいることとはなにか、

何を解決したいと思っているのか、

 

 

その人に立場になりきって、

そのためにどんな文章を書くべきかを、

読み手・書き手の立場を行ったり来たりして、

感じ取ることが大切なんだと、教えてくれました。

 

 

私も、文章を書き終えて、

『よし!やっと書き終わった!』と、

固まった体を伸ばしながら、原稿を提出しました。

 

 

そしてその後、チアーズのスタッフに質問されました。

「提出ありがとう。

ちなみにこれは誰をイメージして書いたのかな?」

 

 

私はというと・・・

 

 

「はい、これは〜の人たちが〜という状況なのd、、、あれ?」

 

 

ここで私はやっと気付きました。

文章を見返すと、相手の気持ちを汲み取っていない、

一方通行のようなプレッシャーのある文章に変わっていた、

ということがありました。(原稿提出後に書き直しました^^;)

 

 

なので、

常に相手の立場を考えて丁寧に書く、

ということを常に念頭に置きながら、

相手に寄り添ったラブレターを書くことが大事なわけです。

 

 

あなたが文章を書くときには、

常に思い返してみてくださいね。

 

『誰に向けて書いているのか?』

ですよ^^

BMA(ボディーメイクアカデミー)スタート!

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です。

先日、いよいよ日本にも台風が接近し、

昨夜ですが、私の住んでいるところを通過しました。

 

ものすごい雨と風の音が聞こえたのですが、

朝は昨夜と違って、雨も止み、

台風の後は必ず 大きい波が残っているので

サーファーにはとても嬉しい状況なのです。

 

もちろん、無理は禁物なので、

これから始めようとする方は気象予報をしっかりと確認して、

安全に楽しんでくださいね^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

7月1日から、 前屈王子こと・谷けいじ主催である

BMA『ボディーメイクアカデミー』の

体から人生を変えるプログラムが開始されました。

 

BMAとは、

『體育(たいいく)を通して人生を応援する』を志す、谷けいじさんが

『身体の変化を通じて心を変え、人生を変える』ために生まれた、

90日間のオンラインパーソナルトレーニングプログラムです。

 

自分の可能性を信じて参加してくださった

記念すべき第1期生の方々がこれから、

人生の宝物になるであろう

自分史上最高のカラダを手に入れます。

 

90日後、どのような変貌を遂げているのか。

携わらせていただいたプロジェクトだけに

みなさんの、

これからの未来が!

これからのカラダが!

とても楽しみです^^

 

柳田厚志さんも谷けいじさんのパーソナルトレーニングと出逢い

BMAの物語が始まりました。

 

兎にも角にも

柳田厚志さんの体は、みるみるうちに変貌し

なんと、

ハワイ・ホノルルのトライアスロンに出場、

 

そして、

昨日の福岡のトライアスロンも見事、

完全制覇を成し遂げました。

 

『完走したものは、みんな勝者である。』

 

トライアスロンの真髄を表すこの言葉を腹のそこから実感した、と

柳田厚志さんもおっしゃっていました。

 

まさに、谷メソッドは彼の人生を180°変えてしまったのです。

そして、 カラダというのは

健康に生きていくための『資産』であり、

これから何十年と付き合っていく

『相棒』でもあります。

 

カラダはいつからでも鍛えることはできます。でも、

 

カラダ・健康を失うと

全てを失う可能性もあります。

 

なので、

じぶんのカラダを見直す気付きが早ければ早いほど

この先起こりうる病気やケガの確率を下げることができるんです^^

 

今日という日があなたにとって1番若い日だということ

忘れないでくださいね。

 

どうせなら、 この先ずっと付き合っていく相棒を

ゆっくりと時間を作って、

労ってみてくださいね。

 

すべての資本であるカラダだけは

何としても守っていきたいものです^^