「働く」ということ

Aloha!

こんにちは!チアーズスタッフの秋山です^^

朝起きてすぐに、太陽の光を浴びる。

これは私には欠かせない朝の習慣なのですが

なんだか今日はとても暑い、、、

天気予報によると

今日は30度まで気温が上がるそうです。

夏本番に向けて、季節もだんだんと変化していますね。

今日は、「働く」についてお話します。

新卒の人たちが入社してから、そろそろ2ヶ月。

研修も無事終えて、これからは社内の各部署に

配属されるタイミングだと思います。 そして、

 

新入社員を受け入れた会社もビジネスを拡大していくため、

ビシバシと彼らを鍛えていくことでしょう。しかし、

 

すでにニュースでは、退職した人、会社が自分と合わない、といった

ネガティブなニュースが流れているんですね。

なぜでしょうか??

 

なぜ、 働く事が楽しいという人と

働くことがつまらない人が出てくるのでしょうか?そして・・・

この話題は毎年尽きることがありません。なぜなら、

新卒で入った社員が 3年以内に3割が辞めてしまうのです。

 

なぜでしょうか??

辞めてしまうことにはいくつか理由があります。

・理想と現実のギャップ

・残業の多さ

・給料の少なさ

・人間関係、、、etc

 

ネットで検索してみるとまるでキリがありません。さらに、

この5月、6月で 新入社員は、

退職について考え始めるようになります。 と同時に、

転職について悩み始めます。

 

まず、うまくいっている人というのは

・自分のことをよく知っている。

・しっかりとしたキャリアビジョンがある

・自分の将来の理想がある

・会社で成し遂げたい事が明確である。

といった条件を満たしている人です。

 

逆に、3年以内に辞めてしまう人は

上の条件が否定形になってしまっています。

 

前回の投稿でも話しましたが、 柳田厚志さんは

自分のライフスタイルにおいて

人生のゴールやビジョンを定めることの大切さを語っています。

 

もし、道に迷っても、目指すべきものがわかっているので

そこに向かって再び走ればいいんですね。

私たちが普段してる 電車の乗り換えのようなものです^-^

しかし、これ以上に大切なことがあります。

 

これを知っていて働くのか

これを知らないで働くのか、では

出世にも、収入でも、大きな違いが出ると

私は思うのです!それは・・・

 

「働く=喜びを与えること」です^^

 

諸説ありますが、「働く」の由来は

「傍(はた=他人)を楽にすること」 と言われています。つまり、

 

人が動くことによって、

他人を楽にしてあげる、そして・・・

 

幸せ・喜びを与えること

なんですね。

 

だから「働く」という漢字は

「人のために」と「動く」が含まれているんです。

やりがいを感じるのはここの意識があって、初めて感じるものなのです。そして

 

やりがいを感じ始めたら、 仕事をする、働くことが楽しくなるでしょう。

もっともっと、次の月曜日がもっと楽しくなるんです。

だって、月曜日から、人を喜ばせることができるのですから^^

自分が満たされないのに、

仕事でお客さんを満たすことが

はたして、できるのでしょうか?

柳田厚志さんは「世界一ふざけた夢の叶え方」でおっしゃっています。

 

・サラリーマンにとって、一番に貢献すべきは給料をくれる社長です。

・会社そのものに貢献し、会社からも「コイツには辞めてもらいたくない」

 という存在になることが不可欠です。

・自分のお世話になっている会社の社長すら満足させられず、

 同僚からの支持も得られなくて、どうして起業してやっていけるのでしょう。 ・仕事は呼ばれるもの。だから、今いる場所で、スーパー貢献する。

 

柳田厚志さんは前職のフォレスト出版でも

担当部署、会社、そしてお客さんから

「働く」を通して多くの信頼を得ました。

そして柳田厚志さんがいた部署は、

今ではフォレスト出版にとって

なくてはならない事業となったのです。

 

「働く」とは自分のためだけ、ではないのです。

 

世界中の人に喜びを、幸せを。 そして、

 

私たち株式会社チアーズもこの想いを大切にして、

幸せのキッカケをプロデュースしていきます。 さらに、

 

この世の中に月曜日が楽しみになる人、いや、

毎日が豊かになる人たちで溢れたら

 

もっと日本はいい国になる、と

私は思うのです^^

 

多くの人たちが幸せを感じる時代になるように

柳田厚志さんと同じく、私も動いていきます!!

出逢いが人生を変える

こんにちは!

チアーズの若サーファー・しょうえいです。

 

ここだけの話ですが

今日も早起きをして

仕事前にサーフィンをしてきました^^

 

いつも驚くのは

朝5時にもかかわらず

多くのサーファーが海にいるんです!

 

寒くても、雨が降ってても関係ありません。

波がよかったら入るのです^^

都内に住んでいる方によく言われます。

 

「なんでそこまでして海に入るの?」

 

それはですね、

柳田厚志さんにとっても

私にとっても

サーフィンというのは

 

生活の一部なんです。

 

朝起きる

歯を磨く

朝食を食べる

 

ことと同じなんですね。つまり、

普段の日常の中に欠かせない要素なのです。

日々の生活を形つくる上で欠かせない「サーフィン」は

間・違・い・な・く

柳田厚志さんの人生を劇的に変えました。

 

『人生は出逢い』

 

これは、

万人に『人生をハッピーにする幸せのきっかけ』

を与えて続けてきたチアーズが

とてもとても、大切にしている言葉です^^

 

柳田厚志さんが卒業後に

オーストラリアに渡り

人生を180°変えるきっかけになったサーフィンと出逢いました。

 

私は、4年前にサーフィンと出逢い

現在、チアーズに出逢い、そしてー

天才プロデューサーである柳田厚志さんに出逢いました^^

 

あなたならどうでしょうか?

『出逢い』に関して何か思い当たる不思議な経験がありませんか?

無意識で気づきにくいもの、しかし・・・

 

実はこの『出逢い』というものが

現在の自分の人生を創っているのです。そして、

私たちは無意識のうちに一瞬一瞬、

「決断」をしています。さらにー

 

人間は1日のうちに9000回もの決断を頭の中で行っているのです(*諸説あり)

 

もし、あなたが何か決断する事によって

人生が180°変わってしまうような

素晴らしい出逢いに巡り会えたとしたら・・・

 

つまり、

言葉では表せないほど、

不思議に満ち溢れていて、

全てを変えるパワーを持っているんです。

 

明日から、いや

今日からですね

全ての出逢いに感謝しつつ

これからの素晴らしい出逢いに恵まれるように

毎日を大切に生きていきましょう^^

「予祝」のすゝめ

こんにちは!

チアーズスタッフの秋山です。

最近は気候も暖かくなり、

夏がだんだんと近づいてきてますね。

 

この時期になると、

心地よい潮風と太陽の下で サーフィンをするのが、

とてもとても気持ちがいいのです。

 

そんな私達、チアーズは先日ハワイから帰国しました。

弊社代表の柳田厚志さんが、

ハワイで行なわれた ホノルルトライアスロンに出場したので

スタッフ一同、社長の勇姿をしっかりと見届けさせていただきました。

 

一歩も歩かず、完全制覇を成し遂げた鉄人、柳田厚志さん。

私たちも、その姿に心を打たれました。

ここで一つ、私に夢を宣言させてください。

 

来年は、なんと

私も、ハワイでのトライアスロンに出場いたします!

 

遠い先の夢として心の片隅に置いていたのですが

先に叶えてしまおうと思います^^

 

『先に夢を宣言する』

 

これは、セカフザでも書いてあるのですが

もし、あなたが何か叶えたい夢や目標がある時に

 

『予祝』をしてみてはいかがでしょうか?

 

これは何かというと

先に夢を叶えた自分になりきって 仲間と喜び、

先にお祝いをすることで

その夢が現実になりやすくなる、というものです

元々は日本古来の考え方で

秋に実るお米の豊作を願い、

人々は桜の木の下に集まり、仲間とお酒を交わすのです。

これが現代の『お花見』の由来にもなっています。

柳田厚志さん、ひすいこたろうさん、菅野一勢さんも

恐ろしいほどの効果がある、とおっしゃっており

セカフザはこの3人の予祝がなければ

存在することはありませんでした。

そして彼ら3人は、月一で小さな居酒屋に集まり

「テイレイカイ」と称し、 夢への進歩状況を報告し合い、

 

「お前なら出来る!」

 

と、背中を押しあったのです^^

そして、ここでもっとも大切なのは

 

「夢はラストシーンから描く」

 

ということなんです。

かの有名な映画監督、 スティーブン・スピルバーグが

短時間で 『バックトゥーザフューチャー』 『E・T』といった

ヒットムービーを生み出せたのは

見せたいラストシーンが

すでに決まっているから、

 

だそうです。

 

これを人生に例えてみましょう。

 

自分はどうなっていたいのか?

自分の人生のゴール、夢はなにか?

 

自分の理想に向かって そこから逆算して生きていく、

ということになりますよね。

目の前の事にフォーカスして

自分の人生を積み上げていく。

これも、経験を積み上げる上で

とても大切な事には間違いありません、しかし

 

もし、 それが何かのタイミングで崩れてしまって

あなたの最終的な目的地、夢や理想 を

示してくれる地図を持っていなかったとしたら

 

「これからどこへ向かっていったらいいのだろう、、、」

「一体何を目指したら、、」

 

あなたは、行き場を失う瞬間があるかもしれません。しかしー

 

最終地点さえ決まってれば

そんな時でも揺らぐことなく

自分がどこに向かえばいいのか

再び、歩むことができるでしょう^^

 

柳田厚志さんは 在学中、周りの人が就活や大学院に進む中

具体的な夢というものがありませんでした。しかし、

 

卒業後のオーストラリアでサーフィン三昧の生活を過ごした後、

1つだけ、心に決めたことがありました。それは、

 

「毎日大好きなサーフィン出来る

 最高の環境に大好きな家族と住み、

 世の中に喜ばれるビジネスで、がっつり稼ぐ!」

 

という夢、つまり

 

将来の自分の「あり方」を決めたのです。

 

柳田厚志さんも、「あり方」が根底にあれば

「やり方」は変えていけるおっしゃっています。

 

そこが理想のゴールとして定まれば

そこに向かって人生の舵をとればいいのです^^

 

そして、

柳田厚志さんは湘南に海のすぐ近くに一軒家を建て

大好きな家族に囲まれ

大好きなサーフィンをしながら

ビジネスでも人々に幸せのきっかけを与えています。

 

自分が将来、もしくは10年先、

「自分はどうありたいのか?」

 

少し迷った時には一度立ち止まって

自分の声に耳を傾けてみてください。

 

きっと忘れかけていた少年のような自分が

心のどこかにいるはずです。

 

直近ですが私は来年に、夢であったトライアスロンに出場しますので

近々、コースを制覇した自分になりきって

セカフザ仲間と「予祝」をしたいと思います^^