柳田厚志流「ライフスタイル」とは?

こんばんは、

チアーズの秋山です。

 

世の中には、

夢や目標を実現するために

人生を歩んでいる人はたくさんいます。

 

一方で、

 

多種多様な生き方や働き方、

自由なライフスタイルそのものを示す人は、

圧倒的に少ないと思います。

出典:世界一ふざけた夢の叶え方(フォレスト出版)

 

理想のライフスタイルを

実現させた柳田厚志さんは、こうおっしゃっています。

 

柳田さんは、

明確な夢や目標を掲げることなく、

15年前に掲げた 、

 

「毎日サーフィン出来る、最高の環境に大好きな家族と住み、

世の中に喜ばれるビジネスでがっつり稼ぐ」

 

という、 ライフスタイルを追求し、

すべてを実現させました。

 

現在は、弊社チアーズ代表として、

そして、プロデューサーとして大成功を収めています。

 

なぜ、柳田さんは

世間一般的な夢や目標にこだわらず、

「ライフスタイル」の追求を選んだのでしょうか?

 

今回は、

柳田さんのエピソードも踏まえ、

その理由を深堀りをしていきます。

 

 ◼︎「ライフスタイル」とは?

 

ライフスタイル【Lifestyle】

生活の様式・営み方。

また、人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

辞書によると

一般的な定義は、「生活様式」「個人の生き方」

といった意味がありました。

 

人生をどう生きるのか、

どのように暮らすのか、

ライフスタイルの一言には

深い意味が込められているようですね。

 

そして、今回のキモである

柳田厚志さんの「ライフスタイル」の定義がこちらです。

 

◼︎自分の存在をかけて成し遂げたい生き様

 

自分の人生をかけて、

本当にやりたいことをやって生きる。

これが、柳田さんが追求してきた「ライフスタイル」です。

 

決して、世の人が求めるような

画一化された「自由」ではありません。

 

自分の存在をかけて

本当に実現させたい生活、生き方のことを示します。

 

柳田さんに聞くと、サーフィン三昧の生活を、

心から、人生をかけて送りたかった、とおっしゃっています。

 

誰がなんと言おうと、

その実現に向けてひたむきに人生を歩んできました。

 

心から叶えたい、という真っ直ぐな気持ちが、

柳田さんの心の原動力になっていたのでしょう。

 

そして、皆さんご存知の「セカフザ」には

夢や目標ではなく、ライフスタイルを追求する理由について

次のように述べています。

世界一ふざけた夢の叶え方「通称:セカフザ」についての記事はコチラ

http://gerritburke.net/sekahuza-dream

 

◼︎日常の生活がなければ、幸せではない

 

大事にしているのは「日常」です。

どんなに歳を取っても、

どんなに偉くなっても、

どんなにお金を稼いでも、

どんなにやりたいことがあっても、

どんなに買いたいものがあっても

どんなに達成したいことがあっても、

1日は24時間 1年は365日。

朝起きて寝るまでの生活に、それほどのドラマはないわけです。

だからこそ大事なのは「日常」なのです。

だからこそ、大きなビジョンや夢といっても、

3年後、5年後、10年後の日常を

しっかり描いている必要があると僕は思うのです。

幸せは日常の中にしかないのですから・・・。

出典:世界一ふざけた夢の叶え方(フォレスト出版)

 

そしてー

 

幸せを感じるために私たちは生きているし、

だからこそ、夢や目標を持って取り組むわけですが、

”日常の幸せがなければ、幸せではない” そう思うのです。

日常の幸せというのは、本当にシンプルなことだらけですが、

でも、 その中で幸せを感じることが、大きな夢の実現への活力です。

出典:世界一ふざけた夢の叶え方(フォレスト出版)

 

柳田さんは、人生をかけて、

「日常の幸せ」を徹底的に追求しました。

 

そして、 理想のライフスタイルを実現させた今は、

日常の幸せが大きな活力を生み、 夢も目標も、

次々と実現されています。

 

もしもあなたがー

 

「やりたいこと、夢、目標が欲しい、でもそれがわからない・・・」

 

というのであれば、

まずは、理想のライフスタイルを

描くことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

その中に、本当に叶えたい夢や

実現したい目標のヒントが隠されているかもしれません。

 

それでは、 最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

明日からまた、

充実した一週間をお過ごし下さいね^^

あなたがセールスレターで気をつけるべき1つのこと

 

 

こんにちは、チアーズの秋山です。

 

本日も、 お天道様にも恵まれて、

充実した休日を過ごされている方も多いと思います。

 

しかし、この天気が続くかと思いきや、

来週からは、本格的な梅雨がスタートしますので、

ちょっと残念ではあります。。

 

気温も湿度も上がりますから、

喉とカラダが乾く前に、こまめな水分補給を心がけてくださいね。

 

今回は、柳田厚志さんの

最高レベルのプロデュースの中で最も重要な

「セールスレター」についてお届けしたいと思います。

 

まずはじめに、

セールスレターについて

すでにご存知の方もいると思いますが、

馴染みがない方のためにも、ご説明をしますね^^

 

セールスレターは、その名の通り、

Sales(販売)Letter(手紙) です。

 

上記を見ていただければ、

「Sales Letter=販売のための手紙」であることは

お分かりかと思います。

 

しかし、

これだけでは分かりずらいと思いますので、

もう少し噛み砕いていきます。

 

実際に、モノやサービスを販売するときには、

直接ヒトと会う or 会わない、という

2つの入り口がありますがー

 

アルでの販売を、

一枚の紙上(手紙)で完結させた、

販売手段の一つが、セールスレターです。

 

セールスレターでは、

「営業」→「販売」 という一連のプロセスが

一枚の紙上で構成されています。

 

「紙のセールスマン」とも 言い換えることができますね。

 

営業活動という視点では、

人件費がかからないので、ビジネスにおいて、

レバレッジを大きく利かせることが可能です。

 

ちなみに、 最高のクオリティを誇る

柳田厚志さんのセールスレターは「セールスラブレター」とも言われ、

 

・反発やクレームが生じない

・読み手に寄り添った、愛のある文章

 

で構成されています。

 

それに加え、

その商品をもう一度買いたくなるほど、繊細で、強力です。

 

もちろん、

最高レベルのセールスレターをお客様に届けるために、

時間をかけて 何度も推敲を重ねていらっしゃいます。

 

また、柳田さんは、

セールスレターで気をつけている

ある一つのことを教えてくれました。

 

それは、

「自分で読んで買いたくなるか」

ということです。

 

お客様の立場で

セールスレターを読んでみて、

その商品、サービスを買いたくなるか。

 

もしも、買いたいと思わなければ

伝えるべきことが足りない、というサインなのだそうです。

 

確かに、セールスレターの制作者は、

「買い手の代表」でもありますから、

自分が欲しくない商品を勧めたところで、

お客さまの心を動かすことは難しいと思います。

 

この商品・サービスを自分も買いたい!

と、どれほど商品に惚れ込んでいるか?

 

柳田厚志さんは

セールスレターで欠かせない

とても大切なことを教えてくれました。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

 

柳田厚志さんのセールスレターを

ご覧になった方はお気づきかと思いますが、

その文章からは「思いやり」「自信」「責任」が感じ取れるかと思います。

 

「商品・サービスに惚れ込み、自分でも欲しいと思えるか」

 

この意識があってこそ、

お客さまに寄り添った、

最高レベルのセールスレターが出来上がるのですね。

 

あなたもセールスレターを書く時は、

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

長文となりましたが、

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

次回の投稿も、 どうぞお楽しみにお待ちくださいね^^

チアーズ13期目が終了、そして・・・

みなさん、お久しぶりです。

チアーズスタッフの秋山です。

 

ちょうど3日前に、

九州と四国が梅雨入りしたと

ニュースで発表がありました。

 

6月初旬の2週間は、

全国各地で、本格的な梅雨入りとなりそうです。

 

これから雨空が多くなりますが、

天候に合わせて、体調管理も行って行きましょう。

 

さてー

 

前回の投稿から、

かなり期間が空いてしまいましたね^^;

 

日々の投稿を待ち望んでくださった方、

大変、申し訳ございませんm(_ _)m

 

改めて、本日から

記事をドンドン更新していきますので

今後とも、よろしくお願い致します!

 

ーさて。

 

今年で13期目を終える、株式会社チアーズ。

 

ここ最近は、 会社の事業拡大であったり、

大きな転換期を迎えるための準備で忙しくしていました。

 

転換期ってなに?

どんな事業が始まるの?

 

詳しい最新情報は

今後のダイアリーでお伝えしますがー

 

柳田厚志さんも含め、 チームチアーズ一同、

本当にワクワクが止まりません!

 

どうしても知りたい!という方には、ここでヒントを^^

 

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

弊社のオフィスは「湘南」にあります。

 

遡ること約15年前・・・

 

「毎日サーフィンが出来る

最高の環境に大好きな家族と住み、

世の中に喜ばれるビジネスでがっつり稼ぐ!」

 

という夢のライフスタイルを描いた柳田厚志さんは、

プロデューサーとして独立後、 湘南の地で

「株式会社チアーズ」を設立しました。

そして、先週のチアーズのミーティングで、

これからはチアーズや湘南の魅力を活かし、

私たちにしか出来ない事業や

情報発信もやっていこう!

 

 

と、新しい一歩を

踏み出していくことになりました。

その第一弾が、 本当にワクワクものなんです。

 

・・・

 

かなりザックリですが、

キーポイントになるヒントをお伝えいたしました。

 

この記事を書いている時も

皆さんにお伝えしたいことが

山ほど出てきたのですがー

 

高揚した気持ちをなんとか抑えて、

本日のダイアリーは、ここまでとさせていただきます!

 

今後も、こちらのスタッフダイアリーでは、

株式会社チアーズ、柳田厚志さんの 最新情報をお届けしていきますので、

乞うご期待ください。

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

引き続き、よろしくお願いします!

プロデューサーとは?

 

こんにちは、

チアーズメンバーの秋山です。

 

寒暖差が激しい日が続いていますが、

どことなく、春の訪れを感じるようになりましたね。

 

先週は、

最高気温が16℃を超えた日があったので、

少しずつ、衣替えを始めた方もいると思います。

 

もちろん、私もその一人です^^

 

また、体調を崩しやすい時期なので、

食事・休養のバランスを取り、健康に気を配りながら、

この寒さを乗り切っていきましょう。

 

さてー

 

これまでに、

柳田厚志さんの代名詞である、

『天才プロデューサー』

というフレーズを、これまで幾度とお伝えしてきました。

(その理由は後でお伝えしますが、本当に天才ですから^^)

 

あなたが「プロデューサー」を耳にした時に、

チームのリーダー的な、または秋元康のような

イメージを持つ方も、多いかもしれません。

 

私も、

真っ先に浮かんだのが、秋元康でした(笑)

 

100%間違っているわけではありませんが、

先頭に立って全体を率いるリーダーとは、

ちょっと違うんです。

 

そう言われても、

なんだか、ピンとこない人もいると思いますので、

もう少し、具体的にいきましょう。

 

リーダーとプロデューサーの違いは、

「大将」と「軍師」の違いに、例えられます。

昔むかしの戦国時代には、

軍の中心人物である、「大将」という人がいましたね?

 

大軍隊の指揮官、チームリーダーであり、

この大将の首が打ち取られたら、

戦は終わりを告げると言われてます。

 

大将の首を狙い、

何万もの人が一戦を交えることから、

最重要人物であることは間違いなさそうです。

 

その一方、

戦の命運を決める、重要人物がもう一人います。それが・・・

「軍師」です。

 

戦略、手法、相手の軍勢に対して、

どういったアプローチで戦を仕掛けるか、

戦の参謀者とは、この軍師のことを示します。

 

巧みな策略で軍を動かし、

相手を攻略する軍師の存在で、

戦の運命は大きく左右されるのです。つまりー

 

相手の戦術を読み解き、

それに対する戦略を生み出し、

戦の指揮を取る「軍師」は、責任重大なポジションなんです。

 

そして・・・

 

プロデューサーとは、

プロジェクトの企画から、マーケティング、

クロージング、運営といった全体のプロモーションを設計し、

全てを裏側から支える「影の立役者」です。

 

プロジェクトの責任者であり、

関わる全ての人、人生の責任者でもあります。そしてー

 

戦=プロジェクトという視点で着目すると、

「軍師」も「プロデューサー」も、

全体を請け負うという意味では、

どちらも同じ、最高責任者なんです。

・・・

 

いかがでしょうか?

 

ここまで、

ポジションの視点から着目してみましたが、

プロデューサーのイメージができましたか?

 

プロデューサーは、

いわば縁の下の力持ちであり、

先頭に立って先陣を切るリーダーとは、

視野もポジションも異なります。

 

そして、

全体を裏側から統括して支える、

最高責任者という意味のプロデューサーであることを

ご理解いただければと思います。

 

世間一般的には、

 

「スゴイ!」

「カッコイイ!」

 

というイメージを持たれがちなプロデューサー。

響きも聞こえもいいですよね。

 

しかし、

その裏側では、柳田厚志さんも含め、

最も責任を問われる、重要な存在なんです。

 

でも,

私が伝えたいのは責任感だけではありません。

やりがいも、ものすごいのです。^^

 

次回のダイアリーでは、

 

・プロデューサーが世の中に喜ばれる秘密、

・具体的にどんなことをしているのか?

・天才プロデューサー柳田厚志さんの成功事例

 

上記を交えてながら、

「プロデューサー」をより具体的に掘り下げて行きます^^

 

それでは、

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます。

 

2月も折り返し地点となりましたね。

寒さに負けず、身体を労わりながら、

今週も頑張っていきましょう。

 

秋山

株式会社チアーズとは?

 

こんにちは、

チアーズメンバーの秋山です。

 

朝晩の冷え込みが厳しい中で、

梅の花が咲いた、とのニュースを耳にしました。

 

ちなみに、

俳句の世界では、冬に咲く『早梅』は、

晩冬を示す季語らしいですよ。

 

ということは、

春の到来が、もう間も無くですね。

 

その一方で、

朝晩と日中は、寒暖差がありますので、

体調管理にご注意くださいね。

 

昨年の4月から始まった

このスタッフダイアリーも、

あと2ヶ月で、一周年を迎えます。

 

いつもいつも、

「柳田厚志 直伝 スタッフダイアリー」をご覧くださり、

本当にありがとうございます。

 

柳田厚志さん、チアーズのメンバーとともに、

みなさんの、人生のきっかけになる情報をお届けしていきます。

 

このダイアリーでの、

みなさんとの出逢いは、

きっと何かのご縁なんだと思います。

 

大げさではなく、

大真面目に、そう思います!笑

 

そうでなかったら、

このダイアリーを訪れるはずがありませんからね^^

 

この良縁から、

みなさんへ、何かを還元できたらと思っておりますが、

 

「もっともっと、チアーズの事を知ってもらいたい」

 

というところが、正直な想いでもあります。

 

ですので今回は、

初めましての方も、柳田プロデューサーを

知っている方も、私たちチアーズの自己紹介に

少しだけお付き合いください^^

 

私たちチアーズは、

人、ビジネス、教育、地域社会など、

あらゆるものをプロデュースする、総合プロデュース会社です。

私たちのビジョンはー

 

人生をハッピーにする

出逢いのきっかけを作り、

社会と地球に貢献していくこと。

 

 

そのためのミッションとして、

 

 

学校では教えてくれないけど

人生を幸せに生きるために必要な

ライフスキルを提供する

 

 

教育事業を行っています。

 

チアーズは、

これまでのプロデュースを通して、

50万人以上の人々に、

 

”人生がより幸せになるキッカケ”

 

を提供してきました。

そのすべてに共通することはー

 

“人生の質=Quality of Life”

 

を高めていくこと

 

人生の幸せは、

幸せなライフスタイルから生まれます。

 

弊社代表の柳田厚志さんは、

ある出来事がきっかけで、

 

「仕事だけ、趣味だけ、お金だけ

 

に偏った人生を歩むのではなく、

人生の質を高め、仕事もプライベートも、

豊かなライフスタイルを送ることを

心に誓いました。

 

日常の生活を高めることで、

より良い人生を実現できる事を

身を以て体感しました。

 

その学びを、身の回りだけではなく、

私たちは、もっと世の中に伝えていきたいのです。

 

理想の人生を叶えるためのライフスキルを通じて、

日常の生活の中に豊かな、そして

幸せな人生が待っている事を。

 

私たちは、

“人生は出逢い”

 

 

だと考えます。

 

出逢いによって、人生は始まり、

出逢いによって、人生は変わり、

出逢いによって、人生は何度でも生まれ変わります。

 

そんな不思議に満ちた

人と人が出逢うきっかけを、

私たちチアーズが、プロデュースしていきます。

 

さらに人生がハッピーになる、

様々なコンテンツをみなさんに届けて

社会と地球に貢献していきます^^

 

以上、株式会社チアーズの

ご紹介をさせていただきました^^

 

みなさんの日常にも、

人生が変わるような、素敵なきっかけが溢れますように!

 

今回も、

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

 

チアーズメンバー

秋山

 

気になるチアーズのプロデュース事業はコチラ

http://33cheers.jp/service

 

柳田厚志さんのご紹介

こんにちは、

チアーズスタッフの秋山です。

 

ものすごく、ご無沙汰になります^^;

厳しい寒さが続いていますが、 いかがお過ごしでしょうか?

 

新年が明けてから、

あっという間に1ヶ月が過ぎましたね。

 

新年に誓った目標は、

今もしっかり覚えていますでしょうか。

 

目標があることで、

習慣も過ごし方も変わり、

毎日、活き活きと過ごせるでしょう^^

 

柳田厚志さんも、 夢のライフスタイルを叶えられたのは、

目標を達成してきた、 小さな成功体験の積み重ねによるもの、

とおっしゃっていました。

 

そのプロセスがあったから、

自信もスキルも、 後天的に身につき、

結果的に大成功という実績を手に入れました。

 

一歩づつ、成功体験を積み重ねて、

やりたいこと全てやりきって、

今年は最高の一年を送りましょう!

 

さてー

これまでに、

柳田さんに関するアレコレをお伝えしてきました。

 

ですが、

私は1つ、肝心なことを忘れていました。

 

柳田厚志さんの自己紹介です。

 

柳田さんが、

プロデューサーに至る経緯を お伝えしていませんでしたので、

今日は、簡単に、 柳田さんの自己紹介をしたいと思います。

 

ーーーーーー

【柳田厚志】

株式会社チアーズ代表取締役 /フリーサーファー/トライアスリート/社会投資家

 

柳田さんは、

愛媛県の松山で、

プロを夢見て高校野球に没頭していました。

(親は諦めていたそうですが・・・)

 

高校卒業後、静岡大学へ。 そして、

ラフティングのプロガイドを目指すべく、

大学卒業後、オーストラリアへ旅立ちます。

 

しかし、

世界一住みたい街ランキング1位の都市になった『バース』で、

サーフィンと運命の出会いを果たしました。

 

サーフィンは、

柳田さんの人生のターニングポイントです。

 

また、 旅の道中で、

サーフィンの聖地・『バイロンベイ』にたどり着き、

素敵な老父婦の経営するゲストハウスで働きながら、

朝晩サーフィンに明け暮れます。

 

そこで、

『好きな時にサーフィンが出来るライフスタイルを送る』

と、 本気で叶えることを決意しました。

 

帰国後、

「2年間だけ働きます」と宣言し、 英会話のベンチャー企業に就職。

 

そこでは、

常にトップセールスを維持します。

人気講師のスピンアウトセミナーや 講座の企画、集客、開催など、

幅広いステージで活躍。

 

その活躍から、数多くの社長賞を受賞します。

 

2年後には、 『3年だけ働かせてください』と再び宣言し、

プロデューサーの原点である『フォレスト出版社』へ。

 

当時、フォレスト出版社は、

編集者(経験者)を募集していましたが、

柳田さんは、条件を全く無視し、笑顔だけで入社します(笑)

 

そして、

セミナーや教材を企画する、 怪しげな情報企画部に配属されました。

 

しかし、

箱田忠昭先生、竹田陽一先生、 平賀正彦先生、石井裕之先生など

超一流の先生と、セミナーや教材を企画し、ことごとく成功させ、

史上最年少で部長に昇進したのです。

 

石井裕之先生の5000人セミナーを成功させ、

東京フォーラムを満席にした金字塔も建て、

一万人以上が参加している目標達成プログラム

『ダイナマイトモチベーション』の 企画、集客、販売を成功させ、

ベストセラーになっています。

 

柳田さんの活躍もあり、

当時配属していた部署は、入社時の10倍の業績になりました。

 

輝かしい業績を残し、 2008年にフォレスト出版を独立。

株式会社チアーズの代表に就任しました。

 

プロフェッショナルのプロデュースから、

セミナー、コンテンツの企画、製作、販売を手掛け、

著者や各界のプロフェッショナルと、

 

学校では教えてくれないけど、

幸せな人生に必要なライフスキル

 

 

を伝授する教育プロジェクトを多数プロデュースし、

述べ50万人以上に届けてきました。

 

現在も、 ライフスタイル、投資教育、次世代ビジネス、

言霊、語学、フィットネスなど、 参加者の人生が変わる、

数々のプロジェクトを大成功に導いています。

 

さらにー

 

企画、マーケティング、集客、セールス、サポート、

顧客満足度、ユニークさの全てを最高レベルで実現させる

名プロデューサーとして、 業界だけでなく、

お客さんにも熱烈なファンが多いのです!

 

柳田さんのビジョンは、

新しい生き方、ライフスタイルを

自らの背中で示し、子供たちに夢と希望を与えること

 

現在は、

フリーサーファーだけでなく、

トライアスリートとしても、世界にも進出していきます。

 

・・・

 

いかがでしょうか?

 

数々の功績を挙げ、

多くのファンに愛され、大成功を成し遂げた柳田さん。

 

そのウラでは、

誰よりも働き、 朝早く来てトイレや床を掃除していたそうです。

 

このようにして、

柳田さんは、 社内から、講師の先生、 お客様の信頼を、

着実に積み重ねたから、 プロデューサーとして開花したのだと思います。

 

セミナーサポートをしていて、改めて思ったのですが、

柳田さんは、ファンが本当に多いんです。

 

これは先生方に限らず、 お客様からも、

すごい愛されています。

 

もちろん、

これまでの経験やスキルが

大きな要因の一つであることは間違いありません。 でも・・・

何はともあれ、

お客様の人生を、第一に考えているから

 

 

だと感じました。

 

人生のきっかけになるのだから、

最高のものをプロデュースしたい

 

 

そのひたむきな心の想いが、

最高峰のプロデュースを生み出しているのですね。

 

どれだけ真剣に心を傾けたか?

 

柳田さんの言葉を聞くたび、

あの、石井裕之先生の言葉が頭によぎります。

 

この言葉は、

今年の私のテーマでもあるので、

常に自分へ投げかけてみようと思います。

 

それでは、

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

明日も、 良い1日をお過ごしください。^^

新年の挨拶

新年明けまして、おめでとうございます。

お正月は、

ご家族や親しい方々と、

良い新春をお過ごしできましたか?

 

2017年を振り返り、

新年の抱負を掲げた方、

2018年のチャレンジを決意し、 新たな目標を掲げた方、

2017年に達成でき無かった事を、「今年こそは!」とやる気に満ちている方、

たくさんの方がいらっしゃると思います。

 

年末年始というのは、

私たちが日常で見逃しがちな、

自分の人生を考えられる、

貴重な機会なります。

 

 

何事も、目の前のことに精を出すこと、

これは紛れもなく大切なことです。ですが・・・

 

ご自身が成し遂げたいこと、

目指すライフスタイル、

今年の仕事での抱負、

今後の人生設計、

 

といった、

自分の将来と向き合う時間を、

ついつい後回しにしてしまう。。

 

忙しくて、

じっくり考える時間が取れないこともありますよね。

 

1月も、私も含めて、

みなさんバタバタしているかと思います(笑)

 

でも、

今すぐ!とは言いませんが、

ご自身のご都合が良いときに、

自分と向き合っていただくことをオススメします。

 

今年1年をどう過ごすか?

この時間の積み重ねが、理想の自分への道標になります。

 

柳田厚志さんはいつも、

『自ら発した意志』は実現していく、

と教えてくれます。

 

あなた以外の、誰かの目標や理想は、

その人が発した意志であり、

あなたの目標や理想ではないですよね。

 

ですので、

『あなたが心から達成したいことは何か?』 に

目を向けることがキーポイントになってきます。

 

ちなみに、

柳田厚志さんはお正月に、

家族みんなで目標を発表し、

壁に飾っているそうです。

 

そして、 必ず達成できる!と励まし合うのだそうです。

 

これがあったから、

自身がプロデューサーとして、

圧倒的な成長を遂げてきた、ともおっしゃっていました。

 

自らの意志で誓いを立て、

目標を掲げることが人生を加速させる、

最短の秘訣かもしれません。^^

 

今年もチアーズ は

『学校では教えてくれないけれど、

幸せにな人生に必要なライフスキルの提供を通じて、

社会と地球に貢献する』 というミッションのもと、

 

本年度も、新しいチャレンジを続けていきます。

今年も、 どうぞよろしくお願いいたします。

真剣に心を傾ける

こんにちは、

チアーズスタッフの秋山です。

 

とうとう、師走にはいり、

2017年のゴールは、すぐそこまでやってきました。

 

寒さも、より一層増してきますので、

この忘年会シーズンを乗り切るためにも、

健康管理には十分ご注意くださいね。

 

私はこの前、 胃腸炎にかかってしまい、

5日間の腹痛と高熱との戦いでした(笑)

 

生まれて初めて、40℃の高熱を経験しました。

あれほど高い熱が出ると、 歩くのもフラフラしてしまうんですね。

 

ちなみに 柳田厚志さんは、

本当に免疫力が高く、 滅多に風邪を引かないそうです。

 

トライアスロンも制覇し、先週は

湘南で国際マラソンがあったのですが、

なんと、42.195kmを走破してしまいました!

 

はっきり言って、本当に鉄人ですね。

 

コースの途中、フルマラソンが牙を剥き、

思うように足が動かず、 歩いて、走って、歩いて、それでもまた走って。。

 

山あり谷ありの連続だったそうですが、

自身の足でゴールラインを踏み、 無事、走破を果たしました。

 

42.195kmですから、

一朝一夕の練習だけでは、 走り切ることは困難だと思います。

 

まさしく、日々の積み重ねが生んだ賜ですね。

 

柳田さんがおっしゃっていたのは、

努力に対して、すぐに成果は出ないけど、

もがき続けた先に、成果は出る、とおっしゃっていました。

 

これは、 コピーライティングにも通じると思うのです。

 

成果が生み出される上で、

柳田厚志さんが非常に大切にしている言葉があります。

 

それは、

 

『どれだけ真剣に心を向けたか、が全て』 ということです。

 

これは、柳田厚志さんが尊敬する

石井裕之先生の『心のブレーキの外し方』に書いてある言葉です。

 

これにまつわるエピオードを、

柳田さんがフェイスブックで、興味深いことを投稿していたので、

ご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーー

〜5年前〜

「メルマガやレターを簡単に書く方法はありますか?」

ということをよく聞かれます。 それはあります。

 

でも・・

 

それだと一番大事なものが抜けちゃうんです。

 

想いが。

 

大事な人にラブレター書くときに、

「手っ取り早く書こう」と思わないですよね?

なんとかして、 あなたの気持ちが伝わるように

一生懸命時間をかけて書くじゃないですか。

 

だから相手にも想いが伝わる。

想いは目に見えないけど、 確かにあるじゃないですか。

なんとしても伝えたいという想いは。 手

 

間ひまかけず、ラクラク書いた文章に

のっかるような想いはかるいかるい。

 

だから響かない。

だから見透かされる。

だから売れない。

 

どんなにコピーが上手な人も

想いをのっけるところだけは、毎回時間がかかる。

 

手抜きできない。

ショートカットできない。

 

でも・・・

 

想いがあるなら、

時間がかかってもいいじゃない。

 

人間だもの(爆)

 

ショートカットは 頭だけでいいんじゃないかな

ぼうず

ーーーーーーーーーーーーー

 

これは、 5年前の投稿らしいのですが、

フェイスブックの機能で、

ニュースフィードに出てきたそうです。

 

驚いたことに、

今もなお、 同じスタンスを貫き通しています。

 

 

プロデューサー集団『ザ・ハナサカス』でも、

何度も何度も、みなさんに訴えかけていました。

 

マラソンの話にも通じるのですが、

成功にショートカットはない、ということです。

 

『想い』 たとえ文章だとしても、

書き手の想いが込められていれば、

読み手のハートに、響かせることが可能なんです。

 

うわべだけの文字を連ねたところで、

相手のハートには、なーんにも響かないんだよ、

ということを教えてくれました。

 

大切なのは『心』 そしてあなたの『想い』

 

柳田厚志さんのコピーを読むたびに、

思わず引き込まれてしまう自分がいました。

 

この投稿を読んだのちに、

柳田さんの文章を見てみると、

心、想いの全てが凝縮されているような気がします。

 

だから、

『どれだけ真剣に心を向けたか、が全て』

がいかに大切なのか、 柳田さんは常日頃から、

教えてくれてたのだと思います。

 

久々に心を打たれた私は、

毎回の文章に、心から真剣に 取り組んでみようと誓いました。

 

もちろん、コピーライティングはもちろんのこと、

何ごともしっかりと、心から向き合えば、

必ず、相手に伝わるということですね。

 

みなさんも、 日頃の仕事や、

友達とのコミュニケーションに、

心を傾けてみてはいかがでしょうか?

 

その想いは、 必ず相手に伝わると思いますよ。

 

天才プロデューサーも、そう言ってますから^^ それでは、 最後までお読みいただき、 ありがとうございました!

【次世代プロデューサー養成講座】第1回目お疲れ様でした!

こんにちは。

チアーズのAD、秋山です。

 

寒い日が続き、 鍋やスープといった、

温かい料理が 恋しくなる季節を迎えましたね。

 

先週は、 3回もの鍋料理を作り、

身も心も、ポカポカで大満足でした。

 

特に、

生姜やネギ、大根といった野菜は、

体を温めてくれる働きがあります。

 

冬の料理に一手間加えて、

体を温めてくれる食事を心がけてみては、いかがでしょうか?

 

朝食に摂取すれば、 寒い出勤の朝だとしても、

ポカポカした体で外出できますよ^^

 

ーさて。

 

今回は、 あのプロジェクトの

プチ報告をしたいと思います^^

 

先週末の話になりますが、

次世代プロデューサー集団『ザ・ハナサカス』の記念すべき、

第1回目講義が開講してー

 

無事に、しかも

大盛況で終えることができました!!!

 

次世代プロデューサーの皆さん、

本当にお疲れさまでした。^^

 

週末の2日間に渡って、

弊社代表の柳田厚志さんが教壇に立ち、

門外不出のプロデューサーノウハウが

史上初の大公開となりました!︎

 

数々の伝説的プロデュースが生まれたきっかけを、

間近で 学ぶことができたこの時間は、

お金には変えられない、まさにー

 

プライスレスです。

^^^^^^^^^

 

受講生の立場で、私も講座で学ばせていただいたのですが、

中身のない小手先のテクニックや、

ただの眉唾もの、ではありませんでした。

 

それ以上に、

柳田厚志さんのプロデューサーとしてのマインドセットや、

大切にしている指針、そしてー

 

プロジェクトを通じて生まれる、

お客さんへの切実な想いが、何よりも大切であること

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

を柳田さんは、伝えていました。

 

相手の気持ちを考えて書く。

読み手は誰なのか。

自分の文章を読んだとき、相手はどう思うだろう。

 

ここには書ききれないほど、

今までの経験に基づいた、コピーライティングの深い部分さえも、

もちろん、満遍なく、です。

 

しかし、

この講座で初めて、

文章や言葉の大切さを学ぶ方にとっては、

 

ここまでやるのか!?

こんなところまで考えていたのか!?

 

といった考えが頭によぎった人も、

少なからず いらっしゃるかと思います。

 

当日、 私も同じく思いましたから(笑)

 

でも、

逆に言えば、これほど相手の立場に立って書くからこそ、

私たちの心に響くメッセージが生まれる、

といったルーツを教えてくれました。

 

そこには、

天才プロデューサーとしての、

責任の表れが、醸し出ているような気がします。

 

以前、 プロジェクトに関わる全ての人が

ハッピーになるように考えている、

と柳田厚志さんは、おっしゃっていました。

 

その言葉を、当日の講座中に思い出した私は、

1つ腑に落ちたことがあります。それは・・・

 

お客さんの幸せに、

真剣に向き合っているからこそ、柳田厚志は愛される、と。

 

そして、

この日の最後におっしゃっていた言葉が、

とても印象に残りました。

 

「どれだけ真剣に心を向けたか、が全てです。」

 

ここに、 柳田さんが多くの人に愛され、

天才プロデューサーと謳われる所以があったのですね。

 

第1回目の講座にもかかわらず、

本当に、本当に濃すぎる2日間だったと思います。

 

以上、 次世代プロデューサー養成講座について少しだけ、

お伝えさせていただきました。

 

上記の言葉にもある通り、

身の回りの小さな事からでもいいので、

『真剣に心を向ける』ことを意識して

生活してみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、

プロデューサーへの道は、

以外と近くにあるかもしれませんね^^

 

私も、 相手に向かって、

真剣に心を向けてみるトレーニングを始めようと思います!

 

講座の様子については、 今後、

スタッフダイアリーでも、 秋山からご報告していきます!

 

ぜひ、次回の投稿も

お楽しみにお待ちくださいね^^

 

それでは、 今日もいい1日になりますように!

次世代プロデューサー養成講座が今週末に開講されます!

みなさんこんにちは、

チアーズスタッフの秋山です。

 

気づけば、あともう少しで

クリスマスシーズンが到来ですね。

 

街並みも、お店も、ショーケースも、

色鮮やかなイルミネーションに 衣替えしているようです。

 

サーフィン中に富士山に目を向けると、

山頂付近は、すでに雪をかぶっていました。

とある県でも、 すでに初雪を記録したそうですよ。

 

いよいよ、

本格的な冬を迎えるとともに、

より一層、寒さが厳しくなると思われるので、

体調管理には、十分ご注意くださいね^^

 

ーさて。

 

ここで、以前お伝えした、

次世代プロデューサー集団『ザ・ハナサカス』について

身に覚えはありますでしょうか。

 

今回は、

株式会社ハナサカスの土屋プロデューサー。そしてー

 

講師として、

プロジェクトを牽引する 弊社代表・柳田厚志さんによる、

次世代プロデューサー養成講座です。

 

おかげさまで、

たくさんの方々にご参加いただき、

嬉しい大反響を呼びました。

 

本当に本当に、 ありがとうございます!

 

この講座をきっかけに、

世の中に埋もれた、価値ある『花』を見つけ出し、

社会に提供し、貢献できるプロデューサーが誕生することを

願ってやみません。

 

そして!!!

 

ついに!!!

 

記念すべき 第1回目の講座が、

今週末に開講されます。

 

果たして、

当日、どのような展開になるのか、

土屋さんも、柳田さんも、私たちチアーズスタッフも

ワクワクが止まりません。^^

 

参加者の方々、いえ、

 

”次世代プロデューサー”の、みなさんに、

 

最高の時間を、お届けできるように、

身を引き締めて、準備に励んでいる最中です!

 

乞うご期待ください!

 

私が個人的に、

超、超、期待しているのが、

『柳田流・コピーライティング』の講座です。

 

なぜ、

数多くの 伝説的プロジェクトを生み出すことができ、

柳田厚志さんのコピーライティングは、

多くの人の胸に響き、心を動かすことができるのか?

 

この講座では、

今まで一切、明かすことのなかった

門外不出の、最高峰のノウハウが、ついに大公開されるわけです。

 

「そんなことまで教えちゃうの!?」

 

と、思わず口に出てしまうほど、

ものすごい情報ばかりです(笑)

 

もちろん、

他の講座もプライスレスなものばかりですが、

このコピーライティング講座は、

本当に、濃密な時間になること間違いなしです。

 

ではでは、

今日は コピーライティングにちなんだ、

プチ情報をお伝えしたいと思います。

 

「厚志さん、文章力をあげるにはどうしたらいいですか?」

 

これは以前、

私が柳田さんに質問したのですが、

その答えが、 『本のまえがきを写してみる』ことでした。

 

そして、その理由も教えてくれました。

 

まえがきというのは、

その本がどういった内容か、

著者が何を伝えたいのか、

その一冊を要約した情報になります。さらにー

 

 

お店で本を手に取った人が 購入を決めるか、否かは・・・

 

この、

『まえがき』で決まるのだそうです。

 

まえがきは、

本を読む前の、人の心を動かし、

購入意欲をくすぐる大切な役割を担っています。

 

もしかすると、

まえがきで心を動かされて、購入した本が、

人生を変えるような、素晴らしい本になり得るかもしれませんよね。

 

言い換えれば、

潜在的な読者に送る 大切なメッセージだということです。

 

したがって、

著者の意図を考えながら、 まえがきを書き写すことが

文章力アップに繋がるというのです。

 

なるほど!と私は思い、

購入した本のまえがきを写すことに決めました。

 

すると、

今まで感じなかった、新たな気づきを

たくさん見つけることができました。

 

現在も、 文章力アップを計るため、

日々、言葉と向き合っています。

 

今まで、 文章を書くことに疎かった私も、

言葉って、本当に奥深いものなぁと、感じるようになりました。

 

たとえ文章とはいえども、

読んでいるのは、一人の人間ですから、

結局は、 『人とのコミュニケーション』であることを、

柳田さんは教えてくれました。

 

相手の顔が見えない状況で、

相手の心に響く言葉を伝えることは、

対面のコミュニケーションよりも数倍難しい。

 

でも、

相手を想う気持ちを綴った、

ラブレターのような言葉が書ければ、

 

もっと多くの人に、

幸せのきっかけを届けることができるんだ、というわけですね。

 

それを踏まえたうえで、

柳田さんのメッセージを見てみると、

言葉一つ一つに、本当に心が込められています。

 

いつかきっと、

柳田厚志さんの言葉のような、

人の心に感動をもたらす、素晴らしいメッセージが書けるように、

精進していきます!

 

皆さんも、

今日ご紹介した方法を一度、

試してみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、 新しい発見が見つかるかもしれませんよ^^